えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.31

来たる年こそ

asosan2010.gif

 このところの恒例行事?とて、麻生太郎元総理へXmasカードをお送りしてゐますが、そのたびご丁寧な自筆でのお返事をいただきます。もちろんコピーではありますが(^-^)
 今年いただきました文面は、”応援ありがとね♪”のノリにとどまらず、民主無能政権による日本破壊を憂へる、痛みに満ちたものでした。

 個々の支持者のみならず、”日本奪還”を志すすべてのひとに向けたものと思はれますので、ここに謹んで画像を掲げさせていただきます。

 来たる年こそ、日本奪還!

 

拝啓

 政権が交替して一年と三ヶ月余 現民主党政権の評価は無論調査を見るまでも有りません

 中・ロに差し込まれている外交 デフレ不況に対する無策等々 国家を運営する氣迫が見えません

 しからば日本は我々自民党が守ります

 政局が予測される来る年も引き続き力を御貸し下さい    敬具

  平成廿二年極月吉日               麻生太郎


22tancho1.gif
今日、天皇陛下は77歳の御誕生日をお迎へになりました
陛下の喜寿を言祝ぎ奉り、ますますおすこやかに御代長かれとお祈り申し上げます

\てんのうへいか、ばんざい!!/

\( ´∀`)/ \( ´∀`)/ \( ´∀`)/
\( ´∀`)/ \( ´∀`)/ \( ´∀`)/


 御誕生日にあたつての会見で、陛下は、今年世上を騒がせた老人の所在不明問題におこころをいためられたことをまづお上げになり、記録破りの猛暑や口蹄疫禍などの天災人災に苦しんだ国民を気遣はれました。また明るい話題としてノーベル化学賞受賞や「はやぶさ」帰還、絶滅したと思はれたクニマスの発見をおよろこびになり「奇跡の魚」発見に携つた人として、あの”さかなクン”にも言及されました。
sakanakun.gif



よかつたね!さかなクン!( ´∀`)


そして、ご自身の「加齢」について率直にお話されましたことが心にしみました…(´・ω・`)

 加齢のことですが、耳がやや遠くなり、周囲の人には私に話をするときには少し大きな声で話してくれるように頼んでいます。テレビのニュースなどで、アナウンサーの話していることは分かるのですが、他の人の会話はかなり字幕に頼ります。アナウンサーがこんなに分かりやすく話してくれているのかということを、以前は考えたこともありませんでした。



 それでも、「今のところ、これ以上大きな負担軽減をするつもりはありません」と仰せになり、これからも公務に精励されるといふお心――

 ”次代”があまりに頼りないために、ご高齢の両陛下がいまだ激務にさらされてをられることが、おいたはしくてなりませんが…。かう、思ふことにしてをります。より時代に適合したあたらしい公務のあり方を、と打ち上げておきながら、積極的に代案を示すこともなされない、そしてなしくづしに低きに流れていかれる東宮家の現状が、広くかつ深く国民に「認識」されるにつれ、おのづと”次代”は、よりふさはしいかたに、納得のいく形で映つて(移つて)いくのだと。

20101223M.gif 混乱の元を作つてをられるお人は、久々の海外公務とて英国王子の結婚式参列に意欲を燃やしておいでの由。体調良好のアピールか、一般参賀にもはりきつて登場してをられるうやうですが……。
 外国との儀礼の場を、”公務復帰、健康回復の為の足慣らし”とみなしてしまへる神経がすごい。来日の英国皇太子ご夫妻を「私的に」東宮御所にもてなして、思い切り迷惑げな顔をされ、英紙に”Elusive Masako”のおでましと揶揄されたことをもう忘れたのか…(`・ω・´)

 会見で、記者から「3月以来,通常の登校ができず、日々通学に付き添われている雅子さまもご公務が十分に行えない状態です。皇太子ご一家の現状について,どのように受けとめられていますか」と質問されて、陛下は
皇太子一家の現状については,皇太子妃が病気ですので,お答えすることは差し控えたく思います。皇太子妃の公務のことがよく言われますが,何よりも健康の回復に心掛けるよう願っています
とお答へになつてをられます。
 つまり――病気を盾に義務を逃れてゐる身で、晴れがましい席にいいとこ取りで出たがるなんて論外。
 おうちでおとなしくしてゐなさい! ――といふことかと(!)

