えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

こんにちは。

現代かなづかいが一般化した背景には
このような理由があったのですね。

歴史的かなづかいを必死で守ろうとしている人たちがいたことにも驚きです。

日本人でありながら、知らないことがたくさんあるのだなあと感じさせられました。

2008.04.08  hunnysuger  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

容量オーバー?追記ができませんので、のこりをあらためてこちらにかきます。

3/16の項で、「私の國語教室」の「序」を抜き書きしました。ここで福田恆存は「私が書くほかのものを讀まなくてもいいから、これだけは讀んでいただきたい」「國語に關心をもちなほしていただきたい」と読者に懇請しています。福田恆存が生涯をついやして書いたもののなかで、これだけは、ほかのどれをおいても読んでもらいたい、ただ一冊の本だというのです。
「そうか、歴史的かなづかいの本か」と軽い気持ちで買いましたが、この序文の異様な
”熱”にただならぬものを感じました。文中、ときおり熱い蒸気がぼこっと噴き出すように、
一體、これはどういふわけか」「その言ひ分がふざけてゐる」「しらふの人間の言葉とは考へられません」「全く人をなめてをります」と激しい言葉が混じる。
この人はほんとに怒っているのだ。この人の大切なものを踏みにじるヤツが許せないんだ‥”と思ったことでした。
しかも‥辛いことに、この”大切なものを護る”戦いは多勢に無勢、というより個々の論戦では圧勝といっていい勝ちをおさめているのに、なぜか勝負の大勢がうごかせない。それはテキの多勢には、おびただしい数の無關心の人々も結果的に力を貸しているから。
kokugo.gif
私の國語教室」は、序と追記をのぞくと六つの章からなっています。
一字一音、一音一字の”表音主義”を標榜する「現代かなづかい」の矛盾を指摘する第一章「現代かなづかい」の不合理、「歴史的かなづかひ」がかえって合理的でまなびやすいことをしめす第二章「歴史的かなづかひ」の原理 第三章「歴史的かなづかひ」習得法
ここでおわってもよさそうなものですが、著者、いや論客福田恆存はさらに念をいれる。
 なぜなら、”表音主義”の盾ではしのぎきれないとみるや、國語改良論者は
「発音どおりに表記するなどと誰がいったか。現代かなづかいは正字法であり、現代語の音韻を代表するものだ」 とのたまうからです。

「え?ナニ?音韻?」なにやら専門用語らしきものをもちだされると、シロートの頭には霧がかかってしまいますがちゃっちいアタマですみません(^^);  音韻とは、実際に発音している音声ではなく、たださう發音してゐるのだと思ひこんでゐる、もしくはさう發音しようと思つてゐる、いはば言語主體の心理のうちにある音の單位を意味する のだそう。分かるかそんなもん。飛び道具とはヒキョーなり。
 この國語改良論者がもちだす西洋わたりの”音韻論”に照らしても、「歴史的かなづかひ」のほうがよく日本語の音韻を代表していると、第四章「國語音韻の変化」第五章「國語音韻の特質」の二章をさいて論破しています。
ただし、國語國字問題について一般的な知識が得たい向きは、三章以下をとばしてもらってかまわない、と序でことわりがきがあります。たしかによみやすいとはいえない‥(^^);

ただ、その場合でも第六章は追記と共に必ず讀んでくださいとも。
第六章 國語問題の背景では、「國語改革」推進派の意図と手口、それがいかに誤れる考えに依っているかが暴かれます。(なるほどテキはその手でくるか!)
事実をいつわり、火のないところに付け火する
(ほらっ漢字と仮名遣いのせいで日本語はこんなに混乱しているぞ!) 
俗耳に入りやすいことばかり聞かせて、本当の目的は隠しておく。
「現代かなづかい」も「当用漢字」もすべて政策にすぎず、それらを通じて彼等が命がけで追求している目的は何かと言へば、それは國字の徹底的な表音文字化であります。漢字を全廢して、かな文字かローマ字にしてしまはうといふことであります。
近代的でない、国際化にのりおくれる、と外圧をたのみにする。
(タイプライターにのらないから漢字をやめて日本語を表音文字化する??この手が幾度つかわれたことか。現にいまだって、日本の人権意識は立ち後れているとかなんとか)
人権擁護に名を借りた「人間蹂躙法案」の危機にさらされているいまだから‥読んでほしい。読むべきです。(`・ω・´)なんて強引に。ごめんなさい‥もう読んだ!(・∀・)という方もまーだだよ!(^-^)という方も、いまという時期に(また)読んでほしいな‥と祈る気持ちです
おなじことが、繰り返されている。この「國語改革」のときも、そしていまも、日本破壊の流れが、ワタシたちを押し流そうとしている‥

 巻末に、福田恆存全集覺書四がオマケで附いています。
 二中時代の恩師である時枝誠記博士をはじめ「國語改革」反対の行をともにした人々のこと、死の間際まで「國語問題」のことを心にかけていた鴎外森林太郎のことなどを綴り、その末尾に曰く

 かうして幾多の先學の血の滲むやうな苦心努力によつて守られて來た正統表記が、戰後倉皇の間、人々の關心が衣食のことにかかづらひ、他を顧みる余裕のない隙に乗じて、慌しく覆されてしまつた、まことに取返しのつかぬ痛恨事である。しかも一方では相も變らず傳統だの文化だのといふお題目を竝べ立てる、その依つて立つべき「言葉」を蔑ろにしておきながら、何が傳統、何が文化であらう。なるほど、戰に敗れるといふのはかういふことだつたのか。 

 この言葉は、福田恆存の絶望の言葉でせうか? 敗北宣言、なのでせうか?

 この最後のことばが胸に残つて、江藤淳の「閉ざされた言語空間」や三島由紀夫の「文化防衛論」などの”類書”を手に取るやうになりました。
 敗れし國の民であること、戰はいまだ熄まず、かたちを變へた戰にいまも敗れつづけてゐること。あらためて、日本とは何だらうか、守るべきものとは何なのだらう‥などといふことを思つたり。
 何処でかは忘れましたが、福田恆存はかう言つてゐたと思ひます。
日本を守るとは、この俺を守るといふことだ
この俺のなかに培つた言葉の精髄、これこそ俺の守る日本だ。さういふ自負と自覺の言はしめた言葉と思はれます。さうして、福田恆存の言葉はいまも生きて、私たちのところへ届いてをります。

‥しかし。ここに漕ぎつけるまでに三回、”保存”のたびに入力が消えてをります。(´・ω・`)
字数が多すぎるせゐでせうか?

スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

現代かなづかいが一般化した背景には
このような理由があったのですね。

歴史的かなづかいを必死で守ろうとしている人たちがいたことにも驚きです。

日本人でありながら、知らないことがたくさんあるのだなあと感じさせられました。

2008.04.08  hunnysuger  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。