えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」heaven.gif

「わたくし率 イン歯ー、または世界」といつた独特のことば遣ひの、歌手にして詩人、女優、そして小説家の川上未映子さんが、3/7大阪科学技術センターで講演されました。
”どんなハジケたおはなしがきけるのだらうか(・∀・)ワクワク”とでかけた講演会でしたが、意外にも(!)書くといふことを真正面からかたる直球勝負の1時間でした。
 

エンタテインメント的よみものは、読者に肯定と安心を与へる「よむサプリメント」(それが良い悪いといふのではなくて)であるのにたいして、いはゆる純文学といふのは、読者の価値観の枠組みをゆさぶり、不安をもたらすものです。わたしがものをかくときの出発点に、「違和感」といふものがある。生きていく上で、いろいろな場面でかんじる「違和感」、それはちいさいときからさうでした。
 自分のからだに触つてゐると、触つてるのか触られてるのか判らなくなるのはなぜ?
 つばは口の中にある時はのめるのに、外に出るとのめんやうになるのはなぜ?
 誕生日は、死にちかくなることなのに、なんでおめでとうなん?
 そんなことをきくと、”もう!ヤヤコシイ子やなあ!”て怒られた。
 さうした日々かんじる「違和感」を、小説の中では、じぶんで考へて、つくりかへることができるんですから。

 自分と世界に革命を起こせるものが文学なんです――


 川上さんのお話の中に、「違和感」とともに「頭」「身体性」「世界」といふことばがくり返しあらはれるのが印象的でした。まるで、身体といふフネに乗つて未知なる宇宙を探検してまはり、センサーのしめす違和感をてがかりに世界を知らうとつとめてゐる異星のまらうど(客人)のやうな…。

 もちろん、こころの探索を文学といふかたちにするには、現実的な「努力」が必要で、
「毎日書くことが、何にもましていちばん大事」と強調してをられました。
「つづけるのに、書いてて面白くなつたところでやめるのって、超コツです! そのおもしろいとこから次の日も続けていけます」と””コツをご伝授(^^) 会場を埋める明日の作家たちを、おほいに力づけられたことでした。

 講演のさいご近くに言はれた、
「自分といふものは、半分は世界のものだ」
 といふことばが鮮明でした。自己と格闘する私小説の系譜を綿々と綴つてきたわが日本近代文学は、このもつとも若い継承者に至つて、やうやう「世界」にひらかれつつあるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。