えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 まさかの「中国人船長を処分保留のまま釈放」から1週間にならうとしてゐます。
 あまりの衝撃に、”あゝ、わが国はこのままずるずる亡国の淵へ――”と、もうそこいら辺を人民解放軍やらが跳梁跋扈して大和民族に恣(ほしいまま)な殺戮を働いてゐるかのやうな幻影(!)まで浮かんできてしまひましたが…(´・ω・`)

 こんなときこそ、「事実」をしつかり検証しませう! と、9/29の関西テレビ『アンカー』のニュースDEズバリ!のコーナーで、青山繁晴さんがおつしやつてゐます。
 あのドタバタ釈放劇の背後には、実際にはなにがあつたのか??

aozb929a.gif

 19日、中国人船長の拘置延長が決まると、中国政府はきはめて強硬な態度に。それまでは、日本政府は船長を釈放するものと「予測」して、船長に毎日のやうに大使館員が接見して、弁護士も拒否せよ供述もするなと指導にこれつとめてゐたところ、検察は起訴の構へであることを知つては大慌て。船長が公判に引き出されるとなると、尖閣諸島はのものであると世界に向かつてアピールされてしまふから。それはまづい!と中国は、温家宝首相じきじきに「即時釈放」を求める。すると、こんどは菅総理が慌ててしまつた…。

22日のNY行きを前に、総理は仙谷官房長官に言ひ置いた。
”NYにいる間に解決してくれ”

aozb929b.gif

 そこで官房長官は、柳田法相にもちかける。中国人船長を超法規的に釈放せよと。
 もし応じなければ、
”このままでは指揮権を発動せざるを得なくなる可能性もあるが、それでもいいのか?”と。
 検察内部では、それなら指揮権を発動して貰はうではないか。”超法規的”措置とはいへ、指揮権発動そのものは法の埒内のことなのだから、との意見が大勢であつたさうです。
 しかし。

aozb929c.gif

 法相からゲタを預けられた検事総長は、指揮権が発動される前に自らの判断で船長を釈放。 自らの保身と組織防衛のために。

 さらに青山さんは、もうひとつの圧力として、経済界からのそれを指摘します。

を怒らせて、ものを買つてもらへなくなつたらどうするんだ!”との圧力。

 かういふ圧力に負けて、国の針路が歪められることこそ「亡国」の兆しであると。

 しかし、わるいことばかりでもない(`・ω・´)
 中国政府にも誤算はあつた。それは、このたびの騒動で、これまで「領土」問題などに関心の無かつた層までもが、はつきり問題の所在を知ることになつたといふこと。

 日本国民の目が覚めた。

 chinagosan.gif

 ――ぜひともさうあつてほしいものです!
 まだまだ反日放送局に目と耳をふさがれてはゐますが、確実に、気づきは広がりつつあるのです


 いつ消されるか分りませんが…(´・ω・`)
 Youtubeに上げてくださつた動画を貼つておきます。
 お早めにごらんいただきますやう

10 09 29 青山繁晴がズバリ! 中国人船長釈放の舞台裏 2/3
 投稿者 01stock01


10 09 29 ao chu 3/3
投稿者 01stock01

スポンサーサイト

2010.09.22

中秋の月2

chushu2010c.gif

 月に叢雲……(´・ω・`)

”翌年の、今月今夜のこの月を” 昭ちやんの涙が曇らせたのでせうか。
 いや、それ、日付違ふから。「命日」は10月4日だから……

 だらしないぞ日本!つて――きつと思つていらつしやる

chushu2010a.gif

 夜半には雲の切れ間から、燦然と。

chushu2010b.gif

 輝き出づるお月さま。

 お天道さまもさうですけれど、お月さまには”見守つてゐるからね”といふやうな気を感じてしまふ。地球といふいのちの舟の、見守り役のやうにも思へます。

 中川さんもきつと、見守つてくださつてゐるはづ……(`・ω・´)ゞ

chushu2010u.gif 月見団子ならぬ月見うさぎ?いただきます。いつの日か、すすきを飾つてお月見の宴と洒落たいものだ…。

chushu2010.gif

「中秋の名月」のひと夜前、十三夜の月です。とつても佳いお月さまなのですが、ケータイのカメラではね…(´・ω・`)
”穴のあいた黒い紙??”と思はれた方ごめんなさい!

