えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オンエアされた「20世紀少年」をみてました。劇場で見逃したもので(^^);
ケレン味たつぷりで稠密なストーリーは、のマンガならでは、だなあ… ハリウッドも羨む面白さ、だと思うけど、もう少しその、俳優さんの演技が…とないものねだり。
 浦沢直樹さんといへば、「MONSTER」の映画化権をハリウッドが買つたとだいぶ前に聞きましたが、”只今シナリオ執筆中”としかわからない。ホントに映画化するのかな? こちらのはうは、ていねいにアニメ化されて大満足でした(^^)
 
 迫り来る人類滅亡の恐怖に立ち向かふ「元」少年たち… これに劣らぬ恐怖が現在進行中なのですが。日々忙しくわずかに解放された時間は愉しいことに♪つかひたい国民一般の目からはみえにくいところで。
 
 そもそも”戦争状態”は一時的な”非常”のもので、平和に浸かつて暮らした時がながかつた日本人が、”常在戦場”の海千山千たちの思考を理解するさへ困難なのでせう。戦前海外に赴任した大使は警戒心といふものがまるでなくて、重要書類も鍵のかからぬ引き出しに放り込んで、メイドとして雇われた現地女性に盗み見られてゐたのにも気づかなかつたといひます。とくに内側、”ウチ”にゐるものに対してはまつたくゆるみきつてしまふ。その大使もメイドには”ウチのヤツ”くらゐな気持ちで安心しきつてゐたのでせう。
 いまも、ニホンジンのかほをして、ウチに入りこんだものが、日々城壁を削つてゐる…
などと言つたら轟々たる反論が返つてくるのは間違ひないでせう。
こんなゴマメみたいなブログだから目立たなくて済んでますが(^^);
”城壁? ナニを言ってるんだ! この国際化の時代に!(とここは現代かなづかいにしてみた)””血統書付きの日本人でなければ信用できないというのか! 差別だ!”と。
そんなことはありませんよ。れつきとした日本人でありながら破壊活動に精を出してゐる人も少なくありませんから。
 仕掛ける側は、日本人の性向など研究し尽くして、その上で最も有効な手段をとつてゐるのです。つまり、ウチに対して無警戒。おとなしくて権威に従順。空気に敏感で流れに逆らはない。マスメディアこそ権威と刷り込んで、メディアを内から操作してしまへばどうにでもできる…
「20世紀少年」は、マンガならではのダイナミックな誇張をまじへて大切なことを描いてゐると感じますが、過激なパニック描写の”娯楽映画”は、ああ怖かつた、おもしろかつたと映画館をあとにして、デモ現実の暮らしは変はりなく、足元は安全だもんねと再確認して終りになりさうです(´・ω・`) 観客は、”変はらない”ことを確認するために映画をみにゆく、と言つた人がゐました。
 ほんとの危機はさりげなく、”みなさんの生活守ります”と親しげな顔をしてやつて来る。
スポンサーサイト

 昨日の記事に追加です。「博士の独り言」ブログ1月27日のエントリーに、興味深い指摘が(`・ω・´)

神奈川県下の国思う調査隊(非組織)のこれまでの調べでは、特定国からの不法滞在者とみられる存在を多く見かける。入国管理局への通報のために、粛々と所在の確認や、証拠とすべき写真を撮影をしようとすると、妨害に遭うことがある。気のせいかも知れないが、そうした不法者が密集する地域ほど、小沢一郎氏入りのポスターが貼り散らされる。その様子が目立つ。唯一、外国人の党員を認める民主党ならではことかも知れない。同時に、「ご本家」の公明党のポスターも目立つが。 


 文中、「唯一、外国人の党員を認める民主党」といふところで虚を衝かれました。”外国人参政権”は民主党の党是なわけですね。 日本国籍がなければ白眞勲氏は議員になれなかつたはづですが… あへて日本風に改名せずこの名で議員活動をつづけることはなにかの”フラッグ”なのか…

 小沢一郎代表は、韓国の李明博大統領に”外国人参政権”を請け合ふ発言をしてゐますし、いつたいだれの利益を代表してゐるのか。
 このところのメディア挙げての”民主アゲ”に、よからぬ妄想をたくましくしてみる。あの有無を言わさぬ「国籍法」改悪といひ、なりふり構はぬ麻生下げといひ、これは「計画」の実行を大慌てで前倒しにすすめてゐるといふことかと。小沢民主が政権をとれば、その行くところは”日本開城”まつしぐら。大陸、半島の人間を大量に入れて事実上「日本国」を溶解させてしまふ。「日本自治区」にでもして、東アジア一帯は中国が盟主となり、円は廃されて新たな統一通貨(「朱」といふ名があがつてゐました)が発行される。経済破綻のアメリカも、カナダ、南米とともに「アメロ」通貨圏として再構成される。さうして、ユーロ、アメロ、朱、その他諸々を束ねて世界通貨「フェニックス」が登場する時が、すなはち世界政府の元に”新秩序”が打ち立てられるとき――

 それつてなんてトンデモ? (´・ω・`) ワタクシだつて、さうだよね!( ゚∀゚)アヒャ と
笑つて済ませたいのはやまやまなのですが… さういふ”設計図”を引いた者たちが、死にものぐるひで計画を推し進めようとしてゐるのはたしかなやうです。いはゆる”売国議員”の皆さんは、流れをサキヨミしてバスに乗り遅れまいと機敏に行動するカシコイ方たちなのでせう。彼らの冷笑まで聞こえてきます。「抵抗したつてムダなんだよ、前の戦争で懲りてないの? いいぢやないか、戦争で死ぬよりは。平和的に征服されてヨカッタつて、アンタもそのうち感謝したくなるさ」…
 
 しかし――万世一系の天皇を戴く日本国が、ご神体である龍の背に載つて、四季の彩りのもとこまやかな生をいとなむ日本人のくらしが、影も形もなくなつてよいわけがありません。目に見えぬ弾が飛び交ふこの”戦争”に、負けることはできない… (`・ω・´)

 いま国会では、20年度第2次補正予算案をめぐる攻防がつづいてをります。
 予算の年度内成立を目指す与党と、予算成立を妨害して与党の失策にしようと、ただそのことのためにのみ、不毛な審議拒否その他姑息な手をつくす野党の攻防であります。

 戸井田とおる議員のブログ「丸坊主日記」の1月27日のエントリー「両院協議会」をぜひごらんください。
 26日の「一般会計、特別会計予算協議会」で、参議院選出の協議会議長は、協議は平行線をたどり不調であるからと、一方的に協議の打ち切り・27日の再開を宣言。その結果27日に予定されていた衆議院本会議、そこでなされるはづだつた政府4演説が流れてしまつた… なんといふ姑息な手段で妨害するのか!!と戸井田議員は怒り心頭。
 それでも礼を知る議員は「**党」とのみしるしてあからさまな非難はしませんが、その礼を受けるに値しますか、民主党は?

