えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

神界からの転生者だか現代感覚がなかった。

日本の浄化に繋がる手段は日拝。それ以外ないの相曾さんの言葉に佐藤さんは太陽を崇めアマテラスオホミカミと唱えるのは現代に生活している人々にの現実感覚から遊離している。他人にこの話ししたら噴飯ものだと。 日拝って本当に実践的な力を生む行為だと思うけど。世の中の支持を得るには硬い言葉を現代風にアレンジする必要があると思う。横文字にするとかもっとライトでポップな感覚にしないと世の中の最大公約数は得れない。霊気もレイキにしてからブームになったし。ちょっとした工夫で臨界点に達すると思う。言葉選びが浸透を左右する。

2008.08.21  パリ煎  編集

神事について

相曾氏の件ですがwikipediaからは削除されています。如何なる意図によるものかは不明です。なお、神道においては神事は秘め事であり公開することはありません。もちろん日拝についても限られた門人にしか伝えていません。したがって佐藤愛子氏の著作においても正確に説明されてはいません(誤植さえあります)
そのような訳で、氏には現代受けしようとか世間に広めようとか名前を売ろうとか儲けようとかというような俗世間的な気持ちは見られませんでした。一部の門人にしか神事を伝えようとしなかった氏の姿勢は「結局、真剣に求めようとする人間にしか理解できないのだ」という氏の体験から来る想いのゆえだったと思います。佐藤愛子氏が未だに著作の中で氏のことを取り上げ続けておられる理由も、その辺にあるではないでしょうか。

2009.03.28  kotomuke  編集

ありがたうございます!

>kotomukeさま
 このたびはご訪問くださいまして、ありがたうございましたm(__)m
 ご指摘いただきまして、Wikipedia をのぞいてみましたが、たしかに「霊能者」の稿から相曾誠治氏のお名前が消えてゐましたね。記事の書き換へ履歴のやうなものがあればいいのに、と思ひます(´・ω・`)
 佐藤愛子さんのご本の中で、佐藤さんが相曾氏に、もしかしてあなたは神界から来られた方ですか、と尋ねられると、氏は「私は言向命と申します」と答へられた…とあつたと思ふのですが、kotomuke さまは、そこからHNをとられたのでせうか? 相曾誠治氏に師事してをられた方でいらつしやいますか? 

2009.03.29  えみた  編集

いいえ、師事する立場にないので師事はしておりません。kotomukeというHNをメッセージとして用いていること以外には自分の素性を明らかにするようなことに触れることはできません。

2009.03.31  kotomuke  編集

お答へありがたうございます

>kotomuke さま
 たいへん失礼いたしました。
 相曾誠治氏が帰幽されましても(帰神と申すべき、なのでせうね)、志を継がれる方たちが黙々と活動されてゐることが伺えました。
 ご訪問感謝申し上げます。

2009.04.02  えみた  編集

NoTitle

好意的な扱いをしていただき、こちらこそ感謝申し上げます。

2009.05.30  kotomuke  編集

日拝作法

太陽拝は勿論、相曽さん直伝の太陽拝です。

ある印(ムドラー)を組んでもいいのですが榊を太陽にかざしても
いいんです。榊をかざしても印を組んでも肉眼で太陽がまぶしくないんです。
もう一つの方法として水鏡と言って、容器に清浄な水を張り、
水に映った太陽に対して、行なってもOKです。そうです。その言葉を唱えながら行ないます。呼称は存じ上げませんが、確か小指で三角形を作りお日様を
その中に入れて親指でも下向き三角形を作って口をそこにもって
いく・・・だったと思います。
アマテラスのスは発音しません。
そのまま息を吸い込む音をスとします。
吸い込んだ息は、そのまま臍下丹田にまで引き入れて、
吐息を使ってオオミカミと唱えます。
正確にはオホミカミと唱えたと思います。
五指の頭をつけるのではなく親指と小指以外は内側へクロス
させます。
そして小指と親指だけ指頭をつけて小指の上向き三角形の中に
太陽を入れます。
下向きの親指三角形の中に口元を入れます。