 さうか、もうすぐ一年になるのか……。

 昨年、中川昭一氏が突然の死に見舞はれたのが、中秋の月を愛でた翌朝のことでした。以来、じぶんの決めごととしたのが、「中秋の月」に中川昭一を思ふといふこと。日付は多少ずれますが、月をよすがに思ひ出すこと、天の明鏡に照らして、おのが努力のたりなさを顧みること……大切だと思ひます。

 われらが中川昭一をなくしてからといふもの、中国資本はこの敷島を意のままに買ひ漁り、水資源に危機が迫つてゐます。なるほど、向うの目からみたら、中川昭一はいかに邪魔者であつたことか。われら愚かなる羊の群れは、狡猾な狐の煽動するまま、われらを必死で護つてくれる頼もしい牧羊犬を、石もて逐いはらつてしまつた。狼の群れが大挙して押し寄せようといふのに…(´・ω・`)

 ごめんなさい! 中川さん―――!!

chushu2010x.gif

に誓つて、この敷島は渡しません!(`・ω・´)ゞ

shindou3.gif
 
 NHK教育テレビ・ETV特集「98歳・新藤兼人の遺言」をみたところです。最後の作品に挑む映画監督――これはまた、重さうだな……(´・ω・`)と躊躇しつつ。
 おそらく映画人生最後になるであらう作品で、新藤兼人みずからの戦争体験を描いた。戦争末期、松竹大船撮影所で美術監督として働いてゐた新藤に召集令状が届く。同年輩の”老兵”たち100名がまづ送られた先は奈良・天理市。そこで予科練の少年兵たちを世話したあと、くじで選ばれた60名がフィリピンへ、残りのうち30名は潜水艦勤務へ。そのいずれにも漏れた10名は宝塚で内地勤務、さらに4名が戦地へ向かひ、最後まで残つた6名のうちの、ひとりが新藤兼人だつた。かうして生き残つたことを「原罪」だと新藤兼人はいふ。同様に生き残つたひとりで、平成元年まで大阪・八尾市で暮らしてゐた男性は、生涯戦争中のことを家族に語らなかつたとか。その人もまた、「原罪」をかかへて生きたのでせうか。かくして生き残つた新藤兼人は、「二等兵の目」からみた戦争をえがく。戦争は、戦場でだけのことではない。あとにのこされた家族を壊すものなのだ……。
 ロケ地の農村のお年寄りが、出征風景の撮影を見て涙を流していらした。いかに時間が流れやうと、癒しやうのない痛みが残りつづけるのですね。
 
shindou1.gif
 
 新藤兼人最後の映画「一枚のハガキ」は、自身戦友のひとりから、郷里の妻から届いたハガキをみせられた経験をもとにしてゐる。新藤兼人は、その妻とその家族を、想像を加へて描く。夫が戦死したあと、義父、義母をあいついで無くし、ただひとり残される「友子」。その友子のもとを、新藤兼人自身の身替りともいふべき「啓太」が訪れる。彼の手元に残つたハガキを届け、彼が知る限り戦友のことを語り聞かせるために。しかし、戦死と聞かされた夫の死が、輸送中敵潜水艦に撃沈されての死であつたと聞かされて、友子は錯乱に陥る。さうして、啓太をののしつて叫ぶ。「なぜ、生きている? なぜ、死ななかった!」と。
 新藤兼人は、自身そのことばを浴びせられたかつたのか。贖罪のために。かれの罪などではないけれど、生き残つたことの申し訳なさに、ある日一家の働き手を無造作に奪ふ戦争の罪を、あきらかにしないではゐられなかつたのか……。

shindou2.gif

 友子を演じたのは大竹しのぶ。文句無しの「名優」ですが、戦時中の農家の嫁の髪型が、イマ風の、綺麗にデザインカットされたショートヘアだつたのには、やはり違和感がありました(´・ω・`) あとの啓太と会ふシーンでは、結へるところは結つてありますが。齢98の新藤兼人監督は、右目はほとんど視力がなく、左目も白内障にかかつてゐるさうで、これがもしお若いころなら、かうした不調和?を見逃しはされなかつたことでせう。
 もつとも、これは「表層」にとらはれた見方をすべき映画ではありませんね……

 45日間の撮影を終えた新藤兼人監督は、スタッフが運ぶ箱の表に、「生きてあるかぎり」とサインをしたためました。おそるべき表現意欲、生命力であります。来夏の公開ださうですが、そのとき99歳になられる新藤兼人監督が、お元気でその上映をごらんになれますやう…

