えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

 明日19日、京都鞍馬寺で『五月満月(ウエサク)祭』が催されます。
暦の上では20日が満月ですが、正確には午前11時11分なので、20日の夕べでは満月を過ぎてしまふため、19日に執り行ふのださうです。
 ワタクシも20日だと思つてゐました。もつと早くお知らせしたかつた‥(´・ω・`)

 祭といひましても、由岐神社の”鞍馬の火祭り”のやうな豪壮なスペクタクル、といふのではなく、一年のうちで最も”強い”光がふりそそぐといふ五月の満月の下で、もつぱら”祈る”お祭りです。まづ月の出の頃、鞍馬寺本殿前の広庭に人々が灯火を手に参集し、世界の平和を祈念します。ことしはチベットにも思ひを致すことになるのでせうか。中国四川省にも。ここで誦みあげられる尊天への祈りのことばには、来たるべきカタストロフ??をいふかのやうなくだりがあつて‥ちよつとgkbr‥((( ゚д゚))))そののち、本殿地下に祀られる尊天(毘沙門天、千手観音、護法魔王尊の三体)に拝礼し、満月の光を映したお水をいただく‥とここまでが第一部です。平日ですと、ここで帰路につく人が多い。ことしは私も、家での祈りになりさうです。お天気がちょつと心配だな‥(´・ω・`)
kurama.gif
  月が中天にかかる頃、月下で祈り黙想する儀式があり、また月の入りから明け方にかけては、護摩の火を焚いての祈りがあります。冷えきつた体を暖められるのがうれしい(^^);
 ”儀式”の合間は、畳の休憩所で仮眠をとつたり、お庭を歩いたり、お堂に籠つたりと、みな思ひ思ひに過ごします。鞍馬の尊天のみもとで自分をみつめ、祈りを深める一夜です。

現世のニンゲンでない方も(?)たくさんおみえになるやうです。儀式には”仏陀”が降臨されるといひます。”UFOいっぱいきてますよ!”と仰るかたもゐたなあ‥

一時、ラジオパーソナリティが感動的に紹介されて、”見物客”がどつとおしよせたことがありました‥”オマエ見物客ぢやないつもりなの?”といはれては返す言葉もありませんが、おいのりの時にぺちやくちやお喋りされると辛いものがあります‥(`・ω・´)
”その特別のエネルギーとやらに乗つかつて大願成就!”といふココロで訪れるかたもありませう。”なんかスゴい体験ができるんぢや?wktk( ゚∀゚)”とでかけたワタクシもご同様であります。
が‥やはりこの場は、みんなのためのことを願ひ祈るところであつてほしいと‥自戒もこめて。
詳しくはこちら『鞍馬ウエサク祭』で。


 さて、ごぞんじの方もおほいかと思ひますが、鞍馬寺のご本尊”尊天”は、別名サナトクマラ、650万年まへに金星から地球に下られた”地球霊王”といはれてゐます。毘沙門天、千手観音、護法魔王尊とは、そのお働きを三様に顕したものだとか。
 この不思議な方について調べてをりましたところ、素晴らしいブログをみつけましたのでご報告!これもごぞんじとは思ひますが (^^);
姫野ゆめさんのブログ『ひめのゆめ活動日記』。”サナトクマラ”について書かれた日のリンクを貼らせていただきましたが、ぜひほかのエントリーもごらんになつてください! ちよつとだけ引用させていただきますね。

 さて鞍馬は牛若丸が 修行をした場所としても知られていますが 近年になってからは五月の満月の夜に行われる ウエサク祭(五月満月祭)のほうが皆様の興味あるところかもしれません。

この日は全国から 願い事をもってこのウエサク祭に参加する人々で鞍馬の山は異様な雰囲気につつまれます。

この辺の土地の人々はいつも山の気を感じて生活していますから
いつもとは違う山のエネルギーを感じているのです。

この祭り自体は 鞍馬寺のパンフレットを見れば すばらしい趣旨が書かれているのですが私は自分で体験してみて ある意味この祭りには注意が必要と感じています。

いつもの鞍馬も 私が予期せずして出会ったサナトクマラもとても綺麗なエネルギーを発しているのですが そのウエサク祭に呼び寄せられる異次元からの介入者はまた別物だと感じています。

今 呼び寄せるという表現を使いましたが その邪悪なものを呼び寄せているのは 全国から集まってきて 自分のエゴを達成しようとする人々の念です。

考えてみてください。 何かのパワーを求めて 良い目をしたいと願うところには そういった願いとリンクする‘支配のエネルギー’が集まります。

この祭りに何も知らないで参加する人も多いのですが 多くの方が元気になったといってこの山を下りていかれます。

それは そのパワーを受け入れたからに他なりません。

京都では ‘本物’のある場所に ‘似て非なるもの’が必ず姿を現します。

実は 本物の美しいエネルギーを出していた存在の隣にまことしやかに 別物が祠を建ててすりかわっているのですね。

しかも 本物よりも大きく華美に建てているのです。 

    ‥いかがでせう?続きが気になる方は(^^); リンクへどぞ!

それから‥ほんたうの”満月”は20日午前11:11、この数字のならびにも気にかかる、と姫野さんはお書きになつてゐます。普段はことさら数字にはこだはらないさうですが。どうでせう、この時ご自分が何をどう感じるか、ちよつと意識してみては‥?
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。