えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aki44a.gif

 今日、秋篠宮文仁殿下は44回目のお誕生日をお迎へになりました。

 殿下、おめでたうございます!  \(´∀`)/ \(´∀`)/ \(´∀`)/

 秋篠宮両殿下の記者会見でのおことばを、宮内庁サイトから読ませていただきました。
 ご成長著しいお子様がたのことをお話しになる両殿下には、きめこまやかなご愛情が感ぜられて、民草も感動いたしました(^^)

aki44c.gif

妃殿下 
この1年,悠仁は運動量が一段と増えて体力もついてきたように感じます。先ほど宮様が 話されましたように三輪車が大変好きで,随分長い距離を走らせることができるようになりました。また,見晴らしの良い丘にかけ上って空に浮かぶ雲や遠くの 工事している建物を眺めたり,近くの林の中に入って虫探し,木の実拾い,草の実摘みなどをしたり,葉山など出かけた先の公園ですべり台やジャングルジムで そばにいる子どもたちと一緒に遊びましたり,元気に外で過ごしております。
最近の好きな遊びですが,私たち親とか娘たちと一緒に全身を使って楽しめる遊び,例えば私が悠仁の両手を取って 悠仁が逆上がりをするような形でぐるりと回転しましたり,私が軸となって悠仁の両手を持ってぐるぐる回ったりする大変素朴な遊びですが,「もう一回,もう 一回」と…(少しお考えになる)
殿下
ねだるわけね。(妃殿下を振り向かれて)
妃殿下
満面の笑みを見せている姿に,私もこたえたいという気持ちと,一方ではずっと続けていたらちょっと体力が足りないと思う気持ちもありまして,近くに宮様や娘たちがいますと助けてもらいながら,交代して遊びを楽しんでおります。



 悠仁さまをかこむご家族の、たのしさうなお声が聞こえるやうです(´∀`)

aki44b.gif

 秋篠宮ご一家の、和やかで、かついのちの輝きにあふれるたたずまひを拝見してゐますと、皇室をわが家族のやうに思ひお慕ひすることのできる、わが国の幸福を思はずにはゐられません
 明日、そしてさらに未来へと、皇統をたしかにあらしめてくださつた秋篠宮両殿下に、満腔の感謝をお捧げいたします

 記者会見でも質問がありましたが、陛下は将来の皇室の在り方について、皇太子殿下と秋篠宮殿下お二人のお考へが尊重されることが 重要であると仰せになりました。そのことに関してのお考へを問はれて、殿下は

天皇の在り方というのは, 今,陛下が常に,どうあるべきかというのを模索しながら過ごされていると先ほど申しましたけれども,やはりその考え方というのは,今後も継続されるもので あると思っております。


とお答へになり、皇族のあり方といふものは、当事者が模索しつづけていくものとのお考へを示されました。
 陛下も、また殿下も、これが精一杯の仰りやうなのだと存じますが… 皇統のあるべき継承へ向けて、ゆつくりと舵は切られつつある――との感をつよくしたことでした(`・ω・´)
スポンサーサイト

”その主人公は、近代化めざして走りはじめた小さな日本――”

 三人の主人公の若き日から語り起こす初回は、上々吉!のすべり出し。
 ”お豆腐ほどのお金を儲けてあげるけん”の10歳の信三郎、
 風呂焚きをして働きながら勉学への意志を燃やす16歳の信三郎を演じたそれぞれの子役がとてもよくて、好古ファンのワタクシは大満足(^^)

091129a.gif 松山中学在学中の15歳から、淳五郎真之は本木雅弘が、正岡子規は香川照之が演じますが、自由民権運動にことよせて(?)若さ故の鬱屈を爆発させるところ、十代になりきつての弾けッぷりにニヤニヤ(・∀・)
 ことに本木「真之」! 東京へ上る学友たちがうらやましく、思ひ屈して、のぼる(正岡子規)の妹・律から”野良犬みたい”と言はれる暗い顔から、思ひもかけず兄より上京の招きを受けて、座つたままとびはねるよろこびの爆発へ……渾身の演技だわ!
 