 同日(9/19)の深夜、茶道裏千家家元・千宗室氏が「特攻体験」を語るドキュメンタリーもありました。いま、これを語つておかねば――さういふ思ひに突き動かされて行動される方のことを、あちこちで見聞きした夏でありました。

nasarobot

 9月16日読売新聞夕刊1面に掲載された、この写真に目を奪はれました NASAが公開した火星探査車ださうですが、多足歩行のロボット?ときて即思ひ出すのが『攻殻機動隊S.A.C』の”思考戦車”タチコマ。まさかこれ、タチコマがモデルなんぢや??
しかし、可愛くない。
デザインは にまかせろ!なんちて。

tachikoma

 日本人がロボットなるものに対して、可愛く、人に近いものであれかしと願ふのは、『鉄腕アトム』以来の強烈な刷り込みによるものなのかもしれませんが、この製多足歩行ロボットのむきつけな”実用志向”を前にして思ふのは...「これ、ほとんど兵器だよね??」

 YouTube に公開されて話題の四足歩行ロボットBigDog、アメリカのBoston Dynamicsとジェット推進研究所、ハーバード大学の開発になるこのキカイは、起伏の多い地形などでの荷物の輸送用途での利用を想定した、れつきとした軍用ロボットなのだとか。

Big Dog
 投稿者 quotv


 ど素人の想像の及ぶところではありませんが、すでにハチドリ大の超小型偵察機だの、荒地をずんずん進んで動くもの=人間を狙撃するロボットなども実用化されてゐると聞きます。戦闘はロボットまかせ、地球の裏側での戦争を遠隔操作で指揮したあとは、定時で帰宅して家族と食事をかこむ、といつた戦争がふつうのことになつてゆくのでせうか...

 そんなことに使はれるロボットだつて、心のどこかで(!)痛みを感じてゐるのに違ひない...
と、ウェットな日本人は考へてみる。
 ”彼ら”が究極の戦闘マシンを追求するなら、やまとだましひの研究者にはをもつロボットを生み育ててほしい... って、もうそれは実現してゐるのかも。あの奇跡の頑張りをみせてくれた「はやぶさ」には、魂が宿つてゐたとしか思へない。

さよならバトーさん
 投稿者MasakoOba


 もひとつおまけ。
 こんな”ヴィジョン”をみてしまつたからは。そう遠くない日に路上で実見することになるのかも、ですね。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX タチコマ疾走篇」(30秒)
 投稿者 iguchiyuta

 9/10に追記しました(´・ω・`)
kiku.gif

 今日9月9日は「重陽の節句」、陽の最たる「九」が二つ重なり陽の気はなはだし、として邪気を払ふため菊酒を飲む習はしから菊の節句といはれるさうですが、新暦のもとでは菊の季節に合はぬため、しだいに行はれなくなつたやうですが…(´・ω・`)

 時まさに陽の気極まりて残暑さかんでありますが、菊花の候ももう、すぐそこに。

 写真はことまち写真館サイト中の太宰府天満宮 菊花展2009から拝借いたしました
 目の覚めるやうな美しい菊の写真がいつぱい♪

 で。Wikipedia で「重陽」の項をみてをりましたら、こんな記述にでくはしました。

中国で重陽が正式な節句として認められたのは漢代である。劉歆による『西京雑記』に、高祖の愛妾であった戚夫人が殺害された後、宮廷より放逐された侍女の賈佩蘭が、9月9日は宮廷では茱萸を肘に下げ、菊酒を飲み長寿を祈る習慣があったと人に話したことにより、民間でも祝われるようになったとある。



 ここで戚(せき)夫人の名を見ようとは。漢の高祖劉邦の正妻・呂后と、息子を後継者にしようと争つて敗れ、高祖の死後、呂后からおそるべき報復を受けた。喉を灼かれ四肢を切断されて厠に放り込まれ「人豚」と嘲られたひとですね…。呂后の息子・恵帝はこれをみてショックのあまり早世してしまつた。その後も呂后は恐怖政治を布いて廷臣を震え上がらせたが、身内の呂一族は高い地位に引き上げて兵馬の権を与へ、幾重にも安全策をほどこしたつもりであつたのに、呂后の死後一族は誅戮されてしまふ…。
 それからそれへ、呂后、恵帝、高祖劉邦、張良、陳平、秦の趙高…と芋ヅル式にひいていつたらもう止まらん。お、おもしろすぐる……。「大陸性」とでもいふのか、攻めるにしろ隠忍して嵐をやりすごすにしろ、その生き方のなんと苛烈で徹底してゐることか。とてものことに、われら日本人とは”おなじアジア人”とか”同文同種”などといつてひとくくりにすることができない「異質」さをあらためて感じたことでした(´・ω・`)