 ほかにも、四人のお孫さまとのご交流について、秋篠宮家の眞子さま、佳子さま、悠仁さまとのことでは、こまごまとお話しになりながら、東宮家の愛子内親王については「お話しする程の交流はいまだにない」と、あつさりとした?お答へ。ご両親、ことに雅子妃が参内に乗り気でないこともあつて、事実ご一緒される機会がすくないのでもありませうが、この仰せには、そこはかとなく、陛下のお怒りが見え隠れするやうに拝察いたします…。愛子内親王の不登校を「問題」化して、周囲を威圧してゐる「失態」を始め、東宮家のあらゆることにたいするお怒りが――

22tancho3.gif

 陛下のおん祈りに護られてゐるわが国が、このまま潰えるわけはない。
 ひそかに、神風は吹いてゐるのです (`・ω・´)

hiretukan3.gif

 支持率低下に焦りを生じてか、政権は延命に必死の様相、法人税を下げたり諫早湾干拓事業の見直し・水門開扉を打ち出すなど、人気回復(!)にこれつとめてをります。
 仙石官房長官などは、「まあ選挙も当分ないようだし、ここは腰を据えて―」などと、ことさら国民感情を逆撫でする発言 焦りの裏返しで”余裕”を演出してゐるつもりなのでせうが。っったく、”人を怒らせる天才”とはあなたがたのことですよ! 
 
 しかし――こればかりは許せない、言ふに事欠いて、「英霊」を出汁に使ふとは!!

菅首相は14日、太平洋戦争の激戦地、小笠原諸島の硫黄島を訪れ、新たに見つかった旧日本兵の集団埋葬地での遺骨収集作業を視察し、自らも遺骨を掘り出し、収容した。
 新たに見つかった埋葬地は70メートル四方で、深さが6メートルくらいの場所に、およそ2,000人が埋葬されていると考えられている。現場からは、遺骨のほかにも、ヘルメットなどの遺品も多数見つかっている。
 今回、菅首相が視察したのは、政権発足後に自ら設置した「硫黄島からの遺骨帰還のための特命チーム」が、アメリカの国立公文書館で新たに入手した資料に基づいて初めて発見した集団埋葬地2カ所。
 菅首相は埋葬地で手を合わせ、自らの手で旧日本兵の遺骨を1本1本、丁寧に掘り出し、収容した。これまでに、あわせて300柱ほどの遺骨が収容されていて、最終的には、さらに多くの遺骨が見つかる可能性が高まっている。
 菅首相は「今の状況では、1,000柱を超える遺骨が収容されるのではないかという見通しになっております。遺骨収容は国の責任だと考えますので、これからもしっかりと取り組んでいきたい」と述べた。
 2万2,000人近い旧日本兵が戦死した硫黄島では、およそ1万3,000柱に及ぶ遺骨が、いまだ収容されていない。
視察後に行われた戦没者追悼式で、菅首相は、手つかずで残されている滑走路下の調査などを行う考えを表明した。
菅首相は「1粒1粒の砂まで確かめ、1人でも多くの方のご帰還につなげるよう全力を尽くすことを、ここに誓います」と述べた。
 2010年度の硫黄島での遺骨収容作業は、2011年2月中旬まで行われ、新たに収容されたおよそ300柱の遺骨は、その後、本土に帰還する予定。
(FNNニュースサイトより 12/14 21:48)



 菅、小沢一行は2006年にも硫黄島視察を行つてゐますが、英霊への敬意などは微塵も感じられない、単なる政治的パフォーマンスのひとつとしかみえない…(`・ω・´)
 そこの事情を、ブログ「日本が好きなだけなんだよ」さんがスルドく記事にしてをられます。
2006.09.26 Tue 高松宮殿下の硫黄島慰霊

 まさか日本の首相としてふたたび、この地を踏むことにならうとは……それも「慰霊」とは形ばかり、有権者のご機嫌を取り結ばんがためだけに。
”愛国心は、悪党の最後の拠り所”などと言ふさうですが、かくのごとき亡国の徒、コーナーに追ひ詰められた、といふよりは勝手に転んでグロッギー状態の政権簒奪者に、なりふりかまはず抱きついてこられた英霊の方々のご心中は…。

 わが国を毀損するその手で、触れるんぢやない!

hiretukan1.gif

 硫黄島に、いかに将兵の方々の思ひが残つてゐるかは、数々の「体験談」がものがたつてゐます。
日本が好きなだけなんだよ」2006.12.19のエントリー 今も硫黄島に眠る日本軍の英霊達から、ひとつお借りします。