そうしますと太陽を見てもまぶしくなく、息もキレイに吸えたり
吐いたりできるはずです。

個人的にはこちらの方が榊と同じ効果があってよいかと・・。
太陽拝ですが、日の出から10時くらいまでが太陽光線としては
最適でそれを過ぎると、エネルギーはどんどん弱くなり好ましく
ないエネルギーらしいのでお気をつけください。

それから太陽拝が終わったら必ず
一二三・・・・・九十まで
ひとふた○○いつむよ○○やここ○○○もの○・・・・
と声にだして数えてください。

太陽拝の順序です。
1.○ホ○ミ○ミ○○・・・太陽に向かってうつむき加減でOK。
回数には特に厳格な決まりはなかったと思います。私は3回。
言霊的には太く丸い神様。その姿を現したまえ。

2.ひと、ふた~ももちよろず

3.印を組んで‘アマテラスオホミカミ’

2009.07.22  岩城峰雄  編集

ご教示ありがたうございました

>岩城さま
 ごへんじおそくなりまして失礼いたしました。
相曾誠治さん直伝の(!)「日拝」の作法につきご教示いただきましてありがたうございます。あらためて記事にさせていただいてもよろしうございますか?(^^);
 つたない記事ですが、ご訪問くださいましてありがたうございましたm(__)m

2009.07.25  えみた  編集

どうぞ、記事になさってください。
相曾先生に生前教わった方法ですので。

2009.07.30  岩城峰雄  編集

同感です

私も自分自身の経験から佐藤先生を信じています。文壇からは馬鹿にされ、それでも、人々に警鐘を鳴らしている佐藤先生に頭が下がります。


2010.04.27  三宅久子  編集

佐藤愛子さんのこと

まさに文士、「文」のサムライの風格でいらつしやいます。アイヌの女戦士として馬を駆つてをられたといふ過去世もさもありなん… そして、本当に優しくて。”そんなこといふ奴はあたしがひつぱたいてやる!”のくだりには涙が出ます。三宅様も、佐藤愛子先生のやうなご経験をされたのでせうか? 先生のお書きになるものには、率直さと誠実の芯が通つて、深いところで人を鼓舞するものだと思ひます。
 ご訪問ありがたうございましたm(__)m

2010.04.30  えみた  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.08.05    編集

私も

佐藤愛子先生の「私の遺言」や「あの世の話」を読んで相曽先生のことを知りました。

岩城様は相曽先生ご存命時に直々に日拝作法を学ばれたのですね。
えみた様、岩城様のお陰で私も知ることが出来ました。
ありがとうございました。

少しでも、日本の波動が上がると良いですね。

2010.09.21  美琴  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

yuigon.gif「日拝」を勧められてゐる相曾誠治さんは、いはゆる「古神道」にぞくする宗教家です。私が初めて相曾氏のことを知つたのは、佐藤愛子著『私の遺言』を読んでのことでした。

本の中で佐藤愛子さんは、相曾氏を「原始神道の真髄を究めた神道の大家。神人合一の境地を拓かれた聖者」と紹介されてゐます。それほどの方なのに、なぜ私たち一般人に、その名が聞こえてこないのか。いまためしにweb上で相曾誠治と検索してみましても、はなはだ情報がすくない。Wikidediaにも独立した一項がありません。
 どうやら、氏の神道研究により、世に名をなしてをられる”教祖”の方々は、相当耳痛いことを言はれたらしいのですが‥
 
 それでも「知る人ぞ知る」存在であつたからこそ、北海道の別荘での怪異現象に悩む佐藤愛子さんに引き会はせる人があつたわけで‥それを佐藤さんが書いてくださつたおかげで、相曾誠治の名が広く知られるところとなりました。

 ただ、それ以上の情報が、やはりすくないですね(´・ω・`)
幸い、相曾氏の著作、講演ビデオなどがでてゐますから、それに直にあたつたはうがよささうです。山雅房で取り扱つてゐます。

 しかし。許せないのはYahoo! 知恵袋だ!
相曾誠治先生について、何かご存知の方がいらしたら、何でもよいので、教えて下さい
といふ真剣な問ひに対し、Wikipedia の「霊能者」の項から
霊能者・霊感体質を自称する人の一覧 相曾誠治(あいそ・せいじ)どちらかというと古神道家」といふ個所をかぢり取つてきて、それに
麻原彰晃と同類の様です
とイタチの最後ッ屁のやうにくッつけて、これがベストアンサーで解決済み、とは!
言ふに事欠いて、麻原彰晃の同類とは何だ!なめとんのか!!

