えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日曜の昼のたのしみは、よみうりテレビ『たかじんのそこまで言って委員会』だつたのですが、 どうも最近傾向が変はつてきたやうな?? 一般マスコミの風潮に右へならへして、以前のキレがなくなつてきたやうに思ふのです(´・ω・`)
 今日は小沢一郎民主党代表の第一公設秘書が逮捕、起訴された件について、「これは国策捜査ではないのか?」との問題提起のもとに番組が進められました。
 民主党の原口一博議員が出演して、弁護防戦にこれつとめ、「政治献金規制法に照らし、とくに問題はない」と印象づけようと頑張つてをられるところへ、金美齢さんが「法は100%すべてを網羅できるものではない。法的に問題ないといっても、大局的に見て道義上どうなのか」と発言されたのには、思はず
 番組では、もう麻生、小沢では国民にアピールしない 街頭で大阪のおばちゃんに「麻生さんと小沢さん、結婚するならどっち?」なんてインタビューしてみたり。恣意的に編集されたインタビューで誰が納得させられるといふの?(`・ω・´) 次代を託すニューリーダーは誰?と自民、民主それぞれの名前を出演者にあげさせてゐましたが… なんだ、結局「交代」の催促か。
 麻生さんにはネットユーザーの支持がある、として、ネット発の「3/10に麻生さんの本を買つて支持を表明しよう」運動で、「とてつもない日本」の売り上げが amazon で一位を記録した、と取り上げる一方で、2ちゃんねらーとおぼしき?人ふたりが「いつまでもネット(ここアキバ、だつたかもです)が味方と思うなよ」「さっさと解散しる」と書いた紙を掲げる写真も映したり、微妙に麻生下げで進行してゐるな…と思つたことでした(´・ω・`)

 関西ローカルの報道番組として、スルドい切り口をみせてゐた「ムーブ!」が終了したり… もともとあまりみないTVですが、ますますみるところがなくなつてきました。
 「たかじんの…委員会」よ、おまへもか、とはいひたくない…
来週の「委員会」では、雑誌WiLL に「皇太子殿下へのご忠言」を書いて論議を呼んだ西尾幹二氏が出演、皇室問題を語るさうです。番組の姿勢をみきはめるためにも、これは見なくてはなりますまい…
スポンサーサイト

 花のつぼみがふくらみかけたと思つたら、このところの寒の戻りで足踏み状態ですね(^^)
 足元に咲くちいさな春の花を撮つてみました♪

chi1.gif chi2.gif
 たんぽぽと「天人唐草」(^^)

chi5.gif chi6.gif
 みすごしてしまひさうな小さいスミレ

chi3.gif
”名もなき花などない”といひますが、このコの名前がわかりません。ごそんじのかた、おしへてくださいませ m(__)m




 3/25に書き込んだ記事が反映されてゐませんね??
 過去記事管理画面からはみられるのですが…(´・ω・`)
 ただいま書き込みテスト中。

WBC、日本が勝つたやうですね(^^) 応援のみなさま、おつかれさまでした!

tarosa.gif 写真は、首相官邸でWBC日本優勝への感想を求められる麻生総理。
「世界の最強豪チームを次々に破っての堂々たる優勝は、多くの国民に大きな勇気と感動を与えてくれました。今回の戦いを通して、わが国の底力を再確認しました。原監督率いる日本代表を大変誇りに思います。お疲れ様、そして、本当にありがとう」
 とのコメントを発表されました。麻生さん自身、吉田邸焼失(焼き討ち、と言つて差し支へないと思ひますが(`・ω・´) ジャーナリストの水間政憲氏も、「今回の不審火は、政治テロの可能性を否定できない」と発言)の痛手も癒えてゐないと察せられるのですが…(ToT)

 報道ステーションで”WBC優勝”のニュースをチェック。歓喜に沸く日本のファンとならんで、韓国ソウルの野球場につめかけて声援を送つてゐた韓国人野球ファンのことも取材してゐるのですが、優勝を逃してがつかりするなかで、
「そこでは両国の健闘をたたえる声が聞かれた」
とレポートしてゐました。両方ともよくやつたよ!といふ声がないことはないのでせうが、それだけを報じられると、それしかないかのやうな印象が…(´・ω・`)
 この”報ステ”、かねていはれることですけど、中国や韓国に関してはかなり気を遣つた伝へ方をしてゐるな…と再確認しました。
 これは私は見てゐないのですが、戸井田とおる議員のブログ「丸坊主日記」のコメント欄に、3/23放送の報道ステーションについて、気になる指摘がありました。