 真之上京――CGのチカラを借りながらも、丹念に再現される明治日本。画面の”生地”を触りながら、これは力の入つた作物だ、とぞくぞくしました。「天地人」の安ッぽいつくりにガッカリしただけに、”こつちがことしの真の大河!”やうやう真打ち登場ね(^^)

NHK:ドラマ「坂の上の雲」 露中仏英でロケ、けた外れの大作--29日から第1部
 ◇3年で3部13回放送


 歴史作家の故・司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をNHKがドラマ化。29日(午後8時)から第1部(5回)が始まる。3年余に及ぶ長期制作で、全3部13回の放送は3年がかり。国内各地はもとより、ロシアや中国、フランス、イギリスでもロケを行うなど、通常のドラマとはけた外れの大作だ。
 
 物語の舞台は明治。主人公は海軍軍人・秋山真之(さねゆき)(本木雅弘)と兄で陸軍の好古(よしふる)(阿部寛)、俳人の正岡子規(香川照之)だ。開国間もない日本が大国ロシアとの戦争に勝ち抜き、世界の列強に肩を並べる近代国家へと変貌(へんぼう)してゆく姿を描く。
 
 司馬の生前から映画やドラマ化を求める声はあった。事実、「竜馬がゆく」「国盗り物語」など、司馬の作品の多くがドラマとなっている。だが、司馬は「坂の上の雲」については映像化の申し出を断っていた。「戦争賛美と誤解されると思っておられた。NHKの大河のスケールではとても描ききれないだろう とも」。ドラマ化の最初の段階からかかわってきた西村与志木・エグゼクティブ・プロデューサーはそう振り返る。大河を大きく超えたスケールと、「戦争賛美」とはとられない脚本を用意することで、遺族や関係者の了解を得た。
 
 ドラマ独自の工夫もする。子規の妹で、原作にはさほど描かれない律(菅野美穂)を重要な役どころに配した。物語の柱の一つである旅順要塞(ようさい)を巡る戦いでも、司馬の没後に進んだ研究などを参考にしつつ、より史実に近い形を追求する。

 本木が撮影中、ドラマの仕事はこの1本に限るなど、出演者の思い入れも強い。また脚本を担当していた野沢尚が04年に急逝したことで06年の放送 開始予定が大幅に遅れるなど、紆余(うよ)曲折があっただけにNHK側の感慨も深い。西村は「映画、テレビ界でこれを作りたいと思った人がどれほどいることか。日本の映像界を代表して作らせてもらっている。変なものは作れない」と話している。【栗原俊雄】



 脚本といへば、『日露戦争物語』を描いた江川達也サンが、ドラマの脚本を書きたがつてゐたなあ…。氏の漫画でも見せ場だつた、淳五郎のヤンチャぶりや、風呂焚きしながら信三郎が福沢諭吉ヘの憧れを語る場面もシッカリ入つて、よろしかつたんぢやないでせうか(^^)

 日本人と、クリエイターたちの夢を乗せて、ドラマ「坂の上の雲」錨上ゲ!

 しかしながらそのウラ(教育テレビ)の「日本と朝鮮半島2000年」で、秀吉の朝鮮侵略を糾弾してゐるNHKですから、油断は禁物…(`・ω・´)

 スペシャルドラマ「坂の上の雲」

091129b.gif

を3Gに替へろ早くしろ。もうすぐ終了するぞ貯めたポイントも取り上げるぞ!”
と脅迫されて、やうやう重い腰を上げて機種変更して来ましたけど(´・ω・`)
 なんだかな…。

sfbk1.gif
vodafoneからソフトバンクになつて、あきらかにサービス低下しましたね。
おおッと! ボーダからこのかた替へてないのまるわかり(^^);
だつて東芝の”くーまん”ケイタイ可愛いんだもの。
ンなことはどおでもいいが、なしてソフトバンクは携帯電話本体と、
充電のためのアダプターを別々に売るでせうかね?? 
ボーダフォンのときは卓上ホールダーとアダプターが本体と一緒に梱包されてゐましたよ。
どおーせ要るもんだし、それが普通ではないですか??
1,000円也の別売りアダプターを購入にオヨビましたが、
マイレージポイントをそれに充てるにはお客様センターに電話をしてどうかう、とこれまたややこしくて…
 他社のお客をうばいとることには熱心だし、ハデな打ち上げ花火は得意ですが、
なんかその、ささいなところで利用者の神経をサカナデしてくれるのね…(`・ω・´)