586 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/12/22(金) 21:57:33 ID:h5leYAsw0

前出のYS-11M機上整備員です。実体験ですが、数年前の夏無事に定期便も終わり硫黄島から厚木の帰り便大きな荷物もなく便乗者は海保職員1名。天候晴れ、風微風。定刻に離陸なのですがいつもより滑走距離が長い、Pも変だナーという顔。夏の日差しの機内ほど程よい温度で弁当の後、やることもないので機内でお昼寝。しばらくして人のざわめきというかひそひそ声でふと目がさめ機内を見回しても海保さんが寝てる姿しか。改めて寝直すと「これで国に帰れる」「友軍機が来てくれて助かった」とはっきり。流石に目が覚めて後部貨物室を見回してもなにも。。。。海保さんもやや青ざめた顔で「聴きましたか?」と2人そろって前に逃げ込んでPにその事を報告。Pが「それで重かったのか、お盆も近いし」と。その後何事もなく厚木に。機体点検をしてると耳元ではっきりと「連れて帰っていただき有り難う御座いました!」?


hiretukan2.gif まさか、これで支持率回復政権延命、なにとぞなにとぞお願ひしますなんて拝んでないでせうね(?) これでバチかぶらんかったら、よつぽど悪運強いといふことだ(´・ω・`)

2010.12.01

日はまた昇る

gk120a.gif

 11/30に45歳のお誕生日をお迎へ遊ばしました秋篠宮文仁殿下。
  昨日お祝ひを申し上げそこねたワタクシは不忠者デス…(´・ω・`)
 妃殿下とご一緒に、両陛下をお助けになり、日々ご公務に精励遊ばされるお姿、まことに頼もしく存じ上げます。

 29日、両殿下は議会開設120年式典に臨まれ、会場の参院本会議場で、天皇皇后両陛下のお成りをお待ちになつてをられました。そこへ、居並ぶ議員の中から、
「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」
 と両殿下をそしる声が!

 驚愕、などどいふ言葉では、到底追ひつきません。

hamaguri.gif これは、ほんたうにわが国の政治家なのか。

 かりそめにも、わが国土に生を受けたるものとして、さらにそれより選みたる「選良」の身にして、親王殿下に対し、かくのごとき暴言を発しうるものがあらうとは。

 わが国は、ここまで墜ち果てたのであらうか……。

 当初、”民主党のあるベテラン議員”などと報じられてゐたこの暴言の主は、中井洽(ひろし)衆院予算委員長と知れました。来日した金賢姫に”豪華観光旅行”をさせて、何が悪いと居直つた御仁ですね。
 このたびの「暴言」についても、小声で言つたから聞こえるはづがないとか、ろくでもない弁明をやらかしてゐるやうですが(`・ω・´) 聞こえなければいいとか、さういふ問題かっ! 腐つてゐる。心の底から、腐り果ててゐる!

「座れないじゃないか」中井議員が秋篠宮ご夫妻に(10/12/01)


 
 さつそく野党から糾弾の声が上がり、懲罰動議が出されたさうですが、対して民主党は、自民党・逢沢一郎国会対策委員長が携帯着信音を響かせた件につき懲罰動議をやり返すといふ。もうこの民主党といふ団体には、日本人としてあるべき弁えとかさういふものを期待する事自体が間違ひなのです。はつきり、わが国の政治は、日本の心を持たぬ工作員によつて乗つ取られてしまつてをり、ただその現実を報じないメディアに目隠しされて、国民にそれと知られずにきたのです。
ですが。日本人の心には、皇室への敬慕の気持ちが、消え去つてはゐない。このたびの暴言騒ぎは、政権を盗んだものたちの正体を、いやがうへにも国民の目に焼き付けたはづです。
 毀日勢力の傍若無人の振る舞ひに、じつと耐えていらつしやる秋篠宮両殿下…。
 しかし、遠からぬ将来、必ずや真正の日嗣の御子としてお立ちあそばし、国民みなが安んじて、お見上げ申しお慕い申し上げることのできる日が、来るものと信じます(`・ω・´)

