えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2009.08.26

内部告発

WiLL10.gif 内部告発、来ました。
 さきの都議選で”圧勝”、多数を占めた民主党の都議から
「今回の総選挙で民主党はマニフェストを偽装している」との指弾が

★【09衆院選】民主党都議が民主マニフェストを「偽装」と批判

 民主党所属の都議会議員が同党の衆院選マニフェスト(政権公約)を 「(耐震)偽装マンションのパンフレット」と批判する論文を発表することが24日、分かった。
都議会民主党の土屋敬之副団長が26日発売の月刊誌「WiLL」10月号に寄稿したもので、 衆院選投開票を目前に身内の反乱が起きた格好だ。

 民主党は7月に発表した政策集に、永住外国人への地方参政権付与の方針の維持、 選択的夫婦別姓の導入、慰安婦問題への取り組み-などを盛り込んだ。 だが、その後に発表したマニフェストにはこれらの政策を盛り込まなかった。

 土屋氏は「国民の目を欺こうとしている。国論を二分する政策を載せれば、 有権者の支持が得られないと考えたからだ」とし、マニフェストを耐震偽装マンションの パンフレットになぞらえた。その上で「マニフェストを読んで民主党に投票しても、 思いもよらなかったような政策が実行される」と指摘している。


「除名覚悟」の告発には、並々ならぬ勇気が必要だつたことでせう。よくぞ言つてくださいました! ギリギリのタイミングでしたね、投票までに浸透するだらうか??
「WiLL」10月号には、「皇太子への御忠言」で議論の口火を切った西尾幹二氏と、「廃太子」論で話題を蒔いた橋本明氏が、雅子妃と小和田家について語るといふ、これもみのがせない対談記事が掲載されてゐます。乞うご一読!(`・ω・´)

 それと――これも「内部告発」なのですが…

 巨大掲示板でさかんにコピペされてゐるものです。真偽の検証はともかく(!)とりあへず転載いたします。

101 :エージェント・774:2009/08/25(火) 00:57:25 ID:M6PsgU4e 

 選挙前にこの時期に、内部告発するには遅すぎかもしれないけど告発します 。

 外国人選政権は、民主党が勝利した場合、必ず成立します。

 すでに民潭の幹部クラスとは、裏で約束しています。 
選挙後の最初の国会で、鳩山が、外国人参政権の実現を第一の成立目標と打ち上げるはずです。 
すでに、民主党内部では、法案の骨子もひそかにまとまっています。 

 
 今回の選挙戦にかかった選挙資金の、かなりの額をどの組織が出しているかを調べたら、 
民潭の投票前なのに幹部クラスが高揚しているのが分かるでしょう。 

 
 民主党内部の保守派は、今回の選挙で、日教組、民潭、自治労の支援を受けている人間が多いので、 
建前で反対しても実際の議決の場では、反対する人はいないでしょう。 
また、最後まで自説を曲げないでいた保守派の若手は半分、 
民潭に追い立てられるように党から追われることになりました。
 
 
選挙戦、党本部の選挙対策の関係者は以前の選挙と違って、 
すべてスタッフが、民潭出身者日教組出身者、 
自治労出身者で占められていますから、以前のような中道派が、出て行く場面はなくなりました。 
政策立案、選挙実務、資金繰りすべて民潭と日教組、自治労、連合の人間が主導権を握っている現状は 
有権者は誰も知らないでしょう。 

 政策立案関係者などは、特にひどく 

「社会党が不死鳥のように蘇り、真の社会主義を日本で完成させるのだ」

とある酒席で叫んでいました。 
国民は社会主義などを望んでいるはずがないのは彼らも知っているのですが勝てば官軍、 
社会主義革命を完遂すると、選挙後の自分たち主導の日本を暑く今から語り合っていますよ。 
在日関係者は、地方参政権だけでなく、すでに国政参政権も自分たちももらうのが当たり前だと、言ってます 。

102 名前:エージェント・774 :2009/08/25(火) 00:59:31 ID:M6PsgU4e 

 民主党の表に出ている選対は、まだ民潭などの組織色は目立たないけど 
民主党本部から距離を置いて設置されている裏選対などは ほとんど、民潭出身者の溜まり場と化しています 


03 名前:エージェント・774 :2009/08/25(火) 01:04:35 ID:M6PsgU4e 

 それから、日教組関係者は、二年後に控えた免許更新を阻止するために次回の国会で、 
教育基本法の改悪を策しています。

 
日教組出身の親玉参議員は、今回の選挙期間中できるだけ目立たないようにしていますが、 
すでに日教組の下部組織は、次の選挙での民主党の勝利を前提に 
各地の教育委員会に強権的な行動に出ようとしているようです。 
文部省の解体はさすがに国民の反発を買うと思っているのか文部省と教育の実験を切り離し、 
日教組が主導する。 
地域組織にその権限を委譲し、教育現場を独占するつもりなようです。 


 在日組織が、日教組に対して、歴史教育の在日への配慮を強く要請しているのは聞いたことがあります。 
財政に関しては、ほとんど口だけです 。
旧社会党系列の人間は、前の郵政選挙で国民はだますものだと、思ってるようですから。 
よく言われてる内容でおさらいみたいですけど、やっぱり民主に政権は渡してはダメだと思いました。



 たしかに少々遅かつたですけど、言はずにやり過ごすことはできない、と良心の促しに従つて口を開いてくれたのでせうか。"too late" ではありません。どうかこの内容を、ひとりでも多くの方にひろめてください!!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。