owarai.gif 「日本前向新聞」2008年11月第2号の紙面から。

 11月28日、麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表の初の党首討論が行われた。小沢氏は、首相が2次補正予算案の国会提出を来年に先送りした点を繰り返し質問し、それに対し首相は「本年度の法人税などはかなりの減収になる。それを見極めないといけない。また金融機能強化法が通るかどうかで違う」と参議院で民主党が審議を拒否している1次補正予算関連法案の審議を再開するよう求めた。



 この経緯をおもしろおかしく解説したのが、左の【お笑い例え話】です。
 おもろうて、やがて腹立つ笑ひ話…
小沢氏にすれば、首相を詰問する勇姿をみせておけば愚民は感心して票を入れるとタカをくくつてゐるのでせうか(`・ω・´)
 さきの「国籍法改正」問題でも、民主、公明は日本を内側から侵食する法案を熱心に推進してゐることがよく解りました。こんな民主党に、いつぺんでも政権を渡したら、外国人参政権、二重国籍、1000万人移民招致などを次々実現し、日本を日本でなくしてしまひます…
 民主党にチェンジ!とさかんに刷り込む当のメディアも、ほとんど反日団体といつてよい体たらく。TVや新聞の偏向報道によらず”事実”をネットから得て、すこしづつでも周りのひとに話しませう。草の根からのささやきが、きつとあなどれぬ力となるはづです  

2009.01.26

日本前向新聞

 今日は旧暦の正月一日。ひと月に二度もお正月がきてめでたいこと限りなし(^^)
maemuki1.gif 今日のめでたい日に
気持ちがあかるくなる新聞を
ご紹介。
(写真がピンぼけました! 
 おゆるしを…

 その名も「日本前向新聞」(^^)

"マスコミが報道しない日本を前向きにするニュース&麻生内閣の活躍"を伝へるとして、ブログ上で「新聞」を発行してをられます。
 就任当初から、麻生総理はマスコミの酷いネガティヴキャンペーンに晒されてきました。昨日の大相撲千秋楽で、賜杯授与に登場した麻生さんは、会場から大きな声援を受けてゐましたが、新聞はまたも読み間違ひだの書き間違ひだのと相変はらずの反応。誰の顔色みて記事書いてんの?
 さういへば、戸井田とおる議員のブログ「丸坊主日記」読者の方がコメントしてをられました。

日本マスコミのオバマ熱狂支持が一夜で激変! (60代・女・神奈川県在住)
中国に対する為替操作疑惑、人民元の切り上げへの言及、そこから激変しました!
日本マスコミは一夜にして熱狂支持から大批判の嵐。
日本のマスコミは中国のプロパガンダなのでしょうか?!
大多数の日本人は、中国に対する米国の強気な姿勢を、好感を持って迎えているというのに・・。

こんなマスコミのいふことは信用できない!と多くの人が気づき始めてゐます。マスコミが伝へない事実、なんだ麻生さんよくやつてるぢやないといふニュースにふれて、前向きになりませう!

 ブログへはこちらから 日本前向新聞

 ブログ上では”前向きニュース”を順次アップされるほか、上の写真のやうな「紙面」も用意されてゐて、だれでも印刷して”ウッカリどこかに置き忘れ”してきてよいさうです(^^)
 また”おまいらがネガキャンにやられてやしないかと心配”して作つた動画版もあり。創刊号の動画と、”前向新聞からのお知らせ”を貼らせていただきます

日本前向新聞10月第1号~麻生内閣の前向きニュース.flv 投稿者 enokiyuuri


日本前向新聞からのお知らせ 

2009.01.23

ものかく道具

itext.gif 書く道具、といへばまづ紙とペンですが これを選ぶのがまた楽しい♪けど、それはまたの機会に(^^) ある程度の量の他人にみせる文章を書くとなると、PCに頼らざるをえませんね。
 ウチの文章教室の”総長”先生は、頑迷固陋なる手書き、それも縦書き派。
いちど原稿用紙をわすれて”すみません、ノートの切れ端で…”とおそるおそる出すと、それが横書きだつたのが逆鱗にふれまして、”ノートゆうてもタテです!”とを落とされました…
 文士といはれる人ですから当然のこととは思ひますが、ワープロのたぐひを使ふと文章にそれが出る、句読点を打つリズムが機械的になるといふご主張には、”さうかなあ…(´・ω・`) ”と首を傾げてしまひます…
 で、課題や習作を書くのにも、”縦書き”で打てるキカイが必要なわけですが、生徒のみなさんは、原稿用紙にペン書き派とワープロ派が半々くらゐ、ワープロソフトは「ワード」使ひがほとんどの様子。
 ワタクシはといふと、ナゼか”文章打つのはエディタで”といふこだわり?が…(^^);
SF作家にエディタ使ひの方が多くゐらして、”大量の文章も高速でサクサク、横書き?別にキニシナイ!( ゚∀゚)”といふかんじだつたのに感化されたやうです。以来、キカイもスペックが上がりワープロソフトも処理が早くなりエディタもまた高機能でワープロに近づいてきた、となると”エディタでなければ!”なんてコダワリ、はつきり言つて意味ないですが… デモ、まあ、SFに耽溺した日々のシッポみたいなもん、てコトで(^^); 縦書きの出来るエディタさがしてみました。
山下道明さん制作の ”iText”シリーズがいいかんじです。iText, iText Express, iText Pro, Lightway Text とあとへいくほど高機能になります。縦書きは iText から対応してゐますが、Mac に付属する テキストエディットと操作感の似ている iText Express があつかひやすくて、これにきめました。下位2つはフリーウェアといふのも魅力(^^); 

obama5.gif 昨夜、といふか今日未明、新大統領就任式の中継をみてゐました。
第16代エイブラハム・リンカーン大統領に倣つての「列車」での現地入り、手を置いて宣誓する聖書は148年前にリンカーンが使つたもの、とどこまでもかの大統領に倣ふオバマ氏。
 リンカーンといへば、「暗殺」を連想しない者はゐないでせう。すでにしてこの新大統領、それを予期してゐるといふのでせうか…(´・ω・`)


obama1b.gif obama1.gif
オバマ新大統領が手を置くリンカーンの聖書、捧げ持つのはミシェル夫人。

 副大統領の宣誓に続いて大統領の宣誓…ではなく、クラシックの四重奏が間に入りました。
obama2.gif obama3.gif
 この日のために、映画音楽で知られるジョン・ウィリアムスが作曲した曲ださうで、人種構成にも配慮してか、白人・黒人・黄色人とりまぜての編成。ヴァイオリンはイスラエルのイツァーク・パールマン、チェロは中国系のヨーヨー・マ とくると、これは”こののちと仲良くし、イスラエルのことも見捨てませんよ”といふメッセージかしらん??(´・ω・`) なんてね