yuukokuki4.gif 週刊文春の記事でこの本のことを知りまして、福田恆存と三島由紀夫、わたしにとつての”二大スタア”の新刊本だ!とよろこんで購入。ちなみに「ふくだつねあり」と”ことえり”で入力したら、「福田恆存」と一発変換。恆の字は旧字ですが、福田恆存の文名衰へざる故まだ”生きて”ゐるのですね。どうせなら、福の字も「示」偏で出したらどうか…(´・ω・`)
 持丸博氏は、学生時代、”全学連”に対抗して保守派の学生を糾合する運動を展開、三島由紀夫と知り合ひ「楯の会」に参加して学生長をつとめるなど、至近距離から三島をみてゐたひとり。佐藤松男氏もまた保守派の学生運動「日本学生文化会議」を興し、顧問に福田恆存を仰いでその声咳に接してきた人。
 表題の「対決」とは、持丸氏が創刊した保守派のオピニオン誌「論争ジャーナル」が企画した、三島由紀夫と福田恆存の対談をさしてゐて、そこで当代屈指の知性たる三島、福田が、おなじ保守派の論客として思想を戦はせた”たつた一度の対決”を振り返りつつ、両所の思想を今この時代にあきらかに示さうといふもの。それぞれの”弟子”たちが、師の思想に迫らうと精緻な論証をかさねるこの共著は、いはば弟子世代による”延長戦”でせうか。

 民主党”左巻き”政権の失態に、サヨクの正体あらはれたり、いまでは”保守”を名乗り語ることはよほど容易になりました。それでも、左巻きおよび外国勢力にマスメディアを占拠されてゐる現状は、決して楽観視できぬものですが(´・ω・`) 学生運動の嵐が吹き荒れ、暴力革命による国家転覆の危機が現実味を帯びてゐた時代、それに抗して声を上げ、さらには知行合一の”行動”を示すことが、いかに勇気を要したか。持丸、佐藤両氏の説く”あの頃”、時代の証言としても胸に迫るものがあります。三島、福田が今の時代に生きて、この日本を見たら何と言つただらうか。それをつねに問ふべく…ふたりの書き遺したものを読んでいかう、とあらためて思ふことであります(`・ω・´)
 

 三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊駐屯地で壮絶な自決を遂げてから40年――
 ”節目”の年といふことで、三島に関する出版や追悼の催しもさかんなやうです。

yuukokuki3.gif これもその一環でせう、ことし7月から9月にかけて、『三島由紀夫を読み解く』と題して、三島由紀夫文学館館長をつとめる松本徹氏が、NHKカルチャーラジオで三島由起夫の”人と作品”を講じました。ふだんあまりラジオは聴かないのですが、あわててホコリを被つたラジカセを引つ張り出して、カセットテープに(!)録音しながら聴きました。楽しかつた…! なによりうれしかつたのは、三島にたいする愛と理解のふかい方が、諄々と、あたたかい口調で語つてくださつたこと。三島由紀夫が”SF”を書いてゐた(『美しい星』)といふことも、寡聞にしてこの放送で初めて知りました。と思ひましたら折も折り、元航空自衛隊パイロットの佐藤守氏が、自衛隊機とUFOの遭遇について書かれたご著書で、三島由紀夫の体験飛行に同乗し操縦桿を握つた話を披露されてゐて、””と思つたり…。あのまばゆいばかりの”純粋さ”は、もしかして彼三島由紀夫じしん、異星の客だからではないのか――などと空想をタクマシクしたことでありました。

 今日のNHKの9時のニュースでも、”あの日から40年”と大きく取り上げてをりました。

yuukokuki2.gif
 小説家の写真集といふものが、きはめて珍しかつた時代に……『薔薇刑』

yuukokuki1.gif
yuukokuki5.gif

yuukokuki6.gif
 ”この事件当時、私は小学生でしたが、たいへん衝撃を受けました。いまでも三島のものはときどき読みますが、胸に痛みを覚えます”と大越キャスター。

 しかし。この三島事件の映画化を企画してゐるといふ若松孝二監督を紹介するとて、映画『キャタピラー』の映像を挟み込むのはいかがなものか。それも「軍神サマ、軍神サマって!」と寺島しのぶの演ずる妻が、と化した夫に憤懣をぶつけるシーンを。なにかしら”悪意”の臭ひがすると思ふのは僻目といふものでせうか?
 けたくそわるいので、シャシンは載せてあげませんぷりぷり。
「憂国」の至情に冷水を浴びせずにはおかぬといふか、釘を刺すのを忘れないのもNHKらしい配慮…(`・ω・´)