9/10追記
shincho35.gif さうして眼を現代日本に転じますと。
 発売中の週刊新潮9月16日号に、これまた中国がらみで肝を冷やす記事が
「日本人は知らない『中国語新聞』のとんでもない中身」
 昨年の中国人入国者は、観光客を含め124万人、また外国人登録者数は68万人、さらに今年はビザ発給要件の緩和で激増の模様といひますが、さうして大挙日本に棲み付いてゐる中国人に向けて、現在50紙にのぼる中国語新聞が発行され、生活に密着した情報から、たぶんにいかがわしい就職斡旋、また生活保護受給ノウハウなど、日本の法をかいくぐり快適な生活を営むための知恵が満載されてゐるのだとか。

nihoneshi2.gif

その「中国語新聞」を手にする人々は、日本に永住する気満々ではあるが、日本語はじめ日本の文化に合はせる気はハナからなく、中国人ばかりのコミュニティを形成し、かつそれをじわじわと拡げてゆく。

 そこへわが亡国の民主党政府が、「外国人参政権」を付与したらどうなるか。
 同じ9月16日号に「『小沢一郎総理』ならば日本は壊死する!」
と掲げた記事にいふとほり、”日本の中に外国”が出現する日が遠からず現実になるのです。大陸から押し寄せる、圧倒的な数、いえ量の力、「人口侵略」のまえに、わが国はなすすべもなく崩壊するのではないか……。

nihoneshi.gif

 猛暑にうなされてみた真夏の夜の悪夢、とばかりも言ひきれません。
 現在進行中の民主党代表選ですが、つとに新聞社説や週刊誌記事などで指摘されてゐる「外国人サポーター」問題について、民主党は一向に「善処」する様子もない。そぶりもない。小沢氏など「それは党のことであつて」と我関せず?!?の構へ。TVは全くと言つていいほど報じませんから、このまま頬かむりして突つ走るつもりなのでせう。もう「外国人参政権」は成立してゐる!(`・ω・´)

nihoneshi3.gif

 9月8日関西テレビ「アンカー」で、青山繁晴氏が”この民主代表選には重大な疑義がある。外国人による投票の件で違憲訴訟にかけられる可能性あり”と指摘されてゐます。しかしこの政府ですから…”違憲”を問ふ動きそのものを圧し潰しにかかるのではなからうか。TVが絶対の味方で都合の悪いことは国民の眼にも耳にもふれさせませんから……

 菊の香に思ひをはせる風流いまだし、まだまだ熱暑の憂ひは続きます

9/7朝7時の投稿ですが…前日の日付にいたしてをります(*´∀`)

hisasama4a.gif 

 秋篠宮家ご長男・悠仁親王殿下は、満四歳のお誕生日をお迎へになりました。

 若木の宮のおすこやかなるご成長に、心よりのおよろこびを申し上げます。

 ばんざい!\(*´∀`)/\(*´∀`)/\(*´∀`)/

 殿下は福耳でいらつしやる。民の声をよくお聞きくださる名君とおなり遊ばしますことでせう。

hisasama4c.gif
写真は8/18那須の御用邸で。笑顔で走る悠仁さま

悠仁さま4歳に 気持ち交えお話も
 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは6日、4歳の誕生日を迎えられた。宮内庁によると、今春入園されたお茶の水女子大付属幼稚園(東京都文京区)での生活に慣れ、毎日元気にお過ごしになっている。
 夏休みは那須御用邸(栃木県那須町)や軽井沢にも滞在され、お姉さまの眞子さま、佳子さまとも頻繁に遊ばれた。最近は話す内容が広がり、幼稚園の友達のことや経験したことを、気持ちを交えながら順を追って話すようになられたという。秋篠宮ご夫妻のことは「お父さま」「お母さま」と呼ばれている。
 捕まえたカブトムシやクワガタムシに餌をやったり、お住まいの宮邸の庭で育てているジャガイモ、トマトを夏に収穫したりするなど、生き物や植物とかかわりながら生活されている。
 幼稚園では「悠仁くん」と呼ばれており、友達と砂場やジャングルジムで遊んだり、保育室で線路をつなげて電車を走らせたりされている。秋篠宮妃紀子さまは、公務を行いながら可能な限り送り迎えをしており、5月には東京・新宿御苑で行われた親子遠足にも参加された。
 昨年の誕生日のころに好きだった三輪車は「卒業」し、現在は眞子さま、佳子さまが使われていた補助輪つきの自転車に上手に乗られているという。(産経ニュース)


hisasama4b.gif

 この夏は、悠仁さまにはたのしくお過ごしあそばされたやうです。
 8月那須で、お父様と虫取りに。ただ来た見た取つた(!)といふのでなしに、ひとつひとつの機会をとらへて、自然との対話を促される父殿下のご教育がうかがはれます。