 で、19分におよんだ就任演説ですが、正直「長い…」と思ひました(^^); これといつて”印象的”なフレーズがあつたわけでもなく、しかしアメリカの”今”を冷静にみつめた上で、”アメリカの再建”へ向けて国民を鼓舞する、良い演説だつたと思ひます。”をこんなにしたのはオマエらなんだよ!”とさぞ言つてやりたいであらうブッシュ前大統領とも固い抱擁… これからこの人は”恩讐の彼方に”(^^); 融和の道へと国民をいざなつてゆくのだ、と覚悟を固めてゐるのでせうね。

obama6.gifパパ・ブッシュの代からの”姦臣”ディック・チェイニー。この人くらゐ後ろ暗い極悪人はいない(`・ω・´) ”事故で”友人を撃つてしまつたなんて言つてたが、嘘吐け殺すつもりだつただらうと囁かれ、戦争ではさぞ懐が潤つただらうと憎まれ、軍が動いてチェイニーを拘束しようとしただの、州知事から「人道に反する」罪で告訴されただの、とかく黒い噂をふりまきながらも無事お役御免となつたのか…

 就任式のあとのパレードの映像は、夜の報道ステーションで見ました。警備のピリピリした空気が伝はります…
obama7.gif obama8.gif obama11.gif
大統領の車が着いて…   まづ顔を出すのはシークレットサービス  

obama9.gif obama14.gif
おもむろに姿をあらはす新大統領。にこやかに歩き出すも、警備は(`・ω・´)シャキーン!

 とにもかくにも、アメリカの新しい船出です。が…クリントン候補がクチをすべらしたごとく、「暗殺」の可能性のきはめて高い大統領… もはやそれがあるかないかでなく、WHEN? だけが問題となるやうな…? とてものことに”安全な”航海とはいへないのでせうが…

obama13.gif かういふ本がでてゐます。
「現代社会のスピリチュアルな真相」(ナチュラルスピリット刊)
1980年に交通事故で死亡したアメリカの少年マシュー君。彼の”魂”が母スザンヌさんに送つた”天界からの通信”が、スザンヌさんにより出版され、またウェブサイトでも読めるやうになりました。日本では森田玄さんが翻訳紹介してをられます。
 マシュー君によれば、バラク・オバマ氏は”使命を帯びてやつてきた高い意識の持ち主”なのださうです。

森田玄氏のブログで、マシュー君によるオバマ氏の情報が見られます。
 玄のリモ農園ダイアリー:マシュー君のメッセージ(14)2008年11月21日

sudeni.gif 田村珠芳の”宇宙人シリーズ?”第3弾「すでに宇宙人が話しかけています」が出ました。
 田村珠芳氏は易、四柱推命の占いをされる一方、いはゆる”サイキックリーディング”により地球外生命からのメッセージを取り次ぐ人です。
 この”シリーズ”をはじめるきつかけになつたのは、「講演会」だつた、とこの本の冒頭に書かれてゐます。

 ある時、天空から講演会をしなさいと言われたんです。

 そこで、経営者の情報交換会主催者・三枝欣一氏に相談し、人を集めて貰つて第一回の講演会をしたさうです。「アメリカが大きく変わる」と。その話を聞いたハギジン出版の萩原社長が、この講演を本にすると申し出て、3ヶ月後の2007年5月に「まもなく宇宙人が到着します」が店頭に並んだのでした。
 表紙一杯に大きな文字で、「宇宙人が――」とうたふ本には、たいへんなインパクトがありました。この思ひきつた断言が心をとらへたのでせう。予想外の反響が寄せられ、三千部づつ刷つては売れ、刷つては売れして、いま21刷目をかぞへてゐるさうです。まさに人ならぬものの力が働いてゐるかのやうな流れ…

 2007年7月26日の講演で、田村氏はのつけから、「まもなく株が暴落します」と言ふつもりもなかつたことを”言はされて”しまつた。

 ええいもう、どうしよう。質問されたら困るなあという感じで、サブプライム・ローンの支払いができない人たちがいて、それがきっかけとなって、サブプライム・ローンは大きく崩壊して、米国のシティバンク、ベアスターンズと崩壊して行きますと言ったんですよね。


 はたして1年後、予言は現実に。田村氏をしてこれを言はしめたのは、ある星から来たお姫様で、そのお姫様とは日本神話に登場する名高い神さまであり、その出自はプレアデス星なのだとか。
 神奈川県横浜市の田村氏の実家ちかくに朽ち果てた祠があり、氏の従姉の夢枕に山伏姿の人が立ち、「子(ね)の神様が祠を建て替えてほしいと言われる」と訴へた。そこで祠のあたりを捜してみると、落ち葉に埋もれた石のご神体がみつかり、新しく祠を建ててお祀りしたさうです。
 その直会(なほらひ/なおらい)のあと、食器を洗つたり後片付けをしてゐた田村氏とその叔母さん、従姉の目の前に、背の高い美しい女性があらはれた。そして「ププルピピ…ペピピピ…」と、わけのわからぬ”パピプペポ語”で喋りだしたのだとか。従姉さん、思わず「わかんないよ…」とつぶやくと、女性は”テレパシー”で「今日はどうもありがとう」と話しかけたのださうです。
 ”宇宙人シリーズ”のおかげで、各地で講演する機会の増えた田村氏は、”わたしも宇宙人に遭つた!”といふ人に体験談を聞くことが多いとか。
 広島のお蕎麦屋さんの女将さんが遭遇した”宇宙人”も”パピプペポ語”を話し、「わからんなあ」といふと”テレパシー”で話しかけ、宇宙船に乗せてくれたのださうです。その宇宙人は「プレアデスから来たって言ってたよ」と女将さん。するとやはり、田村さんたちの前にあらはれた「子の神様」も、プレアデス星人???
 
 広島の弘法山で宇宙船に乗せてもらつたといふ人は大勢ゐるさうです。また、「奇跡のリンゴ」で知られる青森県の木村秋則さんも”コンタクティ(接触者)”のひとりで、宇宙船の中である”書類”をみせられたといひます。紙一枚が地球の一年をあらはすとのことでしたが、みると何枚もないのださうです。
「ごらんの通り、地球の残り年数はあとわずかです」といはれたのだとか。

 ”天の声”を受けて田村珠芳氏が本を出し始めたことも、多くの人が”宇宙人”と接触してゐるといふことも、残り時間がすくなくなつてゐることを知らせたいといふ、”あちらの”人達の意思のあらはれでせうか。
 もちろん、”手の込んだ芝居だよ!”といふ意見も排除できないとは思ひますが…(´・ω・`)
 だからといつて、慌てたり自棄になつたりするのではあまりにも哀しい。自然と和合して、素直になればいいのですよ、と励ましてくれるのがこの本なのでした。

”この先、どうなる??”といふ気持ちで情報を求められる人も多いと思ひます。この本にも”予測”がいろいろしるされてゐますが、願はくば、これをもたらしてくれたのひとたちの心を汲んで、有意義に生かしていきたいものであります(^^)