  3/23報道ステーション

 古舘伊知郎氏 「日本ははじめてアメリカに勝ったということでー、まあ明日韓国。
        これ日本、本当に頑張って貰いたいというね気持ちありますけども。
        あのー、この番組にファクシミリ届きまして、小学校5年生の女の子。
        明日、日本が勝ったらマウンドに日本の旗と韓国の旗を両方立てて
        くださいねっていうファクシミリ来ましてね。
        こういう気持ちってのはやっぱり大事だなと思いましたけど」

 【報ステ】マウンドに日章旗と韓国旗を【WBC】
  http://www.youtube.com/watch?v=MxtYZWGJsMA

  報ステへのFAX番号は公開されておらず、捏造報道の疑いが高いようです。

  問い合わせ先を見ても、電話はあるがFAXがありませんでした。
  http://www.tv-asahi.co.jp/contact/

 かういふ歪曲報道をあたりまへのやうにしてゐるマスコミが相手です。麻生総理も御苦労が絶えないことでせう。ちなみに、上の YouTube 映像はすでに削除されてゐるとのことです(`・ω・´)

 ”あゝ今日(22日)は「OSK春のおどり」のラク日(千秋楽)だなア…”
 この課題がなけりやー行つてたのにブツブツ…なんぞとぼやいてをるところへ、
旧吉田茂邸全焼!」のニュースが…
yoshida.gif 瞬時に、嫌な感じがひろがりました…
 吉田茂といへば麻生総理の祖父、と誰もが知つてゐることです。
「もしかして…?」
 えゝ何も”根拠”はありません。しかし、タイミングがタイミングです。
 なにがなんでも麻生総理を引き摺り下ろさうとする勢力が、小沢民主への政権交代が危うくなつたのに焦りを生じ、なりふりかまはぬ恫喝に出たのでは― と思はれても仕方のない”タイミング”ではありませんか。局は忘れましたが、夜のニュースで”識者”が、”吉田茂の始めた戦後政治のスタイルが機能しなくなり役目を終えた。物理的な痕跡である吉田邸もまた機を同じくして消滅したのだ”と、このとほりの言葉遣ひではありませんが、笑顔でコメントしてゐたのが腹立たしくて…
 翌日の朝刊に、「小沢党首続投か」の文字が躍つてゐたのもまた、「嫌な感じ」でした。”酩酊会見”を仕掛けられた元財務相のいさぎよい進退にくらべ、こちらはなんとも粘り腰なことで… 
こんなことに負けないでください! 麻生総理!

花が咲いたね、キレイだね♪ そんな話ばつかりしてゐたかつたのに…(´・ω・`)  さうもいかぬかこの憂き世は!

osk1.gif osk2.gif
 
OSK日本歌劇団の「春の踊り~桜彦翔る!~(はしる)」といふのを観に、道頓堀の大阪松竹座へ行つて参りました。
 文章教室の先生が「ボク用事があつて行かれへん。行くか?」と招待券を下さつたのでした。さうでなければふれることなく終つてゐたかもしれなかつた OSKの世界… 今は、ホントに行けてよかつた!!と感謝してゐます(^^)

 OSKとは「大阪松竹歌劇団」の略で、宝塚歌劇団と双璧をなす、女性ばかりのミュージカル劇団です。とはいふものの、規模において資力において、宝塚に大きく水をあけられてゐるのは否めません(´・ω・`)  2003年株主の近鉄が手を引いて一時は存続の危機に立たされましたが、団員みずから「OSK存続の会」を立ち上げ奮励努力、誕生の地である大阪松竹座に帰つてきました。”大阪の春の風物詩”といはれた「OSK春の踊り」が66年ぶりに復活し、今年で六度目の春になるのです(^^)

osk3.gif osk4.gif
開演前や幕間にファンで賑はふグッズ売り場。舞台写真にはショクシュがうごいたのですが… だからといつてデジカメで撮つてはイケマセン(`・ω・´)よいこは真似しないやうに

