えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

 宮崎・畜産農家の願ひも空しく――種雄牛49頭の殺処分が正式決定されました。

【口蹄疫】種牛49頭殺処分、例外認めず
 higasi524.gif 宮崎県で拡大している家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫問題で、政府の対策本部は24日、 県に殺処分回避を求める動きがある種牛49頭について、正式に殺処分することを決めた。また、14日以降、新たな感染が確認されていない同県えびの市で、血液検査など牛や豚の安全性調査を開始。 安全が確認されれば、同市内の発生地から半径10キロ圏内で設定されている家畜の移動制限区域を6月4日に解除する。
 現地対策本部の山田正彦農林水産副大臣は24日、東京・霞が関の農水省で会見し、種牛49頭を「家畜伝染病予防法に従い、直ちに殺処分する」と改めて強調した。種牛49頭は、飼育していた県家畜改良事業団で別の牛に感染疑いが出たため殺処分が決まっていた。
 また、殺処分された種牛「忠 (ただ)富士」とともに、49頭と分けて飼育されていた事業団主力の種牛5頭について山田副大臣は「引き続き経過観察する」としたが、「感染の可能性は高いと思っている。2頭目が出ればすぐに大臣に(殺処分を)相談したい」と述べ、2頭目以降の感染が出れば殺処分も辞さない考えを示した。
  一方、安全性調査は、4月28日にえびの市内で最初に疑い例が見つかった農場から半径3キロ圏を中心とする約160農場が対象。獣医師ら約40人態勢で3日間をかけ、1農家当たり最大30頭の牛の血液を採取して検査する。半径10キロ圏内の豚の健康状態も目視で確認する予定だ。(産経ニュース)



 殺処分も辞さない考へ… 一見、果断で頼もしい行動のやうにみえますが、十分ウィルスが行き渡るまで放置しておきながら、マスコミの報道が繁くなつてきてから、やおらパフォーマンスに打つて出たの感が否めません(`・ω・´)
 この民主党政府のやることなすことがさう、見かけばかり大仰で心といふものがない。手の施しやうがなくなるまで抛つておかれた上、わずかな希望の種牛さへ奪はれる農家の気持ちを少しでも忖度したことがあるのか。
 日本人を苦しめ、日本を毀損することばかり迅速に実行する政権だ!
口蹄疫問題始め、普天間、はたまた半島情勢と、大きな出来事の陰でそそくさと強行採決される異様な法律の群れ…。

「口蹄疫」に苦しむ宮崎と、憂ひをともにする国民に向けて、陛下よりおことばを賜りました。

宮崎県で家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫の感染が拡大していることについて、宮内庁の風岡典之次長は25日の定例記者会見で、「天皇、皇后両陛下も大変心配されていると伺っている」と述べた。同次長は「両陛下は一刻も早くこの問題が終息し、家畜農家や、地域の人々が安心できる状況になることを強く願われていると思う」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100525-00000109-jij-soci


heikatoushi2.gif
heikatoushi1.gif
(写真は、昨年7月カナダをご訪問された際、オタワ市の国立中央試験農場で子牛をごらんになる両陛下)

 政権は日本を沈没させることにばかり熱心ですが、ここにくにたみのことを心にかけ、その幸せを祈つてくださる方がいらつしやる――そのことが、どれほど国民を力づけてくれることでせうか…(ノД`)゜。
 子牛もお優しいお心が解るのか、皇后陛下のお裾を噛んで甘えたり、陛下のお手をなめたり…。こんな可愛いらしい生き物の、尊いいのちを頂いて、わたしたちは生かされてゐるのだな…などといふことを考へます。
 五穀と生きとし生けるものの恵みに感謝を捧げてくださる「祭司王」を戴いてゐることの仕合せをも、また。

 
 このにっぽんのお土のうへで丹精された牛なればこそ、その美味をして世界を唸らせる「和牛」となりえたのでせう。
 しかし。
 もし、掲示板に投下された「予言」のごとく、毀日政権が和牛殲滅作戦を実行しつづけ、「韓牛」「中国牛」のほかに選択肢がなくなる日が来たとしたら。
 そのときは、わたしたちは牛の乳も肉も知らなかつた頃に回帰して、肉食をはなれることも考へてよいのではないかとも思ふのです。
 日月神示には「四つ足食ふでないぞ。共食ひとなるぞ」ともしるされてゐます。わが国畜産農家の粒々辛苦の成果を奪はれて、強ひられてそれを捨てるのははなはだ業腹ではありますが…(`・ω・´)
 いのちをいただき、生かされて生きることを思ふとき、必要以上の”貪り”から殺すといふことをもういちど考へなほすことが必要になるのではないか…。このたびの「危機」は、わたしたちに大きな「見直し」を迫るのではないか、といふ気がしてゐます。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。