sfbk2.gif

このごろ車内広告でみかけるやうになつた、新商品のデジタルフォトフレームとやら。
べつに宣伝に手を貸したいワケではないですよ。
ないけど、どうも気になるんだな、この家族…。
「犬の子」は半島のコトバで侮蔑を意味するといふし、
「黒人」もまた彼の地では非常な差別をうけるとか。
 その犬と黒人を混ぜて「日本人家族」をつくり、密かに嘲笑つて快としてゐる――
とはネット上でつとに指摘されるところですが…。


sfbk3.gif sfbk4.gif

携帯ストラップも「お父さん」と「お兄さん」の二種を展開。
何も知らない日本人が、嬉々として犬と黒人のチャームを下げて歩くのがみたいんですか??
(両方とも、今は販売終了)


 しかし…。
 知ってか知らずか、多分知らずして、
”いいぢやん可愛いものはカワイイんだし♪”と愛でてしまふニッポンジン、あるいみ最強かも??
 無心に眺めれば、「貶める」意図なんて、ただただアホらし。

2009.11.27

夜の公孫樹

 文章教室の帰り路。
”アナタには作中人物へのアイジョーが感じられない!”
 うーーーーーん…。 アタマを冷やさうと夜の御堂筋をてくてく…
 街灯に照らされる夜の銀杏並木。なにげにゴージャス♪


yoichou4.gif

yoichou1.gif

yoichou2.gif

yoichou3.gif

 夜桜にも劣らじの、夜公孫樹(!)のものすごさ。
 しかし樹々といふものは、惜しみなく与へつくすものだ…。

”向うの絵描きは容赦ないねぇ…”
hatoyamagiga.gif
The Economist Nov 12th 2009/TOKYO Illustration by David Simonds

昨日の2ちゃんねるで。

840:Trader@Live! :sage:2009/11/25(水) 23:28:53 ID: eCgR+jn2 (2)
今日、ヨーロッパの商工会議所の人達と話す機会があったの。 

日本はこれから社会主義国目指すんでしょ?pgr
って複数の人から言われちまったよ。 

OECDからダメだしくらった子供手当て政策やミンスマンセーの偏向メディア見てそう思ったみたいだよ。

どーすんだよ、マスゴミ!!オマエらのせいで日本の信用ガタ落ちなんですけど?

あ~~~もう、あたしの会社もいつか日本から撤退するのかなー

頼みの綱は検察だけだよ。



とにかく、”癌”は報道しない自由を行使するマスコミ。外からは、かう見えてるよ!といふのも、風穴をあける一助になるか?

utukusiku.gif 
 杉浦日向子さんが旅立たれて、早や四年が過ぎたのですね。本屋さんの棚に並んだ新装の文庫版『うつくしく、やさしく、おろかなり――私の惚れた「江戸」』(ちくま文庫)を見て思ひました。なにか、まだ、実感がない。いまだ船旅の途上で、ひよつくり帰つてこられるやうな…。

 杉浦さんが方々に書かれた短い文をあつめて編まれたこの本を、つひ最近図書館でみつけたばかりでした。本の題にもなつた、岡本綺堂作品集に寄せた一文「やさしく、うつくしく、おろかなり」をコピーして持ち帰り、なんどもくりかへしてよみました。

「これは江戸川の若旦那。なにをお調べになるんでございます」
 笑ひながら店先へ腰を掛けたのは四十二三の痩せぎすの男で、縞の着物に縞の羽織を着て、だれの眼にも生地の堅気とみえる町人風であつた。色のあさ黒い、鼻の高い、芸人か何ぞのやうに表情に富んだ眼をもつてゐるのが、彼の細長い顔の著しい特徴であつた。