 第一部”ミュージカルロマン「桜彦翔る!」”では、OSKの象徴である桜をモチーフに、桜の国の王子が友の命をかけて故郷から敵地へ駆けもどる友情の物語(お察しのとほり、もとは「走れメロス」^^;)を、これも桜をその名に負ふ、トップの桜花昇ぼる(おうかのぼる)が主演。
 この桜花昇ぼるといふひと、姿よく顔立ちよく、正統派の王子様らしい気品をたたへて、マコトに結構なのだけれど、どことなくおとなしい感じだな…と思つたら、居た居た、ゐましたよおもしろい人たちが。
 王子を罠にかけようとする敵国の大臣を演じる高世麻央(たかせまお)は、シャープな面立ちに激情を秘めて、王子の竹馬の友を演じた桐生麻耶(きりゅうあさや)は滑稽味を混じえながら、それぞれシッカリ脇を固めます。
映画「スターウォーズ」のロボット二人組みたいな?チャリ場担当の兵士二人組がゐたのですが、重い役をやれる実力のあるひとたちが(緋波亜紀ひなみあきと貴城優希たかしろゆうき)余力十分に、シカシ一生懸命に(^^); 演じてゐてなかなか楽しかつた。
 で、娘役陣がまた。王子を愛してしまふ敵国の女王(牧名ことり)には若さと威厳とともに備はり、二国の対立を煽る魔女(朝香櫻子)は、狂気じみた憎しみの影に我が子を奪はれた悲しみをひそませる。歌唱も演技も堂々としてゐて、じつに存在感がありました。
 OSKって、宝塚にくらべれば、その一組(80名)にも満たない小所帯ではあるけれど(ToT)、その実力は決して劣つてゐない、充実した演技集団だと解つたこと、この日の大きな収穫でした!

 第二部”レビュー”はダンスまたダンス! 舞台狭しと踊りまくります。
 じっさい、舞台せまいです(´・ω・`)  50人ほどがいちどに跳ねまはると、ぶつかりはしないかとヒヤヒヤ… 無意識に、宝塚大劇場とくらべてゐるなあ… でも観てゐるうちに、この舞台と客席の近さが、OSKのよさだと思へてきました。
 宝塚の、舞台のみならず街そのものを”夢空間”として現実世界からはなれたものにしてしまふ行き方とは根本からちがふ…
 OSKでも、その演じるものは大ロマンであり、大理想であり、大正義であり、大正論であります(!) 主人公は卑怯な真似は決してせず、人の性の善なるを信じ、”慈悲をもって剣を”振るひます。それを演じるOSK団員は、自分で営業活動して取つて来た仕事に東奔西走し、辛い世間に揉まれてきてをり、観てゐる観客もそれを知つてゐる…
 だからいつそう胸に沁みて、この地上に稀なるロマンの花が、いま目の前の舞台に咲いてゐると思へるのです。

osk5.gif
 
 いよいよフィナーレ、黒の燕尾服も凛々しい男役と、桜色のドレスも愛らしい娘役が勢揃ひして、桜色のパラソルをくるくる回しつつ、大阪の川柳作家・岸本水府の作詞になる『桜咲く国』を歌ひます 

       桜咲く国 桜 桜  花は西から 東から
       此処も散り敷くアスファルト 桜吹雪に狂ふ足取り

       桜咲く国 桜 桜  花はこぼれて 君想ふ
       夢にほころぶシャンデリア 桜吹雪の晴れの舞ひ衣

       桜咲く国 桜 桜  春の扉の 今日開く
       若さ讃へて八重一重 人か桜か花か吹雪か

 なにか眼がじわっとして、桜色がかすんでみえる…
 あかん、ツボに入つた。

osk6.gif 青木るえか著「OSKを見にいけ!(青弓社)を紹介します。なにかOSKのことがわかる本ないかな…とさがしてみつけました。青木氏は週刊文春にTV番組批評のコラムを連載してゐて、何度か読んでゐますが、”ふーん”といふ感想しか…(^^);
しかし。狂へるごとくに愛するものを縦横に語らせると!なんておもしろいんだ青木るえか!2003年の解散宣告にあらがつて、存続の道を求め苦闘してゐた時期のOSKと、それを追ひかけた熱狂の日々の記録、ですが、そのけんめいな自分をふりかえる【るえかの注】が微笑ましくも興味深い。OSKをごぞんじの方にもさうでない方にも、ぜひ読んでいただきたいのです。
ただし”地雷”に注意。読書中の飲食は慎まれたい。盛大に噴いても責任は負ひかねます(^^);