 まるで日本の今日を予見するかのやうに、「このまま行つたら『日本』はなくなつてしまふのではないか」との危惧をもらしてゐた三島。
 領土領海の侵犯といふ目に見える危機を前にして、やうやう私たちは、目を覚ましつつあります。

osaka1120a.gif
 写真は”11・20大阪デモ”。御堂筋の公孫樹並木を背景に、へんぽんと翻る日の丸が美しかつた。

osaka1120b.gif
 難波駅前の旗の波。弁士熱弁!のあと、君が代斉唱から”天皇陛下万歳!”までやつちまひました 
 
 彼岸の三島は、なんと思つて、今の日本を見てゐるでせうか。
 それとも『豊饒の海』の少年たちのやうに、ふたたび生れ出て、すでにこの地上を歩いてゐるのでせうか…。

2010.11.23

奉祝・新嘗祭

 今日「勤労感謝の日」、宮中では『新嘗祭』の儀がとりおこなはれ、陛下が神々を饗応されて新穀への感謝を捧げてくださいます。四海波高く、諸事多難なわが国ではありますが、首相がくるくるすげ替らうとも、神話と歴史が渾然と混り合ふ悠久の昔から、祭祀を引き継いでこられた皇室が、厳としてあるといふことが、からうじて日本の国をかたちあらしめてゐる――このことに深い感謝を覚えます。

ところで、『新嘗祭』とは、天皇が神々とともに新穀を食される神事とばかり思つてゐましたが、その時期にも意味がある、と「こよみのページ」サイトに解説されてゐました。そのうつくしい「ごはん」の写真を拝借しつつ、引用させていただきます

こよみのページ 暦と天文の雑学
勤労感謝の日と新嘗祭(にいなめさい)

gohan.gif 新嘗祭の日付
勤労感謝の日が新嘗祭の日だと言うことは既に書きましたが、では新嘗祭の日付はどうして決められたのでしょうか。

新嘗祭の日付が11月23日に固定されたのは明治 6年。それ以前は11月の 2番目の「卯の日」が新嘗祭の日と定められていました。
ここで注意が必要ですが、明治 6年は日本が現在の新暦を採用した年。つまりそれ以前に行われていた新嘗祭の日付は旧暦の月日によっていたと言うことです。

明治 6年に改暦が行われそれまで旧暦の第 2の卯の日(「中卯」と表した)と定められていた新嘗祭の日付を急遽新暦に適用することになりましたが、その際に旧暦・新暦の差を考慮せずそのまま「11月の第中卯」を適用した結果、明治 6年はその日が11月23日だったのでこの日とされました。
そして明治 7年以後は日付を変更せず明治 6年の「11月23日」に固定してしまい、現在に至っています。
 
十一月の中卯 の謎解き
古い行事の日付にはそれなりの意味があることが多いのですが、このように単純に新暦の日付に移されて固定化されると、元々の日付の意味がわかりにくくなってしまいます。現在の新嘗祭もその通りで、現在の日付からだと本来の日付に込められた意味が見えてきません。
ここで、旧暦で「十一月の中卯」の意味を考えてみましょう。

十一月中卯となる日付はと言うと、11月13~24日と言うことになります(十二支なので12日ごとに日が日が巡るから)。十一月の中旬頃と言うことになります。

ここで旧暦の十一月と言えば思い出すことがひとつ。それは「冬至」です。
旧暦時代、冬至は必ず「十一月」にありました。冬至の日付は旧暦では大きく変化しますが平均すると11月15日頃となりますから、十一月中卯の日は冬至と同じか、やや遅いくらいになることが多いことが判ります。これが判ると、新嘗祭の日付の意味が見えてきます。
冬至は太陽の力が一番衰える日。そして再び力を取り戻し始める日
太陽は、天照大神
天皇は天照大神の子孫で、その力を受け継ぐ存在
新嘗祭の行事の意味としてすでに「天皇自らも新穀を食すことによって新たなる力を得、次の年の豊穣を約束する行事」と書きましたが、だとしたらこの行事が行うのにもっとも適する時期はと言えば、冬至の日の前後。まさに十一月中卯はそれに合致する日ということになります。



 旧暦11月中卯の日は太陽の甦りを祝する日、西洋のXmasにもおなじい大切な祀りの日であつたわけなのですね。

 この新嘗祭に舞はれるといふ『五節の舞』が、昨年秋の京都御所一般公開で特別に上演されました。その模様がYouTubeにアップされてゐましたので、貼らせていただきます。