「半七捕物帳」の第一作、「お文の魂」に初めて姿を見せる半七親分の、印象的な肖像。杉浦日向子は、それをほんのちよつと変へて、岡本綺堂の絵にしてしまひます。

 かれを生んだ作者は当時四十四五の痩形の長身で、紋付き羽織袴の威儀を正した姿の似合う、だれの眼にも立派な門をかまえる先生風であった。色の白い、端正な輪郭に、大師匠か何ぞのように潔癖の性質を映す真っ黒な瞳をもっているのが、彼の細長い顔の著しい特徴であった。



 なんと、みてきたやうな。杉浦日向子は”みてきた”人でした。ここに居ながら江戸の空気を嗅いでゐる、一帯にならぶ屋根瓦のうへの江戸の空をみてゐる人だつた。
「はやくここが江戸になったらいい」と言つたさうです。
 このひとのおかげで、江戸が近しいものに思はれた。いまや書店の書棚…といふか壁面を埋めてゐる”時代小説”の隆盛は、おほきに日向子さんの感化によつてゐるといへませう。

 ただ、「江戸三百年の知恵に学ばう!」的な見方は、チト違ふとおつしやる。
 うつくしく、やさしく、おろかなり。やくたいのなさ、おろかさをよくよく知りながら、

 でもかあいい。なによりだれよりかけがえないのだよ。

 おろかさのいとしさを、綺堂本に教はつて出直してこい、といふ。
 毅然としたその云ひぶりには、かあいい男がひどく誤解されてるのが腹立たしくてならないといふやうな、真摯な怒りが感じられるのでした。なにか、これは厳しくて、ただならぬ文章だわ…。愛することの覚悟を問ふやうな。

 あなたがさう云つたから、この一文を寄せられた「岡本綺堂集」を、及ばずながら読んでゐます。 

ichou.gif
 ”ミンスの日々”の酷さにココロ折れかけてゐましたが…。
 いや、実際折れてましたが(^^)
 年末を前に、厳しい、辛いといふ言葉がしきりと聞かれます。
 痛みが気づきにつながれば… まだ間に合ふかもしれない。

 またぽつぽつ更新してまゐります

20aniv.gif

 12日、両陛下は御在位20年の佳き日をお迎へあそばされました。

 万歳! \(´∀`)/ \(´∀`)/ \(´∀`)/

 平成の御代と申しながら、国をゆるがす大事件あり大災害あり、決して平らかなばかりではなかつた20年。昭和天皇は”東宮ちゃんがいるから大丈夫”と仰せられ、後継問題についてのご心配は無かつたことと拝せられますが… 東宮家の問題が両陛下のお心を去ることはなかつたでありませう。あまりに異質な東宮妃のありかた、外戚の絶えざる関与により、継承に一抹の不安を感ずる今、国民も安易な”カイカク!”の掛け声に踊らされず、日本の大切な大切な宝である皇室をお護りしていきたいもの…と思ひます(`・ω・´)

 それにしても…この御在位20年記念式典、できることなら「麻生総理」に取り仕切つていただきたかつた。

17日には両陛下は大阪に御幸されるご予定とか。提灯行列でお迎へに参じます!(^^)

tamura.gif 昨日本屋に寄らうと歩いてゐて、ナンとなく「真鶴」といふ字がアタマに浮かんでゐました。”何だらう、人の名まへかな?”
 そのあと入つた紀伊国屋で、平積みしてあつた田村珠芳の本『宇宙人がアセンションを語りはじめました』を手に取つて、開いたところに「真鶴」の地名があつたのでした。
 かういふ”偶然”はナニかしらイミがあると思ふ方なので(^^); ぱらぱら拾ひ読みしてみました。
曰く、2012年と2017年に大きなシフトがある/日本は北から攻め込まれ、自衛隊も同調してクーデターを起こす/日本は文字通り八つ裂きにされ、8カ国により分割統治される/富士山を皮切りにつぎつぎ火山が噴火、占領軍は日本を捨てて退却する/浄化を必要とする日本は、30年間水底に沈む―― 読んでてずーーーーんと落ち込みました。
 いま、なんとか売国を食ひとめやうと、請願書を書いたりメールを送つたりしてゐることも、すべて烏有に帰するのか…。”アセンション”を標榜するご本ですから、
「波動の高まつたヒトはぶじ五次元へ移行するから大丈夫!」と保証して?をられますが。

