えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

 そこにゐらしたんですか…!
 思はぬところで思はぬ方にお会ひしました。

 ”お写経”してゐて、やつぱりほしいな『漱石全集』…と、日曜日に図書館へ借りに行きました。ついでのこと、窓際の机席を取つて、こころゆくまで”お写経”しようと…(^^)
『坊っちゃん』の収録されてゐる『全集』第二巻、附録の月報を何の気なしに開くと、そこに栗本薫さんの一文が載つてゐたのでした。
実は……」 といふタイトルで書き出されたエッセイふうの小文で、栗本薫は”意外に思われるかもしれないが、私にとっては夏目漱石の影響は非常に大きいのである”と”告白”してゐるのでした。
 おウチにあつた『漱石全集』の第一巻をとりだして『吾輩は猫である』をよんだ小学2、3年生のかをるちゃん(ご本名なら、すみよちゃんですか^^;)は、
 ”あんまり「吾輩は猫」に染り切ってしまって、それ以外のものは受付けない心境になってしまった”ため、第二巻に手が出なかつたのだとか。

 じっさいあれにはいかれた。
 何にああいかれたのか、と思うに、まったく「旧仮名使い」というものの美に、である。小学校低学年ではいかに早熟だったとはいえ、漱石が書いていることが半分もわかったとは思えないが、わからぬからこそいかれた、ということもある。そのあととにかく丸暗記するほどに何回も何回も読返し、意味もわからずに調子のよさと見た目の字づらのよさにうっとりしていたのがだんだん意味がのみこめてくるにつれてますます好きになり、だからかえって他の漱石の作品は読みたくなかったらしい。「坊っちゃん」は好きだったが、到底「猫」ほどではなかった。

 
 小学校低学年にして「旧仮名の美」に耽溺してゐたとはまことにオソるべき子供でゐらした(^^) かうして耽溺した漱石から、超然としてシニカルな文体、対象との距離の取り方といふものを学んださうです。
 
 そして”漱石だけは絶対に「原書」で、旧仮名使いの、極力漱石の元原稿に近い形で読まなければ意味がない”と言ひ切られるのです。激しく同意!! しかし…漱石自筆原稿の写真版で”お写経”してゐるワタクシは、ここでハタ!( ゚д゚)と思ふたのであります。幼きかをるちゃんの読んだ「猫」は、漱石の書いたままのそれ、だつたらうか?
 こころみに、栗本薫が同稿で”「イナゴ」だの「バッタ」ということばを耳にしたとたんに反射的に「それはイナゴぞなもし」だの「なもしたなんだ」などと口走ってしまったりする”と例を引かれてゐる、あのバッタ事件のくだりをすこし引いてみませう。

soseki3.gif soseki2.gif soseki1.gif

 右が『漱石全集』(1993年に刊行が始まつた新版で、かをるちゃんの読んだ版とは違ひませうが、活字で読み得る旧仮名遣ひといふことで)
 その左が『直筆で読む「坊っちゃん」』(集英社新書ビジュアル版)に載る漱石自筆原稿。いかがでせう? なかなかすらすら読み下すといふわけには…
 ひらがなでさへ、いまのワタクシたちにはなじみのうすい”変体かな”が用ゐられてゐます。その左に、ワタクシめの写しをならべてみました(^^) これでいくらか読み易い…こともないか…

 右の、美しく印刷された「旧仮名遣ひ」には、たしかに読むものを陶然とさせる魅力があると思ひます。しかし、漱石の書いたままではない。漱石が綴つた変体仮名は、近代化以前の江戸の文芸につらなつてゐる。まさに歴史の流れの一場面、なのですね。
 ただ、「旧仮名遣ひ」は、過去といま生きてゐる人間をむすんでくれる、たいせつな橋渡し役なのだと思へます。ホントなら、すべての日本人が「旧かな」「変体仮名」をふつうによめてつかへるべき!(`・ω・´)とワタクシは思ふのです。
 いま文庫本では漱石は「現代仮名づかい」に直されたものしか手にはいりません。本人が「旧かな」で書いたものを、だれが何の権利で書き直せるといふのか。
 GHQが戦後間もなく強制した”国語改革”を、決して後退させまいと必死で見張つてゐるお犬さま乙であります。蟻の一穴なるコトバがあるとほり、ひとつをうごかせば、歴史認識その他にまで影響が及ぶと警戒怠りないのでせう。
 まさしく、「新字新かな」は、文化の流れを断絶して日本人を歴史的孤児にする策略だつたのです。

 おしまひに、「実は……」の最後の段落を引用いたします。
 

しかしとにかく漱石、鴎外だけは「何があろうと」、どんなことがあろうと絶対に「原書」で読まなくてはならぬ。つまり旧仮名使いの、極力漱石の元原稿に近い形である。新仮名に直された漱石なんか何の意味もない、と云い切ってしまいたいくらいだ。あのふりがなのおかげでどれほど字を覚えたかわからないし、第一あの程度の漢字や文章を難しいと思うような頭では次代の日本文化を担う人間なんか生まれてくるわけがないのである。このことだけはなんとしてでも主張したいなあと思っている。それが、漱石から「日本語の素晴らしさ」を教えられた文筆業者のつとめである、と思っているのだ。


 このところだけでも、旧仮名で書いてみてほしかつたなあ…(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。