えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

歌会始

歌会始で棚倉の小貫信子さんが佳作 福島放送15日に行われた歌会始で、本県からは棚倉町下山本、塗装業小貫信子さん(54)の作品「ペンキ塗りはわが生業ぞ命綱肩に掛けつつ梯子をのぼる」が佳作に選ばれた。 小貫さんは15年ほど前に町内の愛好グループ・二七短歌会、... …

最新の車情報・2009.01.18

TB*URL

 今日15日は小正月、女正月などともいはれ、暮れからいそがしく立ち働いてきた女たちが、やつと一息いれる”女の正月”とか(^^) 年々正月明けが早まるやうなこの頃では、実態にそぐはぬ言葉になつたでせうか。
 さて、日本の年中行事の総元締?ともいふべき皇室におかれまして、一連の正月行事の最後を飾る「歌会始」の日であります。
 某巨大掲示板につどふ皇室ウォッチャーのみなさんはどう見た聞いた?とチェックしてゐたら、日付が変つてしまひました(^^);
 昨年の陛下の御製には、「林は秋の色を帯び初む」と、はつきり秋篠宮を頼りにされるお心があらはれてゐる――と、ひとしきり祭になつたものでしたが。
 果たして今年は…? (`・ω・´)

outa3.gif outq4.gif

 みどり豊かな皇居には、さまざまの生き物が生を営んでゐる。その織りなすいのちの様を見つつ、十五年を経たのであることよ―― といふ感慨をおよみになつたものと拝されますが、これにも某巨大掲示板ではすでにいろいろな「解釈」が上がつてゐました。
 
 曰く、イキモノとは、これまで陛下が遭遇されたことのなかつた”想像のナナメ上いく”人種、かの妃とその実家、取り巻き連中のこと。その奇態な”様”を否応なく見せられてきた十五年だつたよ…つてことでは?と。
 
 すでに1400余のスレッドを重ね来て、着々と”検証”を積み上げてきたひとたちの言ふことには説得力があります。妃の父である外務省のお役人は、昭和天皇の外遊に随行し、天皇はその人となりをよくご存じであられた。それゆゑ、その人の娘が親王妃の候補に上がつたとき、強く反対されたといひます。それでも彼女を皇室にねじこみたい勢力はあきらめなかつた。昭和天皇が崩御されて、いちどは候補から名が消えたはずのその女性は復活し、皇太子のつよい希望で入内が叶つた… 
 
elusive.gif まさに異種の生物の闖入(ちんにゅう)です。
はたして皇室といふ環境に「適応障害」を引き起こし、義務のほとんどを免ぜられて「静養」につとめてをられた。その一方で、私的なおたのしみにはしきりと出向き、イギリス、スペインなどの欧州王室の賓客あれば、いそいそと出てきて接待にあたられる。しかしながら国民に心を寄せ、日本の文化にしたしむごようすはみられない… 庶民の眼から見ても「?」がつく妃の行状は、皇室の方々にこそ、激しいストレスをもたらしたに相違ありません。

 妃は「歌会始の儀」にはご欠席。詠まれたお歌はここ数年の例にもれず「吾子(わこ)」、女のお子様を歌つたものでした。どこまでも内向きな方…と、掲示板でも失笑を買つてゐた模様。

 マスコミは何かと妃の肩を持ち、進歩的な女性だから旧弊な皇室に合はないのだと喧伝してきましたが、ここへきて国民が問題にしてゐるのは「それは人間としてどうなのか?」(`・ω・´)といふことです。”進歩的”なキャリアウーマンだつて、周囲との調和をはからねば何ひとつ出来はしないでせう。”自分と実家さへ良ければ”といふ、癌細胞にも似たいびつな生命体――それが寄生したために宿主の皇室は、生命の危機にさらされてゐる。科学者でもある陛下は、それを厳しくみつめて来られたはづなのです。

 御製が朗誦される間、陛下は上の写真のやうに、険しい表情をなさつておいででした。
それゆゑに… このお歌は、自然科学者としての陛下が、皇居周辺の自然の生き物をごらんになつての感慨といふにとどまらない、深いお心がかくされてゐるのでは――とつひ想像をたくましくしてしまふのです。

「歌会始の儀」を拝見してゐて、もうひとつ印象深かつたのは、皇族方を代表して読み上げられた「ふみひとのみこ」秋篠宮殿下のお歌と、儀にのぞまれての殿下の引き締まつた表情でした。

outa5.gif outa6.gif

”ニッポニア・ニッポン”と称される「国鳥」の朱鷺をおよみになり、新たなる生活へと飛び立つすがたを歌はれるそのお歌には、皇室の柱石としてのお立場をお引き受けになるお覚悟のやうなものがうかがはれる――といつては穿ちすぎでせうか…
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

歌会始

歌会始で棚倉の小貫信子さんが佳作 福島放送15日に行われた歌会始で、本県からは棚倉町下山本、塗装業小貫信子さん(54)の作品「ペンキ塗りはわが生業ぞ命綱肩に掛けつつ梯子をのぼる」が佳作に選ばれた。 小貫さんは15年ほど前に町内の愛好グループ・二七短歌会、... …

最新の車情報・2009.01.18

TB*URL

こよみ

2017 / 10
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。