 ただ…田村珠芳さんのブログなど拝見しましても、鳩山首相の「東アジア共同体」などを”予言の成就”を裏付けるものとして、手放しに肯定してゐるやうでなんとも…(´・ω・`)

 しかし。と休むに似たる下手の考へ。かくも売国議員どもが嬉々として日本解体に邁進してゐるのは 今もTVで、民主党はこんなにも一生懸命冗費を削つてハタライてます!偉いでショ?のパフォーマンス中。マグロならぬ日本国の解体ショーですか(`・ω・´) ”確かな筋の情報”として、からへ宗主権が移譲されて、を盟主とする東アジア圏に組み込まれるのは既定路線なのだと聞かされてゐるからなのでせう。
 日本が日本でなくならうとしてゐるとき、じぶんは何をすべきだらうか? もちろん、自由にモノがいへるうちに、できるかぎりの抵抗をこころみるのは当然として。

 チベットにおいて、ポタラ宮などは”観光資源”として残されたものの、多くの寺が破壊されたといひます。日本人が心の拠り所とする文化の数かず、神の社も寺も城も民家も打ち壊されて、それでも残る日本の魂とは、なんだらうか?

 日本人を日本人たらしめてゐるものは、ことばではあるまいか。日本語を母語とする人の脳は、虫の声などの自然音を言語とおなじく左脳で認識するとの研究もあるとほり、日本語こそがさいごの砦。
 もちろん、占領されれば母国語は奪はれ、宗主国のことばを刷り込まれて、日本語をつかふ人間が消えたとき、ほんたうに日本は滅びるのでありませう。
 それでも。眼に見えるものが崩壊していくさまを涙して眺めねばならぬとしても「日本」であることばを胸中深く抱きしめてゐることはできる。これだけは、誰にも奪はれない。

hana.gif
 
ことたまは、いのち。

yoshihuru3.gif sakanoue2.gifケータイが思ひ出させてくれました。
”今日ハダイジナ日デスネ” 
 さうだ、秋山好古大将のご命日だつた!
 言はれて慌てて本棚からとりだす大将のお写真
 松山の人・鶴村松一氏が編まれた『秋山好古・真之将軍』の表紙がこれ。
 秋山好古大将に関しての資料が決して多いといへなかつた頃、この80ページにも満たない小冊子を図書館でみつけたときはうれしくて、コピーしてファイルに収め、思ひ出しては眺め、してゐたんでした。
 
 と言つてもほんの5年かそこら前(^^); 日露戦争100周年がいはれてゐた頃、『坂の上の雲』や江川達也の『日露戦争物語』でにわかファンとなりまして、あれこれ資料を探し歩きました。”皇国の興廃、この一戦にあり”で知られる如く、文にも長けて才気煥発の秋山真之については資料も多かつたやうに思ふのですが、兄・好古のものはなかなかみつけられません 光人社NF文庫の生出寿著『名将秋山好古』は、渇を癒す貴重な一冊でした。
 古書店で山中峯太郎著の秋山好古伝記をみつけ、これをのがしたら次はないっっ!と、何とかから飛び降りるキモチで購入したのも懐かしく。4万円は痛かつた…(´・ω・`)

 ネットでは大将の若かりし日のお写真も、たやすく手に入れられるのに拍子抜け…いやありがたいもんです(^^)