五節の舞1
投稿者 FANIERI

murooji.gif
(写真は、遷都1300年祭の奈良にお出ましの折、室生寺をお訪ねの両陛下)

 皇后陛下は10月20日、76歳のお誕生日をお迎へになりました。
 幾久しくご健康であらせられ、国民の敬慕をお受けあそばされますことを

 お誕生日にあたり記者の質問にお答へになつて、ご健康のこと、ご家族のこと、この一年を振り返つてご印象の深かつたことなどをお話になりました。

 陛下や私の健康については、医務主管を始めとし、侍医たちが常に注意をし、また、専門性の高い分野のことについては、外部の専門家ともよく連絡を取り合ってくれていますので、この頃は、ささいなことも侍医に報告し、指示を受けるようにしています。
 公務については、陛下が今は特に変更の必要はないと思うと仰せですので、私もその御方針のようにしてまいりたいと思います。同じ量の御公務でも、日程や時間の組み立て方などの工夫で、少しでもお体に無理なくお仕事がお出来になるよう願っています。
 私自身は、これまで比較的健康に恵まれて来ましたが、この数年仕事をするのがとてものろくなり、また、探し物がなかなか見つからなかったりなど、加齢によるものらしい現象もよくあり、自分でもおかしがったり、少し心細がったりしています。
 心身の衰えを自覚し、これを受け入れていくことと、これに過度に反応しすぎないこととのバランスをとっていくことは容易ではなく、自分が若かった頃、お年を召した方々が「この年になってみないと分からないことがいろいろあるのよ」とよく云(い)っておられたことを、今にして本当にその通りだと思います。


 皇后陛下から「衰え」といふお言葉が仰せ出されること……人として避けられぬこととは知りながら、思ひ深いものがございます(´・ω・`) それでも、ご公務については、陛下はとくに変更の要はないとお考への由、皇后陛下もそのお心に沿つて「日程や時間の組み立て方などの工夫で」のりきつていかれるとか。

 この1年で両陛下は300を越える公務に臨んでおいでです。決して万全といへぬご体調をおして…。

 本来なら、次代のお方がその多くをお引き受けになつて当然のはづですが、妃が病身とあつて機能不全に陥つてゐる東宮にはまかせられぬゆゑ、ご高齢の両陛下がかく激務をおつづけになつてをられる。

 しかしその妃といへば。病人なら病人らしく医者の診断を受け病状を国民にも説明し、みづからも療養につとめるべきはづですが。皇后陛下もお心をいためてをられる愛子内親王の通学に付き添ひ、授業を参観し、まだ午後の授業も残つてゐるのに愛子内親王を連れて帰られる。なんのために、こんな「異常」なことをつづけてゐるのか。

narumasa10a.gif narumasa10b.gif

 ほんたうのことを言つてしまへば単純になります。

一、妃の「病気」は偽り。なぜ偽らねばならぬのか。おそらくは、”キャリアウーマン”の売り文句とは裏腹に、皇太子妃としてのつとめを果たすに足る能力適性をいちぢるしく欠いてゐて、義務が重荷になつたからでせう。つとまらぬなら潔く身を引くべきですが、入内の目的は妃の実家の人間の権勢欲を満たすことであるから引くわけはない。身体的に悪いところは無いから「病名」はつかない。ただし重篤な精神の病などと診断されては皇后になれないから「適応障害」などと言つてお茶を濁してゐる。

一、愛子内親王には発達の遅れがある。「病身」のはづの妃が執拗に付き添ひをつづけてゐるのは、心配で眼が離せないからでせう。何が心配なのか。内親王が授業についていけず、健常の子と言ひ張るのが難しくなつてきてゐる。妃としては、「乱暴な男子児童」の一件を煽り立ててでも、内親王の「不適応」の責任を転嫁し、学習院の配慮の無さを責め、ゆくゆくは国民の監視のとどかぬ環境で内親王を育てたいと望んでゐる。一時週刊誌記事になつた内親王の海外留学、妃はまだ諦めてゐないでせう。さうして内親王に皇位継承の目をのこしておくことが、妃とその背後の決して譲れぬ抵抗線なのです。

 では、あの陛下に謁見を強制した習近平が次期主席の座をたしかなものとしたやうです。東宮はさぞ心強く感じてゐることでせう。もうすこしの辛抱だ!と……。

 この敷島を守り給へる神、なにとぞ天皇陛下、皇后陛下のおん身護らせ給へ。

 陛下のご長命が、とりもなほさずこの国を、皇位簒奪の危機から守ることになるのです

 くにたみも、東宮の異常さに、抗議の意をあらはしつづけねばなりません(`・ω・´)

