えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

合掌

以前、ドキュメンタリー番組でフィリピンだったでしょうか?沢山の日本人兵士が亡くなったまま、遺骨の確認もされずに六十年。生き返った元日本人兵士の方が、ご供養と、一人でも日本に連れて帰りたいと、その当時の記憶をたどりながら、砕けほったらかしになった遺骨を大切に大切に土を払い手を合わせておられました。胸が一杯になり、テレビの前で合掌しました。…が、その後知り合いに聞いた言葉に耳を疑いました。フィリピン政府はこのご遺骨の返還に法外な金額を日本政府に要求しているとか???
ただの噂ですか?それとも、日本人を見たら「金」なのか?ここまで日本人は、日本は何を見てきたのでしょうか?
誇りある日本人にお会いしたいです。

2010.02.12  YOSHI  編集

いつのことでしたか、フィリピンで”旧日本軍の山下奉文将軍の匿した金塊がみつかつた!”とのニュースに、フィリピン政府が早々に、その金塊は国家のものだ宣言を出し、一時金相場が暴落したといふ騒ぎがあつた由。もちろん根も葉もない噂に過ぎなかつたのですが、噂にでもすがりつきたい烈々たる射幸心(!) をみた思ひでした。ですから、”取れるものは取る!”としごく「当然」な要求をしたまで、なのでせうね。…とヒトゴトとばかり言うてをれないニッポンになつてやしないか。 オリンピックといふとすぐメダルいくつ?とカネ勘定するTVに、ハズカシイからやめておくれよとつぶやいてをりまする(´・ω・`)

2010.02.13  えみた  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2010.02.11

建国記念の日

「建国記念の日」に各地で建国を祝ふ催しと、同時に”反対集会”とが催されるのが風物詩?になつた感があります。自国の誕生を祝ふ日に、それを否定する集会が当然のやうに行はれるクニつて、さうあるもんぢやありませんね(´・ω・`)

”何年何月何日に、宗主国軍をブチのめして独立を勝ち取つたぞ!”といふ「独立記念日」も誇らしいでせうが、いつと特定できぬほどの、神話と境を接する悠遠のいにしへに生まれたわが国が、長い時をへていまにつながつてゐるといふことの誇らしさ。それに、思ひを向けてみる日、ではいけないの?(`・ω・´)

noguchiisao.gifそんななか、「建国記念の日 祝う千葉県民の集い」で、「富士山の清掃登山や旧日本兵の遺骨収集など精力的に活動する、アルピニストの野口健氏(36)が『決断!山を越える』と題して記念講演し、集まった約800人の参加者は熱心に聞き入った」とのニュース。

(式典に)続く記念講演では、野口氏が、これまでにかかわってきた環境活動から「山での清掃活動や環境問題は、まさに人間社会との戦い。どういう人をつくれば、社会や国が変わるのか考えなければいけない」と人格形成の根幹となる道徳教育の大切さを語った。
  7大陸の最高峰への登頂を成功させてきた野口氏だが、平成17年、ヒマラヤで8000メートル級の山を登山中に吹雪に遭い、自らも死を覚悟したことをきっかけに、太平洋戦争で亡くなった旧日本兵の遺骨収集にも力を注いでいる。「戦争を美化している」との批判に屈せず、昨年は、8675柱の遺骨を日本に持ち帰った。
 国家事業として、これまで誰も踏み込まずにいた領域で活動することに、野口氏は「職業軍人だった祖父の影響など、思い当たることはいくつかある」と語り、「国のために亡くなった人に対して冷たい国はいずれ滅びる」と厳しく指摘すると、会場からは大きな拍手が起きた。


 8675柱ものみたま――野口さんが決断されて、実行されるまでは、日本政府から忘れられ、見捨てられたままになつてゐたかたたち。それを、いち個人たる野口さんが、故国日本の地に連れ帰られた。なんといふ、なんといふ「功いさを」でせう。どこぞの600人引率宗主国詣での政治屋なんぞ、恥じて100ぺん死ぬべきです。8675のひとびとを日本の地に産み育まれた産土の神もおよろこびです。国魂の神もいかによろこばれたことでせうか…
 これだけのことをされた方の口から出る言葉だから、重いのですね(´・ω・`)
国のために亡くなった人に対して冷たい国はいずれ滅びる
 いまや、国のほろびを真剣に憂へなくてはならぬ時となりました。