 ファンといふのはシカタのないもので… 好きとなつたらそればかり、で江田島の旧海軍兵学校と松山・道後の秋山兄弟の旧跡を訪ねる旅に出かけました。江田島については項を改めることにしまして、初めて訪れた松山の町には、「坊っちゃん」ではないですが、”なんともこぢんまりした、箱庭のやうな城下町…”の感慨が。そのちいさな城下町を急ぎ足で観光(!)し、道後の湯に浸かつては風呂ぎらひといはれた秋山好古大将も晩年には道後の湯を愛した由を思ひ、旅の眼目であるお墓参りに。道後温泉からほど近いところに鷺谷共同墓地があり、秋山好古大将のお墓はそこにあるとか。お花を買つて墓地へやつてきましたが、墓地中央にあるといふ”秋山好古之墓”が、ナゼかみつけられない。うーん、しやうがない、ひとつひとつあたるか、と上から順にみていきました。と、墓地の中腹、左のはずれに「秋山久敬 その室山口氏」のお墓が。

yoshihuru2.gif yoshihuru1.gif

”あっ、これご両親の!” まず大将に先んじて、そのお墓にお花とお酒をお捧げし、その足でおりてくると、かたわらに日の丸の立つた”秋山好古之墓”が、あつさりみつかつたのでした。
”これは、自分よりご両親を先にされたい大将のお心ではなかつただらうか??”
 さすがは「お豆腐ほどのお金を儲けてあげるけん」の孝行息子の好古さん――とじぶんかつてな感慨にひたりつつ、お参りさせていただいたことでした(^^)

 あらためて思つてみる、なぜこの頃のひとが、こんなにも懐かしいのか。
 強国ロシアを破つた武勲のゆゑとか、それももちろんあるのですけど(なんといつても祖国防衛戦争、バトルオブジパングですから!!) 『坂の上の雲』といふ絶妙のタイトルのチカラか、かがやく雲をみつめつつ一心に坂をのぼるやうな一途さ、直ぐなる心への郷愁のやうなものなのでせうか…。
 ”現代人が失つて久しい”とよく云ひますが、これをなつかしく感ずることができるとすれば… じつはそれほど遠くへだたつてはゐないのではないか? とも思ふのです。

sakanoue1.gif

 待望久しいドラマ化いよいよ成り、11月29日の放映開始をたのしみにしてゐます。
 キャスティングにもおほむね満足(^^) でも、どうしてこれを”100周年”に間に合はせられなかつたらうか?? (´・ω・`) もすこし前なら、佐藤浩市の好古に上川隆也の真之なんてキャストもありだつたかと(^^) 日本人のナショナリズムの昂揚を懸念して…とかいふ横ヤリが入つたのではありますまいね。"Japan デビュー”でやらかしてくれたNHKですから、”あの戦勝に酔つた日本は、坂を転がるごとく軍国主義の暗黒面に下つたのであつた――”てなこといひださないか、とても心配…(´・ω・`)

2009.11.01

春琴抄

shunkinB.gif ずゐぶんまへに、ずゐぶんいゝかげんに読んだきりでしたので…
 あらためて「春琴抄」よんでみました。ひゃあ、なに読んでたんだ、思つてたのとずゐぶん違ふ…(><)
 映画で高品格が演じたおやぢは、原作でもチャンと出てきてました(^^);
 ただ春琴の寝顔に煮え湯を掛けたのは誰だつたのか、原作では美濃屋のぼんぼんのやうでもあり、娘のカオに傷をつけたとねぢこんで春琴を面罵したおやぢのやうでもあり、はたまた春琴の名声を妬んだ女師匠でもあらうか…と、そこは文字で書く文学ならでは、あらゆる可能性をもてあそんでみせるのも一興なのですが、眼にモノみせねばならぬ映画ではそれではならじ、そのすべての「可能性」をひつくるめて具体化してしまつた八尋不二の脚本のちからわざ、春琴に言ひ寄つて撥ね付けられ、割れたお銚子のカケラで額を割つた(ちょつと苦しい設定^^;)美濃屋の利太郎を、女師匠のおえいが焚きつけ、荒つぽいおやぢにカネを握らせて事に及ばせる――と、ぜんぶまとめて面倒みてしまつたんでした(^^) ご、剛腕だわ!

 小説をどうシナリオ化するか、その手並みに注目するのも面白く、さらに複数の脚本家、監督の料理法をみくらべる楽しみもあつて♪「春琴抄」で当分機嫌良く遊べさうです。
 京都文化博物館・映像ホールの企画に感謝! (11月はチャンバラ映画特集ださうです)

こよみ

2009 / 11
18152229
29162330
3101724-
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。