えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

えみため様の文体

えみため様の文体は好きです。具体的にどこが好きか?それはえみため様の文章にはgimmickがあるところです。文章力は語彙量に比例すると言う単純な法則がある気がします。それは何故か?そこは理屈で上手く説明出来ませんが、そんな気がします。人間物事を思考する時、必ず言葉に変換して思考するそうですね。脳科学者が言っていました。語彙量の少ない人間の思考の幅は必ず狭いと思います。文章力、また知能指数なども自分の持っているボキャブラリの多寡に左右されるのでは…と思います。単語を増やせば頭が良くなる。そんな簡単じゃない?

2009.01.24  パリ煎  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2009.01.23

ものかく道具

itext.gif 書く道具、といへばまづ紙とペンですが これを選ぶのがまた楽しい♪けど、それはまたの機会に(^^) ある程度の量の他人にみせる文章を書くとなると、PCに頼らざるをえませんね。
 ウチの文章教室の”総長”先生は、頑迷固陋なる手書き、それも縦書き派。
いちど原稿用紙をわすれて”すみません、ノートの切れ端で…”とおそるおそる出すと、それが横書きだつたのが逆鱗にふれまして、”ノートゆうてもタテです!”とを落とされました…
 文士といはれる人ですから当然のこととは思ひますが、ワープロのたぐひを使ふと文章にそれが出る、句読点を打つリズムが機械的になるといふご主張には、”さうかなあ…(´・ω・`) ”と首を傾げてしまひます…
 で、課題や習作を書くのにも、”縦書き”で打てるキカイが必要なわけですが、生徒のみなさんは、原稿用紙にペン書き派とワープロ派が半々くらゐ、ワープロソフトは「ワード」使ひがほとんどの様子。
 ワタクシはといふと、ナゼか”文章打つのはエディタで”といふこだわり?が…(^^);
SF作家にエディタ使ひの方が多くゐらして、”大量の文章も高速でサクサク、横書き?別にキニシナイ!( ゚∀゚)”といふかんじだつたのに感化されたやうです。以来、キカイもスペックが上がりワープロソフトも処理が早くなりエディタもまた高機能でワープロに近づいてきた、となると”エディタでなければ!”なんてコダワリ、はつきり言つて意味ないですが… デモ、まあ、SFに耽溺した日々のシッポみたいなもん、てコトで(^^); 縦書きの出来るエディタさがしてみました。
山下道明さん制作の ”iText”シリーズがいいかんじです。iText, iText Express, iText Pro, Lightway Text とあとへいくほど高機能になります。縦書きは iText から対応してゐますが、Mac に付属する テキストエディットと操作感の似ている iText Express があつかひやすくて、これにきめました。下位2つはフリーウェアといふのも魅力(^^); 
スポンサーサイト

コメント

えみため様の文体

えみため様の文体は好きです。具体的にどこが好きか?それはえみため様の文章にはgimmickがあるところです。文章力は語彙量に比例すると言う単純な法則がある気がします。それは何故か?そこは理屈で上手く説明出来ませんが、そんな気がします。人間物事を思考する時、必ず言葉に変換して思考するそうですね。脳科学者が言っていました。語彙量の少ない人間の思考の幅は必ず狭いと思います。文章力、また知能指数なども自分の持っているボキャブラリの多寡に左右されるのでは…と思います。単語を増やせば頭が良くなる。そんな簡単じゃない?

2009.01.24  パリ煎  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。