‥いや、これぞ確信犯でありませう。
Yahoo! にしたら、日本人を覚醒させるやうな、すぐれた人の言辞に近づけさせまい、といふのが至上命令!なのですね?


(2009年4月2日追記)
 kotomuke さまのご指摘によりまして、Wikipedia の「霊能者」の稿を確認しましたところ、相曾誠治氏に関する記述が削除されてゐました。
 また「Yahoo!知恵袋」につきましても、当該の質問と回答は削除されてをります。質問者が取り下げたものか、期限切れで掲載されなくなつたものかは確認できてをりません。

 ですが、一時期このやうな回答が掲載されてゐた、といふ事実として、このエントリーに記録しておきたく存じます m(__)m
スポンサーサイト

コメント

神界からの転生者だか現代感覚がなかった。

日本の浄化に繋がる手段は日拝。それ以外ないの相曾さんの言葉に佐藤さんは太陽を崇めアマテラスオホミカミと唱えるのは現代に生活している人々にの現実感覚から遊離している。他人にこの話ししたら噴飯ものだと。 日拝って本当に実践的な力を生む行為だと思うけど。世の中の支持を得るには硬い言葉を現代風にアレンジする必要があると思う。横文字にするとかもっとライトでポップな感覚にしないと世の中の最大公約数は得れない。霊気もレイキにしてからブームになったし。ちょっとした工夫で臨界点に達すると思う。言葉選びが浸透を左右する。

2008.08.21  パリ煎  編集

神事について

相曾氏の件ですがwikipediaからは削除されています。如何なる意図によるものかは不明です。なお、神道においては神事は秘め事であり公開することはありません。もちろん日拝についても限られた門人にしか伝えていません。したがって佐藤愛子氏の著作においても正確に説明されてはいません(誤植さえあります)
そのような訳で、氏には現代受けしようとか世間に広めようとか名前を売ろうとか儲けようとかというような俗世間的な気持ちは見られませんでした。一部の門人にしか神事を伝えようとしなかった氏の姿勢は「結局、真剣に求めようとする人間にしか理解できないのだ」という氏の体験から来る想いのゆえだったと思います。佐藤愛子氏が未だに著作の中で氏のことを取り上げ続けておられる理由も、その辺にあるではないでしょうか。

2009.03.28  kotomuke  編集

ありがたうございます!

>kotomukeさま
 このたびはご訪問くださいまして、ありがたうございましたm(__)m
 ご指摘いただきまして、Wikipedia をのぞいてみましたが、たしかに「霊能者」の稿から相曾誠治氏のお名前が消えてゐましたね。記事の書き換へ履歴のやうなものがあればいいのに、と思ひます(´・ω・`)
 佐藤愛子さんのご本の中で、佐藤さんが相曾氏に、もしかしてあなたは神界から来られた方ですか、と尋ねられると、氏は「私は言向命と申します」と答へられた…とあつたと思ふのですが、kotomuke さまは、そこからHNをとられたのでせうか? 相曾誠治氏に師事してをられた方でいらつしやいますか? 