追伸(^^) 何がうらら、あ、イヤうらやましいって、主婦るえかの熱烈追つかけ行脚は、理解あるご主人に支へられてゐるといふことです。一緒になつて色紙片手にサインの列にならび、スター様☆のお写真をみては”若木ちやん、可愛いすぐる!”と身をよぢる旦那サマ… このかたこそ、地上に稀なるロマンの花かもしれません(^^)

2009.03.19

春爛漫♪

 ていふか「暑ッ!!」なんですけど!(`・ω・´)
 この陽気で、花の芽がいつきにふくらんでまいりました♪

hana1.gif haru2.gif
ウチのシュモクレン。ほころぶさきからヒヨドリに喰はれてしまひます(ToT)
「花喰鳥」と字で書けばキレイなんですけど…ナンか腹立つ(`・ω・´)ココロの狭いワタクシ

hana3.gif hana7.gif
 サクラの花芽もはちきれさう。一輪二輪と咲きそめてまいりました♪
 まるまるした花芽といふのも、ワクワクそわそわしていいもんです(^^)

hana6.gif 咲いたね…!
 今年もヨロシクです(^^)

 道行く人が足を止めて「ホラあそこ、咲いてる」と指差してゐる。
 花待つ心もはちきれさうな、桜の国の春であります♪

 なんてノンキなことゆうてますが(^^); ”ことしの花は早いぞ!”てなもので、お花見関係各所は慌ただしいことでせうね…

 でも、まだ三月、旧暦でいへば如月の二十三日なんですよね。こんなふうにドンドン春の訪れが早まつていくとしたら、西行法師が「(あんまり無いことだけに)この月と花のもとで死ねたら最高…」と歌に詠んだ「如月の望月」と桜花のとりあはせが、ごくフツーのことになりさうで…(´・ω・`)

 願はくば 花のもとにて春死なむ その如月の望月のころ
 
 西行法師はほんたうに「如月の望月のころ」、旧暦の二月十六日に亡くなつたのださうです。その頃桜は咲いてゐたのだらうか…

ryu2.gif ryu1.gif
 ”池上遺跡”で知られる大阪府和泉市池上町にあります弥生文化博物館で「倭人がみた龍」なる展示がありました。最寄りの駅はJR阪和線の「信太山」です。
 ここは二年前の今ごろ、PureHarmony さんが「足立幸子展」を催されたところでもあります。ご店主のがじゅまるさまにもお付き合ひいただいて、二周年記念?に足を運んで参りました(^^)
 ワタクシ、このブログの始めのはうでは「ちび龍 ���ї�1」なんぞを連れてをりまして、”龍神さんのファン”を自任(!) いたしてをりました。なものでこの展示は”観に行かねば!”と思ひ、最終日の15日にやうやく駆けつけました次第(^^);

ryu4.gif ryu3.gif ryu5.gif
「龍」はさまざまな動物の部分を寄せ集めてイメージされてゐるといひますが、角は鹿の角に似るとされてゐます。
 学芸員の方が「おもしろ解説」と題して15分ほど弥生文化の説明をして下さつたのですが、弥生人が主要な狩りの獲物とした「鹿」についてのお話でした。実際の鹿の角を持参されて(狩猟をされるお知り合ひがゐるとか^^) 鹿の角が釣り針などの日用品をつくるのに重宝したといふお話をされ、鹿の角にも触らせてもらひました。なんか、龍の角を触つてゐる気分♪ 帰りに、弥生人の線刻画からとつたといふ「鹿」の絵のスタンプを買ひました。かわいくてお気に入りです。これで150円は安い!

