えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

yuukokuki4.gif 週刊文春の記事でこの本のことを知りまして、福田恆存と三島由紀夫、わたしにとつての”二大スタア”の新刊本だ!とよろこんで購入。ちなみに「ふくだつねあり」と”ことえり”で入力したら、「福田恆存」と一発変換。恆の字は旧字ですが、福田恆存の文名衰へざる故まだ”生きて”ゐるのですね。どうせなら、福の字も「示」偏で出したらどうか…(´・ω・`)
 持丸博氏は、学生時代、”全学連”に対抗して保守派の学生を糾合する運動を展開、三島由紀夫と知り合ひ「楯の会」に参加して学生長をつとめるなど、至近距離から三島をみてゐたひとり。佐藤松男氏もまた保守派の学生運動「日本学生文化会議」を興し、顧問に福田恆存を仰いでその声咳に接してきた人。
 表題の「対決」とは、持丸氏が創刊した保守派のオピニオン誌「論争ジャーナル」が企画した、三島由紀夫と福田恆存の対談をさしてゐて、そこで当代屈指の知性たる三島、福田が、おなじ保守派の論客として思想を戦はせた”たつた一度の対決”を振り返りつつ、両所の思想を今この時代にあきらかに示さうといふもの。それぞれの”弟子”たちが、師の思想に迫らうと精緻な論証をかさねるこの共著は、いはば弟子世代による”延長戦”でせうか。

 民主党”左巻き”政権の失態に、サヨクの正体あらはれたり、いまでは”保守”を名乗り語ることはよほど容易になりました。それでも、左巻きおよび外国勢力にマスメディアを占拠されてゐる現状は、決して楽観視できぬものですが(´・ω・`) 学生運動の嵐が吹き荒れ、暴力革命による国家転覆の危機が現実味を帯びてゐた時代、それに抗して声を上げ、さらには知行合一の”行動”を示すことが、いかに勇気を要したか。持丸、佐藤両氏の説く”あの頃”、時代の証言としても胸に迫るものがあります。三島、福田が今の時代に生きて、この日本を見たら何と言つただらうか。それをつねに問ふべく…ふたりの書き遺したものを読んでいかう、とあらためて思ふことであります(`・ω・´)
 
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。