 来年は、皇族のみなさまに見守られてご成長を祝はれる「着袴の儀」に臨まれます。
 両陛下のお喜びはいかばかりかと…(ノД`)゜
 その日を、たのしみにお待ちいたします




 6日、愛子内親王は学習院初等部の2学期を迎へられましたが、始業式には出席されず9時前にご登校、母雅子妃が参観するなかホームルームに出席され、10時半には帰宅の途につかれた由。

 やはり続いてゐるのですね、不規則登校……(´・ω・`)

aiko100906.gif

 東宮家におかれましては、東宮御所に愛子内親王のおともだちを招いての「夏祭り」、業者を呼んで焼きそばや金魚釣りなどの屋台もしつらへてお楽しみになり、また日も落ちてから「スイカ割り」に興じられるなど、それなりに夏を満喫されたごようす。
 静養につぐ静養で英気をやしなはれての新学期、心もあらたに「乱暴な児童」に対する恐れを克服されて、お母様のお付き添ひからも卒業され、おねえさまになられたおすがたを拝見できるかと存じましたが――

 いえ、嫌みたらしい物言ひはやめにいたしませう。
 国民の多くがお察し申し上げてゐるやうに、内親王に発達の遅れがあること、もはや隠しやうもないのだと思ひます。昨年の「こどもの国」での皇室ご一家集合は、みなさまで愛子内親王をあたたかく守り愛してゆくといふ、お覚悟の表明の場となるはづであつた。しかし雅子妃と背後に控へる実家は、がんとしてそれを受け入れず、かんじんの愛子内親王は連れて来られなかった……。
 さうして今も、学校を向うに回して、あくまで内親王を「普通に」あつかふことを強制し、そのことで生じるきしみも他の児童の負担もなんのその、どこまでも健常の「皇位継承」の可能性ある子としてごり押ししつづける、その背景にあるものは。

masako3clr.gif

 上の写真は、最近「掲示板」であらためて光が当たつたもので、皇太子同妃成婚のパレードの一こま。警官の陰に隠れて顔は見えませんが、最前列に陣取つた人物が振る旗(内)は、創価学会の三色旗。百歩譲つてこれが「ルーマニア国旗」でこの人物がルーマニア人であつたとしても(!)この状況でお国の旗を振るのは不自然デス(´・ω・`) このやうに「シンボル」とか「合図」とか「痕跡」をのこすのがかの連中の習性でありますから……。これぞまさに、”やつた!皇室に侵入成功したぞ!”の勝利宣言でありませう。そののちのに冥い影を落とす禍つ日であつたのです。

9がつ1ぴです。無沙汰にうち過ぎ滞りがちでしたブログも秋からは心機一転・・と参りたいのですが、いやそれにしても暑い たださへ暑苦しいところへ、連日新聞トップは民主代表選。このご両人の顔を見るだに暑苦しいつていふのに… それを報ずるなら、もつと国民に知ってもらふべき重大事がある(`・ω・´)

100901a.gif

shincno33.gif 週刊新潮、先週発売の33号ですが、”幽霊サポーターもちらつく怖い「民主党代表選」”と題した記事で、民主党サポーターの「危険性」を指摘してゐます。これこそ声を大にして国民に知らせるべき(`・ω・´)

民主党の”サポーター募集要項”を見ると、18歳以上で年会費2000円を支払えば”在日外国人でもOK”と記されている。これでは国籍が無くともカネさえ出せば、代表選に一票を投じることができるといっているようなもの。(週刊新潮9月2日号)



minshudaisen2.gif

 さらに同記事には、代表選の選挙権(!)を有するサポーターに対し、”本人確認の項目が全く見当たらず””応募用紙の住所に本人が住んでいる保証もない”との指摘が 
 といふことは、昨年の衆院選でも組織的に民主党を支援した民団が、それこそ大勢の「サポーター」を出し、その数を水増ししてゐたとしても、確かめる手だてがないといふことに
日本の総理大臣が、外国人の投票によつて選ばれようとしてゐる! といふか、このどちらが選ばれたところでわが国のためにならないことは自明でありますが この党員になるにも国籍制限を課さない、”外国人政党”民主党のヤヴァさがもつともつと知られなくてはなりません(`・ω・´) 
おみこしワッショイでこの代表選を盛り上げることしか頭に無いマスコミがこの調子ですから、善意の日本人のかたがたの口コミだけがたより

こよみ

2010 / 09
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
3101724-
4111825-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。