ryu6.gif 特別展示「倭人がみた龍」では、弥生時代後期に中国から渡つた銅鏡の装飾として初めて日本人の眼にふれた「龍」が、土器の表面にさまざまに線刻される様子を紹介してゐました。中には”うーん、これが龍?”と首をひねるやうなものもありましたが(^^); 「龍」を自然現象にあらはれる動的なエネルギーととらへれば、動きをはらんだ線描は、それぞれにその力を表現してゐることになるのでせう
 ワタクシ的には、「大阪府下の龍神信仰」として、各地に残る寺社や雨乞ひの風俗を紹介してくれてゐるのが有難かつたです♪ 
写真は難波八坂神社の綱引神事で用ゐる藁で編んだ龍

 なんだ、結構近いところにあるぢやん♪ こんど行つてみよ――
 ���ї�1ぢゅいぶんおみかぎりれちね
 ���݂�1うわ、ごめんしてえ…

 先日ご報告しました”ふぃーさん”こと FALFのXIQUQ フィークックのことですが、
パリ煎さまから「…乱心?」とご心配されてしまひました(^^);
 ことさら「効能」をウタつてはいけない、といひながら、ついうれしさもてつだつて「誇大広告」みたいになつてしまつた…と反省。

 もうすこし言葉をつけ加へたいと思ひます。
 ふぃーさんはあくまで「促し」役であつて、それ以上のものではないといふこと。
と断つておかないと、洗濯機で洗濯ができ、炊飯器でゴハンが炊けるやうに、”何かスゴイ変化があつて当たり前!”と思はれて、落胆と誤解を招くことになりませう(´・ω・`)
 まだつきあひの浅いFALFさんですが、変化や効き目のあるのを”待つ”態勢になつてしまふと、すぐに何も感じなくなつてしまふだらうな、とは予想がつきます。
 そこでひとつ、”問ひかけをする”といふルール?を設けてみました(^^)
 ふぃーさんとオハナシするつもりになつて、たとへば「今日は『背筋を伸ばす』といふことをテーマにしてみたいんだけど」と、オーダー?をだしてみて、一日を始めます。いままでも、「今日は○○するぞー!」と決心(!)しても、三歩あるくと忘れてしまひ、結局思ひ出さないまま一日が終つてしまふことがほとんどでした(ってワタシだけー??) いまのところ――ふぃーさんが「促して」くれるおかげか、日に何回か気がついたときに背を伸ばすことができてゐるやうです(^^);
 茶碗を洗つてゐて、気が焦つて手からすべりさうだと思つたときに、”足のうらを地に着けて、しつかりふみしめて…”と聞こえた気がしました。「なんで足のうら?」と思ひましたが、言はれてみると、しつかり踏んでゐないのです。で、踏みしめてみると、脚の裏側がのびて、背筋もまつすぐになり、結果手元も安定して、目の前のことに集中できたのでした。”足を地につける”って、かういふことか…などといまさらのやうに。
 これなども、ふぃーさんの「促し」か――とワタシは思つてゐますが、程度の差はあれ同樣のことを、ある人々は「おかげをいただいて」といひ、またある人々は「ご加護を賜る」といひ、ある方は「先祖の中の悟つた人が導いてゐる」といひ、スピリチュアル系では「ハイアーセルフとつながつた」といひ――などしてゐるのでせうね、と想像してみました(^^)
"くっだらねー、鰯のアタマでも下げとけよ”と言はれれば、そのとほりなのですけれど…
coxi.gif デモ、どうせならワタクシは”ふぃーさん”を下げることにしますわ(^^) カワイイし♪
 それに、コーヒーが美味しくいただけるのですから
 喫茶店でコーヒーをのむときは、XIQUQ をはずしてカップのそばに置いておきます。時間がたつほどに軽く軽くなつていきます。
 ただいまふぃーさん稼働中。

