えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

 27日、関東は雪だつたのですね… 
あのひとたちが降らせた雪なのだ、と思つてみる
226b.gif 左は「生きている二・二六」の巻頭の写真です。
後ろ中央が林八郎少尉、前右が筆者の池田俊彦氏。
 この頃のひとの面差しは、純一さといひますか、なにかきいんと澄んだものを感じさせます。
 池田氏は、同著の後ろのはうで、

「二・二六事件当時、我々には必要な情報が甚だしく欠落していた。豊富な情報によって判断すれば、あのような方法を以て蹶起することはあり得なかったと思う」

と書かれてゐます。
 いまのわたしたちは格段に情報に恵まれてゐるかにみえますが、マスコミの情報操作に踊らされて、ノイズのレベルだけが異様に高いただなかで、ほんたうに必要なものがみえにくくなつてゐるのだと思ひます(´・ω・`)  さうして、このままではいけない!といふ危機感ばかりは迫つてくる。つまり、二・二六当時とさして変はらぬ状況なのではないか…

 違ふのは、国民から成る国軍といふものがない、それらしきものはあるが、ちょつとやそつとで動けぬやうに厳重な縛りがかけられてゐる、といふところでせうか。もし血気の青年将校なる存在がいまあれば、小泉某や竹中某のクビはとうに胴からはなれてゐたことでせう…(`・ω・´)
 それでも、”縛り”のなかから田母神論文のごとき声が出た。
これもまた、志を得ずしていまだこの世を徘徊してゐる彼らが、力を添へて言はしめたのではないか…

 美輪明宏さん自ら語られて有名になりましたが、三島由紀夫の蹶起のかげには、二・二六の反乱将校、わけても磯部浅一の存在があつたとか。「銀巴里」の客として訪れた三島の後ろに、美輪さんが将校たちのすがたを霊視し、三島が二・二六の将校の名を一人一人挙げていつて、磯部の名を告げると「それだ!」と叫ぶ。すると三島の顔面は蒼白になつた…
 さうして、まるで魅入られたかのごとく、わずかな手勢をひきつれて、市ヶ谷での篭城、割腹といふ壮挙へとなだれこんでゆく。
 これを狂気の沙汰として否定し去つた作家たちも、あるものは晩年になつて「この国」の行く末を案じ、あるひとは西郷南洲に回帰して、その最期の戦ひに太平洋戦争をかさね…つまりは三島の立ち位置に、それそれ近づいていつたのでした。
 それは国魂のしからしむるところ、個々の魂の深いところに響く護国の願ひといふものでせうか…

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。