えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

bocchan.gif ”お写経”を機に『坊っちゃん』を読み返してゐますが…うーん、いまさらながら、愛され続けてゐるわけが解つたやうな。”娯楽作品”を成立させるには、つくづくキビシイところに突つ込まないことだと思はされました(´・ω・`)

 ついせんに、文章教室の授業で、
”教育現場を題材に書かうとする人は結構ゐてるけど、作品として仕上げるのはなかなかシンドイね。この問題つきつめて行つたら、ヒトのひとりふたり死なさんならんやうな(オハナシのなかで、ですよ^^;)羽目になる… 人が人を教へるいふんは厳しいもんです”と講師の先生に言はれたばかりでした。

 あらためて読み返してみると、苦もなくいい調子で講義をしてゐるかに思つてゐた”坊っちゃん”が、教へるといふことに直面して難渋してゐる描写がそこかしこに… いままで何をみてゐたんだろ…白状します。チャンと読んでなかつた…(´・ω・`)

「なかにはおれより背が高くつて強さうなのがゐる。あんなやつを教へるのかと思つたらなんだか気味がわるくなつた」
「最初の日に出た級は、いづれも少々づつ失敗した。教師ははたで見るほど楽ぢやないと思つた」
「憐れなやつらだ。子供のときから、こんなに教育されるから、いやにひねつこびた、植木鉢の楓みたやうな小人ができるんだ。無邪気ならいつしよに笑つてもいいが、こりやなんだ。子供のくせにおつに毒気を持つてゐる」
「いつたい中学の先生なんて、どこへ行つても、こんなものを相手にするなら気の毒なものだ。よく先生が品切れにならない。よつぽど辛抱強い朴念仁がなるんだらう。おれはとうていやりきれない」

 さうして物語の焦点は、可哀相なうらなり先生の許嫁を横取りする偽善者・赤シャツに、正義の鉄槌をくだす”痛快活劇”へと移つていく。
『坊っちゃん』をもとにした『鹿男あをによし』もさうですね。堀田といふ素晴らしい生徒がゐてくれて、人語を発する鹿がゐて、剣道とサンカクに救はれたかたちで、教育なるもののキビシイところには踏み込まずにすんでゐる。といふか、だからこそ娯楽作品として成立してゐる…

 責めてゐるのではありません その退つ引きならなさを正直に吐露してゐる漱石をいまさらながら”再発見”して、この人にして…と長嘆息してしまつたのでした。
 
 八田修一・奇跡の言霊ブログの6月13日の記事、優しさを繋いでゆくということーどんな苦境にあっても明日を捨ててはいけないに、”夜回り先生”水谷修氏の講演について書かれてゐます。夜の街から子どもを取返すため、暴力団と対決し、親指をハンマーで潰される目に遭つてもなほ引かぬ気迫…
 こどもを教へる、とは、その「毒気」や「憐れさ」とまともに向き合ふことでもある。まさに聖職だ…と思ひ知らされます。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。