 さて、”パピプペポ語”といひますと、わたくしはこの歌を思ひだしてしまふんであります。アーティストといはれる人達は、創作上のインスピレーションのかたちで、ナニかを受け取つてゐるのかもしれませんね(^^)

 ♪アップルパップルプリンセス (NHK「みんなのうた」から うた/竹内まりや)


oterebisama.gif 今日書店で、林秀彦の新刊「おテレビ様と日本人」が出てゐるのを発見(^^) 
 林秀彦氏とは、オビにもありますやうに、NHK朝の連続テレビ小説「鳩子の海」を書かれた脚本家ですが、おなじくNHK朝のドラマの「おはなはん」のモデルが林秀彦氏のおばあさまだつたといひますから、よほどNHKの朝ドラに縁の深い方なのですね。
 とは申せ、林氏からみればこれは必ずしも喜ばしいご縁ではなかつたやうです。

鳩子の海」は昭和49年4月から翌50年4月まで放映されたドラマで、戦争で孤児になり記憶もなくした少女が放浪の旅をするといふ壮絶なお話のやうなのですが、いま Wikipedia でみてみましても「書きかけ」といふことで詳しい筋はわからず、ほかに捜してみても番組にちなんでつくられた銘菓「鳩子の海」にあたるくらゐで、なかなかコレ!といふ情報に行き着けません。
といふことは、これこそみるべき貴重な情報といふことね! ピコーン! (・∀・)

 新刊「おテレビ様と日本人」によりますと、2008年春、NHKが「鳩子の海」を回顧する番組を制作したさうですが、脚本家である林秀彦氏にはひとことの断りもなかつた由。
 それでも知人のすすめで番組はごらんになつたさうですが、制作当時林氏が局と大ゲンカしてやつと放送にこぎつけた内容――広島の原爆や、原子力発電のことなど、かなり先鋭な内容を扱はれたらしいのですが――を、さも局の手柄のやうに紹介しながら、脚本を書いた林秀彦の名前すらださなかつたのだとか。もちろん林氏は手柄を横取りされたなどといふことを訴へたいのではなくて、TV局といふものがいかに事なかれ主義で無責任であるかといふことを、氏ご自身の経験から「論証」したかつたのであると。

 林秀彦氏は、その人生においてテレビといふものにかかはつたことで、大きな罪を犯した、まこと慚愧に堪へないと、絞り出すやうな声(=文章)でいはれるのです。

 氏が(題名はあきらかにされませんが)脚本を書くドラマが人気を博してゐたとき、いちど視聴率が下がつたことがあつた。するとプロデューサーは、「次の回でレイプシーンを書くように」言つたさうです。「わたしの書く人物に、そういう必然性のある人間はいません」「その意外性が、ドラマってもんだろう」
 そこで林秀彦は、怒りもあらはに仕事を蹴…つたのではなく、承知したさうです。そんな場面をこしらへるのは造作もない。よろしい。レイプシーンを入れることで「視聴率」があがるものなのか、やつてみようぢやないか――

 さうして実際に、その場面になると「数字」は上がつた。
数字を上げるためにはレイプを入れろといふTV局、そしてそれを入れれば見る視聴者。それを「確認」して、林秀彦は日本をあとにした。日本のなにもかもが嫌になつたといふ氏は――ただTVのことのみでなく、すべての面で”劣化”していく日本の現状に堪へずして――日本を捨ててオーストラリアに骨を埋めるつもりで移住したのでした。

 それから18年。捨てようとして捨てきれなかつた祖国へ、林秀彦は帰つて来ました。さうして、大分の山中から、”日本人よ、目醒めよ”と、警世の書をおくりつづけてゐるのです。
この命、最後の本。とオビに赤い字でしるされた「この国の終わり」を出されたのが2006年9月、その後も「911」を疑ふ本、日本人よここまで「奴隷」になつたのかと慨嘆する本を世に出してをられることは、よろこぶべきかかなしむべきか…
 ともあれ、林秀彦さんにはまだまだお元気で、書き続けてくださいとこちらも祈る心地です。まだ、きつと間に合ひますから…
 

 今日15日は小正月、女正月などともいはれ、暮れからいそがしく立ち働いてきた女たちが、やつと一息いれる”女の正月”とか(^^) 年々正月明けが早まるやうなこの頃では、実態にそぐはぬ言葉になつたでせうか。
 さて、日本の年中行事の総元締?ともいふべき皇室におかれまして、一連の正月行事の最後を飾る「歌会始」の日であります。
 某巨大掲示板につどふ皇室ウォッチャーのみなさんはどう見た聞いた?とチェックしてゐたら、日付が変つてしまひました(^^);
 昨年の陛下の御製には、「林は秋の色を帯び初む」と、はつきり秋篠宮を頼りにされるお心があらはれてゐる――と、ひとしきり祭になつたものでしたが。
 果たして今年は…? (`・ω・´)

outa3.gif outq4.gif

 みどり豊かな皇居には、さまざまの生き物が生を営んでゐる。その織りなすいのちの様を見つつ、十五年を経たのであることよ―― といふ感慨をおよみになつたものと拝されますが、これにも某巨大掲示板ではすでにいろいろな「解釈」が上がつてゐました。
 
 曰く、イキモノとは、これまで陛下が遭遇されたことのなかつた”想像のナナメ上いく”人種、かの妃とその実家、取り巻き連中のこと。その奇態な”様”を否応なく見せられてきた十五年だつたよ…つてことでは?と。
 
 すでに1400余のスレッドを重ね来て、着々と”検証”を積み上げてきたひとたちの言ふことには説得力があります。妃の父である外務省のお役人は、昭和天皇の外遊に随行し、天皇はその人となりをよくご存じであられた。それゆゑ、その人の娘が親王妃の候補に上がつたとき、強く反対されたといひます。それでも彼女を皇室にねじこみたい勢力はあきらめなかつた。昭和天皇が崩御されて、いちどは候補から名が消えたはずのその女性は復活し、皇太子のつよい希望で入内が叶つた… 
 
elusive.gif まさに異種の生物の闖入(ちんにゅう)です。
はたして皇室といふ環境に「適応障害」を引き起こし、義務のほとんどを免ぜられて「静養」につとめてをられた。その一方で、私的なおたのしみにはしきりと出向き、イギリス、スペインなどの欧州王室の賓客あれば、いそいそと出てきて接待にあたられる。しかしながら国民に心を寄せ、日本の文化にしたしむごようすはみられない… 庶民の眼から見ても「?」がつく妃の行状は、皇室の方々にこそ、激しいストレスをもたらしたに相違ありません。

 妃は「歌会始の儀」にはご欠席。詠まれたお歌はここ数年の例にもれず「吾子(わこ)」、女のお子様を歌つたものでした。どこまでも内向きな方…と、掲示板でも失笑を買つてゐた模様。

