えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

いはゆる日本の一番長い日。エミたんのブログ中断もながかったね。おかえり。えみため節は健在で。貴女の歴史観には圧倒です。

2008.09.05  パリ煎  編集

お久し振りです。
そしていきなりの長文失礼致します。

その回の「その時・・・」は観ていなかったのです、えみたさんの日記見ていて私もえみたさんの意見に激しく同意しました。
何故戦後60年余りが経過した今でも根強く戦争の責任や罪を日本になすりつけていられるのか。何故無差別攻撃をし、人道に外れた原子爆弾を落とした米が罪にとわれないのか。「勝てば官軍」とは言いますが、もうそんな時代ではないはずでしょうに。戦争がなくならないのならば、せめて公平に裁かれるべきだと、私は思います。

2008.09.07  kotokoto035  編集

>パリ煎さま、ありがたうございます(^^)
 ご訪問くださいますおかげで、書くっ!といふ気持ちがつながります。
 それにつけても、伊勢白山道さんはすごいですね‥!
 書くのみならず、数百にのぼるであらうコメントに目を通されるのですから。お役目を負ふ、とはかういふことなのですね‥
 ところで、パリ煎さまのブログは、どちらをお訪ねすればよいのでせう?なんだかとても楽しさうなのですが(^^)

>kotokoto035さま、ありがたうございます!
 ごぶさたいたしてをります。
 歴史に造詣ふかいkotokotoさまに同意していただいて、本当にうれしいです‥
 歴史を振り返るとは、なんらかの形で、時代時代の人たちの無念の思ひを受け取り、なぐさめることなのかもしれない、と思ひます。知らなくても生きていけるかもしれないですが、知れば知るほど、じぶん自身の命もたいせつに思ふやうになるのかもしれません。

2008.09.08  えみた  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

って、今日にかぎらないのですけどね
ごぶさたいたしました! 8/31締め切りの公募にまた例の如くカケコミで、その後しばらくぼ~っとしてをりました(^^);

sonotoki1.gifsonotoki2.gif

今日放送のNHK「その時歴史は動いた」で”シリーズ日本降伏”として、「焦土に玉音が響いた」~8月15日・終戦決定までの道程~といふのをやると予告をみまして、嫌な予感がしてをりました(´・ω・`)
 いはゆる「日本のいちばん長い日」ですね。
昭和20年8月9日、ポツダム宣言の受諾を巡る最高戦争指導会議の最中、長崎に2つめの原子爆弾投下。それから8月15日正午の「その時」までを追ふ、といふ番組。
9日にソ連の参戦を聞き、ソ連を介しての終戦工作の失敗を知つての戦争終結への舵取り‥決して迅速とは言へなくとも、各方面、ことに陸海軍の意志をまとめつつの終結への努力であることを思へば、決してモタモタし過ぎたとはわたしには見えないのですけれど‥ 高天原の神さまがたでさへ、”神諮りに諮りたまひて”ものごとをお決めになる。この国の”民主主義”は時間がかかるのです。
 番組は、ポツダム宣言受諾の他なしと知りながらも、「国体護持」といふことにこだはつたために意思の統一に手間取り”終戦”が遅れたこと、そのため多くの無辜の命がうしなはれたと訴へます。「国体護持」とは狭義には「皇室護持」のことであり、「それは国民の生命より上位におかれていたでしょうね」とゲストの保阪正康氏をして言はしめる。
 この番組だけを無批判にながめてゐたら、視聴者は、さうか国民を無視して国体護持なんかに拘泥するから、たくさんの人が死んだんだ、と刷り込まれてしまひさうです。

sonotoki3.gifsonotoki4.gifsonotoki5.gif

といふのも、「その時」昭和20年8月15日正午の「玉音放送」の音声をきかせつつ、その字幕に添へて、宮城前に拝跪する人々から、激しい戦火の模様、泣く赤子、震へる子ども、崖から身を投げる婦人、炸裂する原子爆弾、空襲で焼き焦がされた炭のごとき遺体‥ をつぎつぎ映しだしていき、さうした惨禍のすべてが、終戦をもつと早くに決断されなかつた天皇の責任であるとさへ言ひたげにみえるからです。
 ごていねいにも、「責任をおとり遊ばしてご退位あるべき」と記した木戸幸一日記の一部を画面一杯に映し出してもみせる。
 番組の前の方で、戦前の統治システムとして、天皇は政府の決定を裁可する立場、決定の責は政府が負ひ、天皇は無答責であると説明したばかりだといふのに‥
 日本がポツダム宣言受諾に向かふことは百も承知のはづの米軍の、都市への無差別爆撃も原爆投下も立派に戦争犯罪であります。なにもその責めまで日本が負ふてやることはないでせう。とあたりまへのこともいへないのが、戦に負けるといふことなのでせうが‥。

 かういふ番組づくりをみてをりますと、未来永劫、日本を敗戦の屈辱に縛り付けておきたい意志が、いまだ強固に働いてゐるのだと再確認させられます‥
スポンサーサイト

コメント

いはゆる日本の一番長い日。エミたんのブログ中断もながかったね。おかえり。えみため節は健在で。貴女の歴史観には圧倒です。

2008.09.05  パリ煎  編集

お久し振りです。
そしていきなりの長文失礼致します。

その回の「その時・・・」は観ていなかったのです、えみたさんの日記見ていて私もえみたさんの意見に激しく同意しました。
何故戦後60年余りが経過した今でも根強く戦争の責任や罪を日本になすりつけていられるのか。何故無差別攻撃をし、人道に外れた原子爆弾を落とした米が罪にとわれないのか。「勝てば官軍」とは言いますが、もうそんな時代ではないはずでしょうに。戦争がなくならないのならば、せめて公平に裁かれるべきだと、私は思います。

2008.09.07  kotokoto035  編集

>パリ煎さま、ありがたうございます(^^)
 ご訪問くださいますおかげで、書くっ!といふ気持ちがつながります。
 それにつけても、伊勢白山道さんはすごいですね‥!
 書くのみならず、数百にのぼるであらうコメントに目を通されるのですから。お役目を負ふ、とはかういふことなのですね‥
 ところで、パリ煎さまのブログは、どちらをお訪ねすればよいのでせう?なんだかとても楽しさうなのですが(^^)

>kotokoto035さま、ありがたうございます!
 ごぶさたいたしてをります。
 歴史に造詣ふかいkotokotoさまに同意していただいて、本当にうれしいです‥
 歴史を振り返るとは、なんらかの形で、時代時代の人たちの無念の思ひを受け取り、なぐさめることなのかもしれない、と思ひます。知らなくても生きていけるかもしれないですが、知れば知るほど、じぶん自身の命もたいせつに思ふやうになるのかもしれません。

2008.09.08  えみた  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 08
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。