えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

birthday.gif birthday2.gif

 今日は麻生「前」総理の69回目のお誕生日でした。上の写真は昨年ネットのよびかけで送られたXmasカード(総数1,400枚)をみる麻生総理。今は官邸を出られた麻生「前」総理ですが、おそらく議員会館に送られた激励のお誕生祝ひを、このやうに積み上げてごらんになつてゐるのではないでせうか(^^)
 かく申すワタクシも、”お気を落とされずがんばつてください!”の手紙とともに、お誕生祝ひのカードを送らせていただきました。さつそく「ご声援感謝」のお手紙が! ご直筆をコピーしたものですが、かうして支援者ひとりひとりにおこたへくださるお心に感謝… 励ますつもりが励まされ。

 昨日今日と、ふと思ひたつて、”宇宙軍大元帥”閣下こと野田昌宏さんの NHK「人間大学」講座『宇宙を空想してきた人々』のビデオをみてました。この放送は1999年、ちやうど今から10年前になります。もうそんなになるのか… 第9回で”タイムトラベル”を扱つたご講義を聞いてゐると、”10年後にタイムスリップして、自分の墓と対面したりして”といふことばにギクリ(!) な、なんかちょつとしたイタヅラを仕掛けられたやうな(^^);

gensui2.gif gensui1.gif

 写真は録画から撮つたものですが、この愛して止まぬものを語られる眼の輝きといひますか、えもいはれぬ表情を拝見してますと… なにか、かう、あたたかいものを渡されたといふか… 「じぶんも、生きなきゃな」などと思つたりしたんでした…

 去年買つたまま読めずにゐた『SFマガジン』野田昌宏追悼号を繰つてみます。デビュー作の『レモン月夜の宇宙船』、短編ながらそこにくりひろげられる「人間大学」そのまんまの、目くるめく蘊蓄と想像を絶する豪奢の世界…
 なるほど、洒落でつくつたといふ名刺の肩書き「貴族・大富豪・最高知識階級所属 太陽系安全保障最高会議議長 太陽系惑星軍総軍最高司令官 太陽系戦略宇宙軍最高総司令官 宇宙軍大元帥 野田昌宏」のトップに「貴族」とあるのはダテぢやあない! ”その世界”に住む人でなければ書けないものがあるものだ、といふ思ひがします。

 野田昌宏氏といへば、麻生太郎衆議院議員のいとこであることはよく知られるところ、Wikipedia の「麻生太郎」の項をみれば、その”華麗なる一族”を一望することができます。ところでこの Wikipedia、麻生太郎の「失言」をヤケにマメに拾ひあつめてゐるのには、なにやら意図があるのでせうかね… かくのごとき富貴のひとびとに世の羨望が集まるのはいたしかたないことですが、それにしても「麻生太郎」に対しては徹底して妬みを煽りながら「鳩山由紀夫」には北の将軍様さながらに”セレブ”扱ひする…TV局なんてまとめて潰れてしまへ。
 選ばれた人々には、その人にしかなし得ぬ仕事をしていただきたいもの。妬みから高きをひきづり下ろしてみても、結局は自分の首をしめることになる… ソ連崩壊後に、革命によつて絶たれたロマノフ朝を涙をもつて回顧したロシアの人々を思ひ出します。
 当面わたしたちは、新政権が皇室の継承問題にタッチするのか、するとしたら何をするのかを注視しなくては…と思ひます(`・ω・´)


 あらためて振り返る、”とてつもない”麻生太郎の足跡

 【 麻生政権の功績 】
 投稿者 aview0911


 Project X 中東に平和と繁栄の回廊を描け ~ 麻生太郎の挑戦 高画質
 投稿者 AsoGiin

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。