 マスコミは何かと妃の肩を持ち、進歩的な女性だから旧弊な皇室に合はないのだと喧伝してきましたが、ここへきて国民が問題にしてゐるのは「それは人間としてどうなのか?」(`・ω・´)といふことです。”進歩的”なキャリアウーマンだつて、周囲との調和をはからねば何ひとつ出来はしないでせう。”自分と実家さへ良ければ”といふ、癌細胞にも似たいびつな生命体――それが寄生したために宿主の皇室は、生命の危機にさらされてゐる。科学者でもある陛下は、それを厳しくみつめて来られたはづなのです。

 御製が朗誦される間、陛下は上の写真のやうに、険しい表情をなさつておいででした。
それゆゑに… このお歌は、自然科学者としての陛下が、皇居周辺の自然の生き物をごらんになつての感慨といふにとどまらない、深いお心がかくされてゐるのでは――とつひ想像をたくましくしてしまふのです。

「歌会始の儀」を拝見してゐて、もうひとつ印象深かつたのは、皇族方を代表して読み上げられた「ふみひとのみこ」秋篠宮殿下のお歌と、儀にのぞまれての殿下の引き締まつた表情でした。

outa5.gif outa6.gif

”ニッポニア・ニッポン”と称される「国鳥」の朱鷺をおよみになり、新たなる生活へと飛び立つすがたを歌はれるそのお歌には、皇室の柱石としてのお立場をお引き受けになるお覚悟のやうなものがうかがはれる――といつては穿ちすぎでせうか…

pure1.gif 10日は、大阪の Pure Harmony にお邪魔しました。
 Pure Harmony とは、”コズミックアート”で知られる足立幸子さんと、そのお兄さんの足立育朗さんの”波動の法則”に関する情報や波動製品をあつかふWebショップで、大阪は扇町公園ちかくにスペースを開いてをられて、常時製品を見たり購入したりできました。お店といふよりは、幸子さんや育朗氏のアートにかこまれて、いつまでも居たくなつてしまふやうな気持ちのよい空間で、いはば街中の”サンクチュアリ”でありました。
 ”ありました”と過去形でいふのは、このたびこの大阪のスペースが閉じられることになつたからなのですね… お名残に、もう一度行つてみたくて、お引つ越し準備でおいそがしいところ、ムリをいひましてお邪魔(まさに邪魔だ!)したのでありました。(写真はそのスペースのほんの一角(^^) ”のだめ”のマングースのそばにみえるのは、育朗氏の絵と、純チタン製波動製品)

pure2.gif 足立幸子さんといへば、1994年に出版されて以来のロングセラー、『あるがままに生きる』(七賢出版)を読まれたかたも多いのではないでせうか。
 1992年12月の大阪での講演を文章化したものですが、話し言葉であるため、とても平易に”波動”の世界のことが説き明かされて、腑に落ちるかんじです。
「地球の波動がどんどんあがってきた」「わたしたち個々の人間の意識は、『おおもと』でひとつにつながっています」「これからは、この『おおもと』、真我を出して生きていくときです」「あるがままに――」
”でも、あるがままに生きるといつたつて…”と躊躇するワタシタチへ向けて、ご自身の体験をもとに、直観にしたがつて生きるとはどういふことかを説いてをられます。
 たとえば、ラーメンがたべたくてお店に入つたとき。
 

 そのお店はメニューが壁に書いてあって、そこに入った途端にネギラーメンから目が離れなくなりました。たぶんこれが一番美味しいのだと思ったのですが、頭はすぐ欲を出しますから「モヤシがいいかな」など色々考えるのですが、目はネギラーメンから離れないのですよね。
 友達に「足立さん、決まりましたか」と聞かれて、「直観ではネギなんですよ。だけど頭はモヤシだのなんだのと欲を出していて迷っているんですよね」と言いました。
 
 直観だけなら、迷うわけがないのです。頭で色々考えて、欲を出すから迷うわけですね。

 友達は、「いや~足立さん、このお店はとにかくネギが美味しいんですよ」と言うので、「ああ、やっぱり」と思いました。《深い部分の自分》はちゃんと知っていましたから、ネギから目が離れないのですよね。それでネギラーメンを食べたら本当に美味しかったので、ますます直観を信じざるをえなくなりました。
 ちゃーんと全部教えてくれているのですよね。

 
 このくらゐ、「単純」なのだと幸子さんはいひます。これ、《ネギラーメンのおしへ》と称して、ワタクシだいじにしてをります(^^)

 で、”Pure Harmony 大阪”最後の夕べは、ちかくの美味しいお好み焼きを買つてきて、タノシクいただきました(^^) お話しながら思つたのは、”さうか、この場所が《サンクチュアリ》だつたのは、この店主さんの居るところがすなはち《サンクチュアリ》といふことだつたんだ”…

pure3.gif ここ大阪スペースでの最後のお買ひ物は「アトムカード」。チタン箔に図形を印刷しラミネート加工したものですが、これが「原子レベルの歪みを矯正し、正常な波動を増幅させる」働きをするといふもの。
「???」と思はれるかも(^^); ですが、論より証拠、使つてみればわかります♪
 このカードの上に飲み物食べ物を数分のせておくと、味が変はります。よりマイルドに、刺戟のすくないはうへと。以前、ケータイが壊れて画面表示がをかしくなり、操作を受けつけなくなつたことがありましたが、だめもとで「アトムカード」をはさんで二つ折りで放置しておきましたら、なほつてゐたことがありました(!) いま思ひついて、ノートPCに載せてみましたら、眼の疲れ具合がまつたく違ふのです。あらためてびつくり

 さきほどググッてゐましたら、こちらのブログに「アトムカード」おどろきの使用ルポが! いはゆる”霊的”クリーニングにも効果絶大とか。
 楽天ブログ こごとむすひ 2008年01月24日

 あ、申しおくれましたが、スペースを閉じても、Pure Harmony のWebショップは変はらず稼働してをります(^^)

 1月末にかけて移動でおいそがしいと思ひますので、もしご注文されたい方がいらつしやいましたら、2月以降のはうがよろしいかと存じます(^^)
  

asosa.gif キタ━━━━━( ゚∀゚)━━━━━━
麻生タンからお返事キタコレ!!! てなものですわね(^^); 取り乱してごめんなさい

 昨年末、「国籍法」改正でネットが騒然としてゐた頃、麻生総理へのマスコミのひどいネガティヴキャンペーンに”対抗”して、麻生総理激励のクリスマスカードを送らう!といふ話になりました(^^)
 ワタクシも23日になつてやうやくLoftでカードを買ひまして、あたふたと書き込んで出しました ”ウーン、明日のイヴには無理ッぽい? Xmas過ぎて着いたらマヌケだな…”なんぞと思ひつつ、年末年始のあれこれに取り紛れて忘れてをりましたら。
 思はざりき、まさかお返事いただけるとは…
ワタクシのやうな駆け込み組もすくひあげてくださつたのだらうか、とちょつと感涙… 結局秘書の方たちのお仕事を増やしただけかも、と忸怩たる思ひはありますが、戸井田とおる議員が「みなさんのクリスマスカードが、麻生総理に気を送っているようです!」とご報告くださつてゐるのは有難かつたです。
 デモ、官邸の歴史はじまつて以来ではないでせうかね? 首相宛のXmasカードがどつさり届いたといふのは(^^) 呼びかけ人のアイデアに脱帽です。マスコミは支持率低下を声高に叫び、これでもかとばかりに首相の足を引つ張つてゐますが、麻生総理を応援する人は決して少なくはないはづなのです。マスコミ連中のいひなりに小沢民主に政権を渡したら、冗談でもなんでもなく日本終了です。ネットから少しでも、麻生支持を盛り上げていかなくては!(`・ω・´) 