 しかし、なぜ。日本の国をすなほに愛するといふことが、かくもむづかしくなつてしまつたのか。Wikipediaからですが、「建国記念の日」設立にあたつては、非常な抵抗と紆余曲折があつたことが伺へます。

jinmutousei.gif そもそもこれは、初代天皇である神武天皇の即位を記念する「紀元節」として1872(明治5)年に制定されたものが、敗戦によりひとたび廃せられ、その後「紀元節」復活の世論の高まりにつれて1957(昭和32)年、「自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出」されました。しかし当時野党第一党の社会党が、「神武天皇即位の年月は、歴史上、科学的に根拠が薄弱」「神武東征の物語は、かつて国の進路を誤らせた軍国主義を鼓舞するのに利用された」などと批判し、衆議院は通過したものの参議院では審議未了廃案に。それから同法案は提出と廃案をくりかえすこと9回、

結局、名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。1966年(昭和41年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立した。


 なほ成立にあたつては、三笠宮崇仁親王殿下が「建国記念日」の制定そのものに厳しく反対され、右翼による宮邸乱入事件まで引き起こしたとあり、当時の空気がしのばれます。三笠宮さまは軍人であられたこともあり、また戦後の平和日本にあつての皇室のありかたといふデリケートな問題に神経を尖らせずにはゐられぬお立場もあつたのでせうが、このことが”反対勢力”を元気づける材料にもなつたかと思ふと…複雑です(´・ω・`)

”この道は、いつか来た道””軍靴の響きが聞こえる” 日本人が自国に誇りを持たうとすると、かならず横合ひから浴びせられる揶揄。もちろん戦争が良いことだとは誰も思ひません。しかし、たつたいちどの敗戦で、ここまで魂を抜かれ、戦後延々と言語空間を操作されつづける日本の悲劇とは…。
 有色人種の国家群にあつてただひとり、帝国主義の権益争奪戦に参加し、おそるべき武威を振るつた日本は、どうあつても封じ込めねばならぬ国でした。誰にとつてかといへば、戦後秩序を構築する五大国、ありていにいふなら白人国とその傀儡国にとつて。実質アメリカによつてつくられた中共、北朝鮮、韓国は、軍国日本と戦つた(あるひは勇敢に抵抗した)といふ「物語」が政権の正統性を担保してゐますから、なにがなんでも日本を「悪者」にし、その擡頭をおさへつけねばならない。かくして、外部の意を受けて、その利益のためにはたらく”日本人の顔をした外国人”が後を絶たない。かの大戦に日本をひきずり込んだ聯合艦隊司令長官・山本五十六と、いままさに選挙のために国を売らんとしてゐる(!)小沢一郎とは、なんとよく似てゐることか。

211ozawa.gif 211yamamoto.gif
もちろん”工作”は戦前からさかんに行はれてゐた。このやうな人物を”英雄”と仰がねばならなかつたのが、
わが国の悲運です(`・ω・´)

スポンサーサイト

コメント

合掌

以前、ドキュメンタリー番組でフィリピンだったでしょうか?沢山の日本人兵士が亡くなったまま、遺骨の確認もされずに六十年。生き返った元日本人兵士の方が、ご供養と、一人でも日本に連れて帰りたいと、その当時の記憶をたどりながら、砕けほったらかしになった遺骨を大切に大切に土を払い手を合わせておられました。胸が一杯になり、テレビの前で合掌しました。…が、その後知り合いに聞いた言葉に耳を疑いました。フィリピン政府はこのご遺骨の返還に法外な金額を日本政府に要求しているとか???
ただの噂ですか?それとも、日本人を見たら「金」なのか?ここまで日本人は、日本は何を見てきたのでしょうか?
誇りある日本人にお会いしたいです。

2010.02.12  YOSHI  編集

いつのことでしたか、フィリピンで”旧日本軍の山下奉文将軍の匿した金塊がみつかつた!”とのニュースに、フィリピン政府が早々に、その金塊は国家のものだ宣言を出し、一時金相場が暴落したといふ騒ぎがあつた由。もちろん根も葉もない噂に過ぎなかつたのですが、噂にでもすがりつきたい烈々たる射幸心(!) をみた思ひでした。ですから、”取れるものは取る!”としごく「当然」な要求をしたまで、なのでせうね。…とヒトゴトとばかり言うてをれないニッポンになつてやしないか。 オリンピックといふとすぐメダルいくつ?とカネ勘定するTVに、ハズカシイからやめておくれよとつぶやいてをりまする(´・ω・`)

2010.02.13  えみた  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。