 まさかの「中国人船長を処分保留のまま釈放」から1週間にならうとしてゐます。
 あまりの衝撃に、”あゝ、わが国はこのままずるずる亡国の淵へ――”と、もうそこいら辺を人民解放軍やらが跳梁跋扈して大和民族に恣(ほしいまま)な殺戮を働いてゐるかのやうな幻影(!)まで浮かんできてしまひましたが…(´・ω・`)

 こんなときこそ、「事実」をしつかり検証しませう! と、9/29の関西テレビ『アンカー』のニュースDEズバリ!のコーナーで、青山繁晴さんがおつしやつてゐます。
 あのドタバタ釈放劇の背後には、実際にはなにがあつたのか??

aozb929a.gif

 19日、中国人船長の拘置延長が決まると、中国政府はきはめて強硬な態度に。それまでは、日本政府は船長を釈放するものと「予測」して、船長に毎日のやうに大使館員が接見して、弁護士も拒否せよ供述もするなと指導にこれつとめてゐたところ、検察は起訴の構へであることを知つては大慌て。船長が公判に引き出されるとなると、尖閣諸島はのものであると世界に向かつてアピールされてしまふから。それはまづい!と中国は、温家宝首相じきじきに「即時釈放」を求める。すると、こんどは菅総理が慌ててしまつた…。

22日のNY行きを前に、総理は仙谷官房長官に言ひ置いた。
”NYにいる間に解決してくれ”

aozb929b.gif

 そこで官房長官は、柳田法相にもちかける。中国人船長を超法規的に釈放せよと。
 もし応じなければ、
”このままでは指揮権を発動せざるを得なくなる可能性もあるが、それでもいいのか?”と。
 検察内部では、それなら指揮権を発動して貰はうではないか。”超法規的”措置とはいへ、指揮権発動そのものは法の埒内のことなのだから、との意見が大勢であつたさうです。
 しかし。

aozb929c.gif

 法相からゲタを預けられた検事総長は、指揮権が発動される前に自らの判断で船長を釈放。 自らの保身と組織防衛のために。

 さらに青山さんは、もうひとつの圧力として、経済界からのそれを指摘します。

を怒らせて、ものを買つてもらへなくなつたらどうするんだ!”との圧力。

 かういふ圧力に負けて、国の針路が歪められることこそ「亡国」の兆しであると。

 しかし、わるいことばかりでもない(`・ω・´)
 中国政府にも誤算はあつた。それは、このたびの騒動で、これまで「領土」問題などに関心の無かつた層までもが、はつきり問題の所在を知ることになつたといふこと。

 日本国民の目が覚めた。

 chinagosan.gif

 ――ぜひともさうあつてほしいものです!
 まだまだ反日放送局に目と耳をふさがれてはゐますが、確実に、気づきは広がりつつあるのです


 いつ消されるか分りませんが…(´・ω・`)
 Youtubeに上げてくださつた動画を貼つておきます。
 お早めにごらんいただきますやう

10 09 29 青山繁晴がズバリ! 中国人船長釈放の舞台裏 2/3
 投稿者 01stock01


10 09 29 ao chu 3/3
投稿者 01stock01

2010.09.22

中秋の月2

chushu2010c.gif

 月に叢雲……(´・ω・`)

”翌年の、今月今夜のこの月を” 昭ちやんの涙が曇らせたのでせうか。
 いや、それ、日付違ふから。「命日」は10月4日だから……

 だらしないぞ日本!つて――きつと思つていらつしやる

chushu2010a.gif

 夜半には雲の切れ間から、燦然と。

chushu2010b.gif

 輝き出づるお月さま。

 お天道さまもさうですけれど、お月さまには”見守つてゐるからね”といふやうな気を感じてしまふ。地球といふいのちの舟の、見守り役のやうにも思へます。

 中川さんもきつと、見守つてくださつてゐるはづ……(`・ω・´)ゞ

chushu2010u.gif 月見団子ならぬ月見うさぎ?いただきます。いつの日か、すすきを飾つてお月見の宴と洒落たいものだ…。

こよみ

2017 / 07
-29162330
-310172431
-4111825-
-5121926-
-6132027-
-7142128-
18152229-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。