…願はくばことしのXmasにも、”麻生総理”へのカードをおくりたい…(^^);

 今朝方目を覚ます直前、図書館のユメをみてました(^^)
場所は大阪府立中央図書館で、自動販売機でコーヒー買おうとしたら、オレンジジュースがでてきた、なんてミョーに細かいユメでした。さういへば、しばらく図書館に行つてない… よし、つぎの日曜は図書館へ行かう! あさ9時前に並ばないと、机席が取れないのです(^^); 早起きせねば…

 図書館といへば。
昨年11月頃、「国立国会図書館法」の改正案が出てゐると聞いたのですが、その後どうなつてゐるでせう??
 衆議院の審議中議案一覧をみてみましたが、「審議中」とだけ…(´・ω・`)
かういふことの詳しい経過は、ナニをみたらいいのでせう???

「国立国会図書館法」の改正案は、民主党の鳩山由紀夫議員が提出してゐるもので、「国立国会図書館法内部に恒久平和調査局を設置」して、先の大戦で日本がどんな悪いことをしたかを調査し、もってアジア諸国との間に信頼関係を醸成する、のださうな。その部分を本文から引用しておきます。

第十六条の二 今次の大戦及びこれに先立つ一定の時期における惨禍の実態を明らかにすることにより、その実態について我が国民の理解を深め、これを次代に伝えるとともに、アジア地域の諸国民をはじめとする世界の諸国民と我が国民との信頼関係の醸成を図り、もつて我が国の国際社会における名誉ある地位の保持及び恒久平和の実現に資するため、国立国会図書館に、恒久平和調査局を置く。
  
 恒久平和調査局は、次に掲げる事項について調査する。

 一 今次の大戦に至る過程における我が国の社会経済情勢の変化、国際情勢の変化並びに政府及び旧陸海軍における検討の状況その他の今次の大戦の原因の解明に資する事項

 二 昭和六年九月十八日から昭和二十年九月二日までの期間(以下「戦前戦中期」という。)において政府又は旧陸海軍の直接又は間接の関与により労働者の確保のために旧戸籍法(大正三年法律第二十六号)の規定による本籍を有していた者以外の者に対して行われた徴用その他これに類する行為及びこれらの行為の対象となつた者の就労等の実態に関する事項

 三 戦前戦中期における旧陸海軍の直接又は間接の関与による女性に対する組織的かつ継続的な性的な行為の強制(以下「性的強制」という。)による被害の実情その他の性的強制の実態に関する事項


 上の二項でもさうですが、”関与”と付ければいかようにでも”旧日本軍の悪!”をでつちあげられるといふヤツですね(`・ω・´) ”旧日本軍の性奴隷!”を呼号したいヒトたちが国会図書館に常駐して、”調査”をするといふ。国民の税金を使つて…

 四 戦前戦中期における旧陸海軍の直接又は間接の関与により行われた生物兵器及び化学兵器の開発、実験、生産、貯蔵、配備、遺棄、廃棄及び使用の実態に関する事項

 五 前三号に掲げるもののほか、戦前戦中期において政府又は旧陸海軍の直接又は間接の関与による非人道的な行為により旧戸籍法の規定による本籍を有していた者以外の者の生命、身体又は財産に生じた損害の実態に関する事項

 六 第二号から前号までに掲げるもののほか、戦前戦中期における戦争の結果生命、身体又は財産に生じた損害の実態に関する事項

 七 戦前戦中期における戦争の結果生命、身体又は財産に生じた損害について当該損害が生じた者に対し我が国がとつた措置及び当該損害に関し我が国が締結した条約その他の国際約束に関する事項

  館長は、前項各号に掲げる事項につき調査を終えたときは、その結果を記載した報告書を作成し、両議院の議長に対し、これを提出しなければならない。
  館長は、第二項各号に掲げる事項につき調査を終えるまで、毎年、調査中の事項についての報告書を作成し、両議院の議長に対し、これを提出しなければならない。
  第二項の調査及び前二項の報告書の作成を行うに当たつては、関係人の名誉を害することのないよう十分に配慮しなければならない。



 本来中立であるべき図書館に、サヨクの監視小屋(!)をこさえるなんてとんでもない!
(`・ω・´)

 昨日書かうとしてやめてしまつたお話ですが… やはり書いておかうと思ひます。お正月でも亡くなる方はあるし、避けてとほれるものでもないので。
 大晦日、A.S.さんから、「錦之宮HP閉鎖のおしらせ」といふ一通のメールをもらひました。
 錦之宮とは、大本教の出口王仁三郎師の意を受けた辻天水氏が「大本裏神業」の場として開いたところです。辻天水氏死去のあとは、夫人の登美古氏と息子の公壽氏が神業を継がれ、公壽氏が錦之宮を離れられたあとは、妻の辻恵子さんが代表をつとめてをられました。

 と、このやうな書き方をすることには、古参の会員の方からのお叱りを受けさうです。わたくしの理解は、このやうに現象の表面をなぞるものでしかありません。なにぶん、わたくしは日月神示経由で、”龍宮神示”なるものを保持してをられるといふ辻惠子氏に関心をもち、ネットを介して新参のそのまた端つこにゐたのにすぎない者ですから。

 錦之宮HPを訪問するやうになつてまもない2008年3月、辻惠子さんが乳がんの手術を受けられたと聞きました。錦之宮HPの掲示板には、術後の惠子さんのごようすが日々アップされました。お医者さんや看護士さんに「(胸がなくなつて)シャネルの似合ふ女になつちやつたよ!」と明るく言つて笑はせたといふ惠子さん。術後まもなく精力的に日記を更新されるのには驚きました。ちかくで献身的にお世話される会員さんがいらして、まずは大丈夫…?? と思つてはをりましたが。

 それからほどなく、7月2日に辻惠子さんは帰幽されたのでした。

 わたくしがそれを知つたのは、半年も経つてHP閉鎖のおしらせを聞いてのことです。
”閉鎖? なぜ? もしかして?”とネット上を捜して、あらたな「錦之宮掲示板」といふのをみつけました。そこでは、かつて会員だつた方が、「ネット上の会員には情報は発信されず、内紛は続いた状態」であることを憂ひ、「被害者の救済に」あたるため掲示板を立ち上げられたといふことでした。
 管理人さんは、間近で辻惠子氏の”ご神業”を見てこられた方です。
かうした神懸かりの女性にありがちな、惠子さんの奔放さに振り回されて苦労をされた、苦いものが文中ににじんでゐました。