2009.03.29  えみた  編集

いいえ、師事する立場にないので師事はしておりません。kotomukeというHNをメッセージとして用いていること以外には自分の素性を明らかにするようなことに触れることはできません。

2009.03.31  kotomuke  編集

お答へありがたうございます

>kotomuke さま
 たいへん失礼いたしました。
 相曾誠治氏が帰幽されましても(帰神と申すべき、なのでせうね)、志を継がれる方たちが黙々と活動されてゐることが伺えました。
 ご訪問感謝申し上げます。

2009.04.02  えみた  編集

NoTitle

好意的な扱いをしていただき、こちらこそ感謝申し上げます。

2009.05.30  kotomuke  編集

日拝作法

太陽拝は勿論、相曽さん直伝の太陽拝です。

ある印(ムドラー)を組んでもいいのですが榊を太陽にかざしても
いいんです。榊をかざしても印を組んでも肉眼で太陽がまぶしくないんです。
もう一つの方法として水鏡と言って、容器に清浄な水を張り、
水に映った太陽に対して、行なってもOKです。そうです。その言葉を唱えながら行ないます。呼称は存じ上げませんが、確か小指で三角形を作りお日様を
その中に入れて親指でも下向き三角形を作って口をそこにもって
いく・・・だったと思います。
アマテラスのスは発音しません。
そのまま息を吸い込む音をスとします。
吸い込んだ息は、そのまま臍下丹田にまで引き入れて、
吐息を使ってオオミカミと唱えます。
正確にはオホミカミと唱えたと思います。
五指の頭をつけるのではなく親指と小指以外は内側へクロス
させます。
そして小指と親指だけ指頭をつけて小指の上向き三角形の中に
太陽を入れます。
下向きの親指三角形の中に口元を入れます。

そうしますと太陽を見てもまぶしくなく、息もキレイに吸えたり
吐いたりできるはずです。

個人的にはこちらの方が榊と同じ効果があってよいかと・・。
太陽拝ですが、日の出から10時くらいまでが太陽光線としては
最適でそれを過ぎると、エネルギーはどんどん弱くなり好ましく
ないエネルギーらしいのでお気をつけください。

それから太陽拝が終わったら必ず
一二三・・・・・九十まで
ひとふた○○いつむよ○○やここ○○○もの○・・・・
と声にだして数えてください。

太陽拝の順序です。
1.○ホ○ミ○ミ○○・・・太陽に向かってうつむき加減でOK。
回数には特に厳格な決まりはなかったと思います。私は3回。
言霊的には太く丸い神様。その姿を現したまえ。

2.ひと、ふた~ももちよろず

3.印を組んで‘アマテラスオホミカミ’

2009.07.22  岩城峰雄  編集

ご教示ありがたうございました

>岩城さま
 ごへんじおそくなりまして失礼いたしました。
相曾誠治さん直伝の(!)「日拝」の作法につきご教示いただきましてありがたうございます。あらためて記事にさせていただいてもよろしうございますか?(^^);
 つたない記事ですが、ご訪問くださいましてありがたうございましたm(__)m

2009.07.25  えみた  編集

どうぞ、記事になさってください。
相曾先生に生前教わった方法ですので。

2009.07.30  岩城峰雄  編集

同感です

私も自分自身の経験から佐藤先生を信じています。文壇からは馬鹿にされ、それでも、人々に警鐘を鳴らしている佐藤先生に頭が下がります。


2010.04.27  三宅久子  編集

佐藤愛子さんのこと

まさに文士、「文」のサムライの風格でいらつしやいます。アイヌの女戦士として馬を駆つてをられたといふ過去世もさもありなん… そして、本当に優しくて。”そんなこといふ奴はあたしがひつぱたいてやる!”のくだりには涙が出ます。三宅様も、佐藤愛子先生のやうなご経験をされたのでせうか? 先生のお書きになるものには、率直さと誠実の芯が通つて、深いところで人を鼓舞するものだと思ひます。
 ご訪問ありがたうございましたm(__)m

2010.04.30  えみた  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.08.05    編集

私も

佐藤愛子先生の「私の遺言」や「あの世の話」を読んで相曽先生のことを知りました。

岩城様は相曽先生ご存命時に直々に日拝作法を学ばれたのですね。
えみた様、岩城様のお陰で私も知ることが出来ました。
ありがとうございました。

少しでも、日本の波動が上がると良いですね。

2010.09.21  美琴  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こよみ

2017 / 06
-4111825
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
3101724-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。