えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

yuunagi.gif

 ことしの桜もはや散りそめ‥
思ひだして、『夕凪の街桜の国』を讀んでゐます。
去年の夏、映画が公開されました。”原爆”といへば、その日を偲ぶ夏に、とどうしてもなるのですが‥それに桜の季節のお話がつけ加はつてよかつた。原爆にたふれた人の物語だけでは悲しすぎる。といふより、そのあともずつと、”夕凪”がいくたび終つても、このお話は終らないのだから。

 しかしなんといふ漫画だらう!
と嘆息しながら讀みかへすのは『夕凪の街』です。
たつたの30ページ‥‥このなかに、”平野皆実”といふひとがたしかに生きてゐる‥
被爆して10年目の夏を、生きてゐる。ささやかなたのしみをみつけながら、笑ひながら‥しかしそのわずかなすきまに、あの日の光景が入り込む。
「しあわせだと思うたび、うつくしいと思うたび」
「すべて失った日に引きずり戻される」
「おまえの住む世界はここではないと 誰かの声がする」‥

minami.gif
 凄いなあ、と思ふのは、これが”幸せな日々を原爆に奪はれたひとの悲しみ”を描くにとどまつてゐないことです。
 皆実は、ときにふと、暗い目をする。
”気づいてしまつた”人の目になる。
あのとき、だれかに死ねばいいと思はれた。さう思はれても仕方のないものに、自分は本当になつてしまつた‥

 本川の、西平和大橋のたもとで、おなじ職場の打越青年に思ひを打ち明けられたとき‥
川は無数の死体で埋まつたあの日のすがたになる。思はず駆け出した皆実の胸によみがへるあの日。焼けただれた街を逃げ惑ふ13歳の皆実。
 死体を平気でまたいであるくやうになつていつた。
 冷静に、腐つてゐない人を選んで、その履物を盗むやうになつてゐた。
 川にぎつしり浮かぶ死骸に、なんども瓦礫をなげつけた‥
さういふ自分をわすれてゐない皆実だから、
「うちはこの世におってもええ」と思へない。
しかし打越は言つてくれた。「生きとってくれてありがとうな」

”さう思はれても仕方のないものに自分はなつた”といふ思ひ、あの日の皆実のすべてを、映画はあへて描かうとはしてゐませんでした。麻生久美子演じる皆実は、どこまでも清澄で美しくはかなげでした。たしかにフルスクリーンで、死骸に石をなげつける皆実を映し出して、かつその彼女をまるごと観客に受け取らせるのはむずかしいことかもしれない。ムリはせず、あくまでやさしい美しい映画としてこれはつくられた。商品である以上、受け入れられやすいかたちにもつていくのは、いたしかたないことなのかもしれないが‥麻生久美子さんが、皆実のはかなさ哀しさに、とつぷり浸かつてしまつてゐるやうにみえたのが気がかりでした。
 あらためて‥マンガ『夕凪の街』に感服します。ここまで描いてくれたことに。

 そしてもうひとつ、圧倒されたのは”描いてゐない”ページでした。
にはかに発症したかと思ふと、あつといふまに重篤な病状となつた皆実。
やがてかの女が視力を失ふと、セリフだけを書き込んだ白いコマがつづきます。
描けないほどの、思ひだけがつまつた白い、白いページ‥

”マンガ”には、かういふことができるのだ‥と、胸を衝かれます。

 皆実が逝つてしまつても、幾度夕凪が終つても、消えない思ひ、終らない話。
だから、年毎に咲いては散る桜が、鎮めの役に呼ばれたのかもしれない。

 桜の国に生まれたことの仕合せを、かみしめてみる春です。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。