 そして今、閉鎖された錦之宮HPに替つて、「神聖 世界経綸 錦之宮」なるHPが。
掲示板ではイニシアルで記されてゐますので、それにならつてS.K.としておきますが、そのS.K.女史が錦之宮の”新代表”に収まつてゐるといふのです。”新錦之宮”は、これからの厳しい立て分けの時代、お役に立つ人間を振り分けねばならぬ!と意気軒昂で、あらたに参集する人は、履歴書を持参せよとのことです(???) 勘繰れば、その履歴書でどれほど”使へる”人間か、どれくらゐおカネが絞れるかを見ようといふのでは…とも取れてしまひます。とんでもないひとに居座られてしまつたものだ… (´・ω・`)

 神サマを取り次ぐと称する人は、往々にして狐狸のたぐひの如く、女性はきいッとまなじり裂いて狐憑き、男性はお狸然としてコトバ巧みに信者を誑(たら)す、といつた態になるのはどういふことでせう…
 伊勢白山道氏によれば、大本教を初めとする新興宗教は、”神様のお側近くで、神々の経綸を耳に入れてゐた眷属神、いはばペットの類ひが地上へ降りてきて興したもの”だといひ、これからの時代、宗教団体といふものは必要無くなつていくのは避けられない流れであるといひます。錦之宮もつひにその役目を終へて、消え去るときがきたのでせうか。

 このFC2ブログ圏(!)に、ぽつんと置き忘れられたやうに、辻惠子さんのブログ「辻ちゃん日記」が残つてゐます。2006年1月からすこしばかり書き込まれたもので、その後錦之宮HPのはうの日記が主になつて、こちらは放置されたままになつてゐたのでせう。
 あるじなくしてこの空間にただよひつづけるのか、このブログのかけら…
(いちわうリンクを貼りました。「辻ちゃん日記」)

mimoro.gif うおう! ここしばらく更新の途絶えがちだつたワタクシにしては、結構つづきました(^^)
 今日書かうと思つてゐた話題、ちよつとこのおめでたい(!)テンプレートには合はないかな…と躊躇しまして、にはかに茶飲み話?などはぢめた次第です(^^);
 お参りのたのしみは食べること♪と申しましたが、お土産を持つて帰つて、しばらく楽しみがつづくといふのもうれしい。三輪のお山は古くは「三諸山(みむろやま)」とよばれたさうで、その名にちなんだ最中「みむろ」が有名です。エコエコいはれるずつと前から、紙箱に個別包装もせず最中をつめるだけの”簡易包装”を実践してゐますが、ふしぎと日持ちがよくて、買うて4日目の今日も、香ばしくいただいてをります 1個90円で10個詰め小箱900円から、とお値段のはうもリーズナブル。これでをいただくと冬でもほつこり。
…なんて宣伝してしまつたが、何も貰つてナイですよ(^^); 
(「白玉屋榮壽」tel 0744-43-3668)

hsauto.gif kokkai1.gif
 
 今日1月5日は仕事始め。通常国会も開幕です。
昨年、人権擁護法案だの国籍法改正だので右往左往させられ、いかに政治オンチかを思ひ知らされましたので…今年の目標は、「勉強しよう!」です(^^)
 
 そこで、前からみたかつた国会へ行こう!」をみてみました。

 きつかけは斉藤ひろしのシナリオ教室(雷鳥社)でした。シナリオ公募にそなへて付け焼き刃のベンキョウをしようと(^^); 買つた本ですが、これが素晴らしかつたのです。のつけから、私は脚本の勉強を「してないです」と正直に(!)いつてのける。いわゆるシナリオ教室も、初日の講義で「ライターは身体が丈夫で、しかも精神的にタフでないと絶対ダメ!」と言い放たれて、「神経過敏ですぐに腹痛を起こす私はそれを聞いただけで気持ちが暗くなり」辞めてしまつたさうです。そんな経験をつつみかくさず語り、「『こんな奴でも脚本を書いて生きていけるんだなあ』と呆れつつ自信を持ってもらいたい」と序にのべる。そして、「わたしはこうして脚本を書いてきた」と実践に即して、知りたいことを教へてくれる、ほんたうに風通しのいい本だつたのです。まだ映画は1本もみてゐないながら、ワタクシは斉藤ひろしのファンになつてしまひました。「国会へ行こう!」もまた、氏の作品のひとつとして紹介されてゐたのでした。

 映画「国会へ行こう!」(1993) は、高野和明・斉藤ひろし共同脚本、監督は一倉治雄。
保守分裂選挙を描いて、公開後現実にそつくりの政界再編劇が起きたため”予言的映画”と話題になつたとか。
 物語は、クリーニング屋でバイトする大学四回生・河合(吉田栄作)が、事故の車から政治家・松平重義(緒形拳)を救ひ出し、それが縁で松平の秘書になり、政治の世界を知つていく――といふもの。
 依頼されれば「殺人以外の」どんな仕事でもひきうける(!)政治家事務所の日常がこつてり描かれる前半は、初心者にはマコトにベンキョウになります(^^);
 嫌気がさしていちどならず辞めようとする河合に、松平の妻・紀子(吉田日出子)が、彼の若き日の政治改革試案をこつそり渡す。その理想の高さに眼を見張る河合は、この”試案”をもとに”政治改革法案”の骨子をつくる。
 そしてみずから政治献金疑惑の渦中の人となりながらも、松平はこの”政治改革法案”を成立させようと動くのでした。元総理・武田はさうはさせじと強引に解散にもちこむ。ならばと松平は新党を旗揚げし選挙に臨む。宮城一区、松平と武田確執の選挙戦は如何に?