2009.03.10

サボテンの花

 3月10日は、3と10(ten)とにかけて「サボテンの日」ださうです(^^)
cactus.gif サボテンといへば、TVで深夜に『サボテンの花』(Cactus Flower)といふ映画をみたことがあります。
 いまIMdb (Internet Movie database) でみてみますと、1969年の映画とあります。主演はウォルター・マッソーとイングリッド・バーグマン。(左のポスター前面に映つてゐるのはゴールディー・ホーン)
 お固いままに人生中歳に達してしまつた女性が、遅咲きの”花”を咲かせるといふ話を、自身も中年に至つたバーグマンが演じてゐました。
 "Dentist!" と言ひながら、痛い歯をおさえるそぶりでバーグマンが踊つてゐた(!)ひとコマは覚えてゐます(^^);
 男性の俳優は、年経るほどにいい味がでてきたりして長く活躍されますが(ショーン・コネリーなどはその代表?^^)女優の花の命はまことに短い。メグ・ライアンはもう一線を退いた感がありますし、ジュリア・ロバーツも昔日のいきほひがない… シャロン・ストーン執念の「氷の微笑2」は醜悪とさへいはれて…(ToT)
といふことなど思ふにつけ、中年のバーグマンが、みずからの老いを笑ふがごとくにコミカルに演じたこの映画、またみてみたいな…なんぞと思つた「サボテンの日」でありました(^^)

 ”ふぃーさん”こと FALF の XIQUQフィークックが来てくれて四日になります。
 うう、よくぞいらしてくださつた(ToT) もう助けてもらひつぱなしです!
 ここらでお約束の(^^) ご報告をいたしたいと思ひます♪
xiquq3.gif 
 発売元のアキュモアの説明によりますと、
 ・磁気波の調和
 ・液体(オイル以外のすべて)の振動波の調和
 ・本質と現実の調和
 のはたらきがあるといふ XIQUQ ですが、ワタクシはもつぱら電磁波の悪影響を減らす/水(液体)を変換して調和のとれたものにする くらゐに受け取つてをりました。これなら、パソコンがずらりとならんだ部屋でストレス満載のシゴトをする現状を、なんとか乗り切らせてくれるのではないか…

 しかし違ひました。ふぃーさんは、たんなる「ストレス軽減装置」といふ以上の存在だつたのです。
 PureHarmony の店主さんは、ワタクシからメールで注文を受けたところ、なにやらシンドイ感じが伝はつたさうです(?!) それで、早く届けた方がいいなとわざわざ配達してくださつたのでした(^^) 早く、すこしも早く助けにきてほしい!と思ひながら到着を待つてゐたとき、いままだここに XIQUQ は来てゐないけれど、それでももうコンタクトはついてゐるといふ感じが、なぜかしてをりました。それでシンドイ波?を送つてしまつたのか自分??
 はじめて手にしたときは、その軽さにおどろいた XIQUQ ですが、身につけてまず感じたことは、足が地に着いてバランスがとれたやうな気がしたことです。
 人が目の前で大声を出したりしても、それをストレス?に感じなかつたことにも
」でした。スピリチュアル系の人なら、”グラウンディング”とよぶのでせうか、重心が安定して、外からの影響を受けにくくなる感じがしました。

mimoro.gif これだけでもワタクシには御の字!ですが(^^) XIQUQ の特技はやはり”液体の変換”でせう。さきにご紹介した足立幸子さんのイラストをあしらつたマグカップや木の葉皿、アトムカードなどでも”液体や食品の変換”は体験してをりましたが、XIQUQのそれは、さらに強力でした。液体を入れた容器、たとへばコーヒーカップなどに XIQUQをふれさせて1分弱ほどで、おどろくほどにまろやかに、かつ軽くなるのです。
お酒の類で試されると、違いがはつきり判ると思ひます)
オモシロイと思つたのは、XIQUQ をつけたままで に入ると、なにも入れなくても温泉気分♪なお湯になることです(^^)

 ”ナニソレ、気のせゐぢやないの?!"といふお声もありませう。
 発売元のアキュモアのサイトをみますと、そつけないくらゐ「効能」の類について記述がありません。「日常の生活の中で直観を使いながらご体験ください」とだけ。愛用者の体験談すら紹介しない。といふのも、”こんな効き目があるつて言つたクセに、ちつとも効かないぢやない!”的なクレームがあつたからなのださうです。
 同じ人でも敏感なときとさうでないときがありますし、だれにも同じ効果があるとはいひきれないのが「波動製品」なのでせう。
 幸ひにして、ウチにきてくれたふぃーさんは頑張り屋さんのやうで(^^) ワタクシにたくさんの””をもたらしてくれました。