 松平は、あの”壊し屋”といはれた人物を彷彿とさせますが、今みてみれば、渡辺喜美サンにだぶつて見えるかもしれません(^^);
  法案成立をめぐる駆け引きもまたリアルで、あの「国籍法」改正をいやでも思ひ出します。
あのときも”委員の差し替へ”が、このやうに行はれたのだな…などど。(`・ω・´)

kokkai2.gif kokkai3.gif

 そしてこの映画の魅力は、なんといつても緒形拳でせう。15年前のまだ若い緒形拳が、野望のためなら地を這ひづり回つて泥を舐めることも辞さない男の迫力を感じさせます。
 ただ、娯楽映画のワクを越えまいとしてか、後半ややオハナシが甘くなりますね(^^);
どこまでもどす黒い政治家を、緒形が演じてゐたらどうなつてゐたらうか…

 ワタクシ的には ☆☆☆☆★(5つ中☆4つ!)の評価デス。
ごらんになつて損はない、いやぜひごらんいただきたい映画なのですが、少々古いのでレンタル店でスグでてくるか心配…(´・ω・`)
 ワタクシはTSUTAYAで取り寄せてもらひました。郵送料210円が別途必要デス。
(このごろTVはニュースくらゐしかみないので^^; もしTVで放送してゐたらゴメンナサイです)

asosan1.gif asosan2.gif
 TVのニュースで、麻生総理が年頭の所感を述べられるところを拝見。
昨年、マスコミで漢字が読めないの漫画ばかり読んで教養がないのと叩かれたことへの”返礼”なのでせうか、色紙に筆でくろぐろと「安心 活力」と書き上げてみせられました(^^)
 NHKのニュースはそのあと、総理が伊勢神宮に参拝されたことをつたへてゐましたが、なぜか伊勢神宮の建物など決して写りこまぬやう”配慮”してゐるかのやうな編集ぶり… 
 伊勢神宮の何がいけないの? 年頭に当たり、一国の首相が神宮で国の繁栄と民の安寧を祈る――堂々と報道すればいいではないですか! それをきけば国民だつて、うれしく思ふでせうに… (`・ω・´)

 ニュースの”焦点”は、もつぱら「解散総選挙」はいつなのかとそればかり。予算案・法案成立まで解散・総選挙は行はずと報じた後、民主党党首・小沢一郎氏のブ然とした顔を映して、氏が早期解散・総選挙を求めてゐると続ける。
 こんなニュースや、民主、公明のTVCMを連日みせられてゐたら、”今は解散総選挙すべき流れなんだ。政権交代すべきなんだ”と無意識のうちに刷り込まれていつてしまひます。そして”郵政民営化、是か非か”で踊らされたあの愚をくりかへしてしまふ… (´・ω・`)

この1月1日から「改正国籍法」が施行され、初日に早くも160名の申請があつたといひます。いま民主党に政権を渡したら、かういふ危ない法案がどつと通されて、不可逆的な”変化”が始まつてしまひます。ここはなんとしても、麻生太郎にふんばつてもらはねばなりません! (`・ω・´)  

これ、見逃してゐたので YouTube にあがつてゐてうれしかつた!
昨日のTV番組「たけしの教科書に載らない日本人の謎」から、
『たけし人生初めてのお伊勢参り』 1/2



『たけし人生初めてのお伊勢参り』 2/2



 神妙に(!)きちんとお参りされてゐて好感がもてました(^^);
「ここは家内安全とか祈る場所じゃないね。もっと宇宙的なところっていうか――」
 たけしもお参り、そして4日、麻生総理も…
これからますます、伊勢神宮が日本人のこころのささへとなるのかもしれませんね。

 正月三日、いとこ夫婦があそびに来まして、おせちがキレイになくなりました(^^)
あとは関西の冬の味覚・あんこう鍋です♪ 撮りたかつたけど、”アレ○○ちゃんブログとかやつてんの?”なんてハナシになつたら困るぢやないデスか(^^);
 帰り際、いとこのヨメさんが、”おばさん、いま1ヶ月無料なんです。ためしに取つてくださいな”なンて、母に「聖教新聞」購読を頼んでました…
 あとで母に断りの入れてもらひました。面と向かつて断りにくい相手に電話で、てのはヒキョー技だけど有効デスね(!)断りの口上をゆつくり述べることができて(^^);
 いやホントに冗談ぢやないですよ!! 
いま学会ではさみだれ式に退会者がつづいてゐるとか、フレンド票の威力にかげりが見えるとかいはれてゐるらしいですが、これまで勧誘めいたことを言つたことのないヒトがこんなことをいふとは… やつぱり切羽詰まつてゐるのかしら??

 学会といへば、昨年は皇太子殿下のおすがたが写つた写真が、聖教新聞第1面に掲載されてしまふ不祥事がありました。”総体革命”とやらが、まさか皇室にまでおよんでゐるとは、かんがへたくはないのですが…?!

 ここでおきよめ画像をば(^^)
kikosama.gif kogosama.gif

この新年の皇室ご一家のお写真を、宮内庁サイトから拝借しました。
慈愛にあふれ、神々しいばかりの紀子妃殿下。悠仁殿下を皇后さまが抱き上げられたのには、はつとしました…

 強力おきよめ第二弾♪ 感涙モノです… 

 世界最強の天皇陛下 投稿者 hinomaruspirits



2009.01.02

大神神社初詣

09miwa1.gif 09miwa2.gif
 大神神社へ初詣に行つて参りました(^^) お天気はこんなんでしたが 
雲間から差し込む陽が、大鳥居におちてゐました。

09miwa3.gif 大神神社拝殿前です。時間が遅かつたせゐもあるのか、晴れ着の方はほとんどみなかつたやうな。きつと姿は元日のはうが多かつたのでせうね。人の列が、ひたすら黒かつたといふ印象です。
 ちょつと驚いたのは、狭井(さい)神社へお参りしようとしたところ、行列が鳥居の外へずつと延びてゐたことです。
「?? なにか御神水の授与とか、特別のことが?」 と行列の先頭まで見に行つてみましたが、お参りの人が並んでゐるだけでした。こんなことは初めてです。
狭井神社といへば、御祭神・大物主大神の荒魂をお祀りし、霊験あらたかと聞こえるお社。熱誠こめて祈られる方が、常より多いのかもしれないと思ひました。こんなところにも”世相”が現れてゐるのでせう…

09miwa4.gif 09miwa5.gif
 さて、お参りすんでの楽しみは、やつぱり食べること(^^);
鳥居脇の「そうめん処」で、熱いにゅうめんをいただきます。
 お、おいしい~~~ と泣いてどうする。

「あんなあ、長距離ドライブした後な、熱ッつ~いラーメン食べて、ハ~~…ってなるやん? いま、そんなキモチ」
って声が、隣りのテーブルから聞こえてきました(^^); 

hinomaru.gif

新年明けましておめでたうございます。

本年も「えみため日記」をどうぞよろしくお願ひ申し上げます(^^)

バスの窓から、病院の庭にへんぽんと翻る日の丸を見ました。
なんか、いいなあ…

もちろん、”国旗なんかなんのイミがあるんだ。ただの色の着いた布ぢゃないか”といふ人もゐます。
むかしワタクシが熱中した、インドの哲人・クリシュナムルティがさうでしたよ(^^); 国旗国家、すべての地上の迷妄を否定してのける方でした。

しかし。この日の丸の象徴するところは、日本は太陽神たる天照大御神のみそなはし賜ふ神の國であるといふこと。そして日本の神々は、たんに日本一国の守護神たるにとどまらない…
日の丸を仰ぐとは、この太陽と顕はれ賜ふ神とじぶんとの絆をたしかめることにほかならない、といへるのではないでせうか。

”おてんとうさまが、みてゐるよ!” といふきもちをこめて、日の丸を仰ぎ見たいと思ふのです(^^)

こよみ

2009 / 01
-4111825
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。