 XIQUQ のはたらきのうちの「本質と現実の調和」、はたしてこれはいかにして現出するのか?? ふぃーさん自ら手を出し口を出ししてワタクシの「現実」を代行してくれるわけはありません(^^); ただ…促しのやうなものを発してゐるのは、たしかなやうです。
 こんなことがありました。夜文章教室の課題を書きかけて、いつたん寝てから早く起きて続きをやらうか…と思つたのですが、”やつてしまつたはうがいいよ…”といふ、ほんとにささやかな「促し」があつた気がして。結局徹夜で仕上げて持つていつたのですが、ふしぎとあまり徹夜疲れは感じなかつたのでした。課題はワタクシにしては及第点?だつたやうで、つぎはこれをシナリオにしてごらんと言はれました。”それがこのXIQUQのおかげだつていふの? 根拠は?”と問はれれば、「直観です」とでもいはなければ仕方がないでせう(^^)
 しかし… FALFにかかはるひとたちが、「FALFさん」とよびかけて、かれらを意識あるものとして扱つてゐることが、なるほどと思へたのでした。
 ふぃーさんたちFALFは、道具としてつかふだけではもつたいない、かれらと意識で語り合ひ、ともに生活していくことで、わたくしたち自身も変はつていくもの――そのためにかれらは、お星さまからやつてきたんだな、といまは思つてゐるのです(^^)

xiquq.gif どおにもこのごろシンドイもんで(^^);
 助けをよぶことにしますた
 で、来てもらつたのです。XIQUQに。
 Pureharmonyさんのご厚意で、迅速に届けてもらふことができました♪ 
 "XIQUQ" と綴りまして、”フィークック”とよみます。どうやら、地球外からの智慧で生まれたみたいです???

 足立幸子さんのお兄さん、足立育朗さんが唱へられます波動と形態の法則にのつとつて、個人や環境の”波動”を調整するためにつくられた製品を"FALF"(ファルフ)と称してゐます。このフィークックはそのひとつで、長さ3センチくらゐのチタン製、ペンダントトップや携帯ストラップとして使用されてゐるものです。
 その働きは、磁気波を調整し、水を変換し、個人の本質と現実の調和をとる――のだとか。ものはためし、論より証拠です(^^) ひとつ”ふぃーさん”と同行二人でやつてみようぢやないか…

 とりあへず、ペンダントトップとして、40センチのチェーンで首元に下げてみることにしました。着けて早々に、なんだかほっとしたのは気のせゐかしら??
 後日レポートをお届けしたいと思ひます(^^) 

2009.03.03

春来たる!

sumou.gif 大阪のあちこちに相撲部屋ののぼりが上がる頃となりました。
 大相撲春場所(大坂場所)ももうすぐ。ふだん熱心に相撲を見てゐるわけでもないのに(^^)おすもうさんが街中をあるくすがたをみかけるころになると、あゝ春が来た♪と思ひます。
 バスの窓から撮つたので、ちょつとブレてをりますが(^^);


 ところで春が来たといへば。西松建設からの献金疑惑で小沢一郎民主党代表の公設秘書逮捕のニュースには、ひさびさに快哉を叫びました!
 公権力をかさにきての陰謀だ!とはよくも言つたもの、常日頃「陰謀」に身をやつしてゐる人達には、他人も同じことをしてゐるとしか映らないのでせうか。
 これで政権交代へと雪崩を打つのは押しとどめられたのでは?と思ひたいけれど、メディアはあげて擁護につとめるでせうし、すこしも油断はならないのですが…(`・ω・´) 
をかしいものををかしいと感じる、ふつうのひとびとの直観は、おおきくは判断をあやまらないのではないかと期待してゐます。
 大坂場所では常よりおほくの座布団が宙を舞ふとか(^^) リクツ嫌ひの大阪人は政治なんぞには関心うすいのですが、じぶんの感覚には正直。ここのところに、巨大なエネルギーが埋もれてゐる気がします。
 春が来た!と手放しでは喜べないが、雲間に空の青がみえた気がしました(^^)

こよみ

2009 / 03
18152229
29162330
310172431
4111825-
5121926-
6132027-
7142128-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。