えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

isehakusan2.gif isehakusan2obi.gif
 伊勢白山道さんの新刊『内在神と共に』をやうやう入手(^^)
今回は、経済界といふ出版社から出されてゐます。いはゆる”スピリチュアル”系の出版社でないところに、神さまのご意志があるやうです。伊勢白山道さん曰く、今回は”スサノヲ”さまがお働きになり、”現実界を強く生き抜くための知恵を”広めてほしいと、出版のご縁を結ばれた由。
さすがにビジネス関連の出版社らしく、一読して非常にわかりやすい編集をされてゐる印象をもちました。たとへばカバーに付いてゐる帯ですが、「内在神イコール良心」です。と端的に言い切つてゐるところには唸りました。たつたの4行で、伊勢白山道のエッセンスが言ひつくされてゐる! 伊勢白山道「入門編」としては、こちらの本のはうが望ましいな、と思ひました。どなたかにおすすめする機会があれば、まずこちらから(^^)

 商売人といふコトバは、大阪では独特のニュアンスをもつやうです。”あの人は商売人や”といへば、商売の道をりつぱにやつてゐる人、といふ賛辞になる。その大阪の商売人は、商売繁盛をもたらしてくださる神サンをたいそう大事にします。電車の窓からビルの群れを眺めてゐますと、屋上に赤い鳥居がちらほら‥。まあ大阪に限らないのかもしれませんが(^^);
 そんな日本の商売人の方たちにとつても、この『内在神と共に』に説かれてゐる”商売と神の関係”は興味深いことでせう。お稲荷さんには、正神と地獄の使者(!)のふたとほりの神さまがおはすこと、福々しい恵比寿さまは、わたしたちが考えてゐるやうな神サマではないかもしれないこと―― にっぽんの商売人のみなさんが、この本をおよみになることで、神と人との関係について認識をあらたにされるとしたら、それはこの国の先行きを大きく左右するのかもしれません‥

かく申すわたくしめも、お稲荷さんについての蒙を啓かれました(^^); もうおキツネさまが嫌ひで嫌ひで‥ ちかぢか、伏見稲荷へお礼、ならぬお詫び参りに行かうと思ひます。お伊勢さまのまへにこつちか‥
スポンサーサイト

Goisensei.gif 先の富士山写真のときに書きましたが、白光真宏会は五井昌宏氏がおはじめになつた団体です。といふよりこの団体が、五井昌宏氏のまわりに自然発生的に生じたといふべきか。「世界人類が平和でありますように」と書かれたステッカーや白い角柱をみたことのある方も多いのではないでせうか。

伊勢白山道さんのさきのご本『内在神への道』にも、”G氏”としてふれてゐる個所があります。曰く、G氏自身は善人だが、背後の存在があると‥
それで思ひ出して、五井先生の白光はどうなつてゐるかな、とサイトをのぞきに行つて、あの写真にびつくりした次第(^^);

もうずゐぶんまへですが、本屋さんで「高級霊ハイスピリットは上機嫌」といふ本をみて、ちょつと変わつた題名だな、と思ひました。英語で「上機嫌」のことを "in high spirits" といふことから、さういへば「高級霊」、高きにおはす神霊も、例外なく「上機嫌」である――といふのでつけられたタイトルなのださうです。以来五井氏の著作を読むやうになりましたが、どの本にも「上機嫌」の空気、あかるい光のやうなものがみちてゐて、五井氏のファンになりました。五井氏はすでに帰幽されてゐたのでしたが‥
 おあとを慕ふて「白光真宏会」をたずね、”世界平和の祈り”に親しむやうになり、著作家五井氏は”五井先生”になりました。いまでも、伊勢白山道さん提唱の「生かしていただいてありがたうございます」の感謝想起に、白光の祈り言がまぢつてしまひます。どちらも、おなじ峰につづく道なのだから‥ としばらくは両様の祈りになりさうです。

 五井先生の思ひ出を、古くからのお弟子さんたちが語られてゐますが、これはわたくしのいちばん好きな話。
 五井先生とみどり奥さまにはお子さまがをられず、犬をお飼ひになつてゐらしたさうです。リリーちやんといふそうですが、奥さまが勝手口で野良猫にごはんをあげてゐると、やきもちをやいてわんわん鳴き立て大騒ぎだつたさうです。そこで五井先生は、リリーをおよびになりまして、おさとしになられました。
「これリリー。おまへは人間とおなじ座敷に寝起きして、日々のごはんにも事欠かない暮らしであるのに、野良くんがたまのごちそうにあづかつたといつて、そんなにも嫉妬するとはなさけない。すこし、譲つてあげなさい」
 なにか言はれてゐるあひだは神妙なかほもするけれど、また猫の気配を感じては飛んで行つてしまふ、まことに動物といふものは頑是無いものであります‥ と語られたさうですが。
goisensei2.gif goisensei3.gif

大真面目にわんちやんに向かつてお話しになる五井先生のおすがたを想像するとおかしくて‥(^^) 小鳥に説教したといふ、アッシジの聖フランシスコを思ひだしました。まことに五井先生は美しいお心の方、日本の聖人だつたと思つてをります。

chemfuji.gif 
 富士のお山を取り巻いてゐる、見覚えのあるこの雲は‥
これもケムトレイル??? なんと禍々しい眺めであることか‥

もう、フツーにお天気ニュースなどみていましても、あの雲がぺつたり空を覆つてゐることが珍しくありません。でも、お天気キャスターさんの口から、説明を聞いた覚えはないですね‥
ローカル局に写真付きメールを送つて問ひ合はせてみやうと思ひます。フツーにスルーされさうな気もするが‥ (´・ω・`)

左の写真は、白光真宏会のサイトから拝借しました。「世界人類が平和でありますように」との祈りで知られる、五井昌久氏のおはじめになつた団体です。いまはどうしてをられるやら‥ とのぞいてみたのですが、この写真にべつくりして、ナニしにきたかわすれてしまつた‥

2008.10.21

らくがきルポ

(ためしにうpしてみました。『路上の霊魂』みての落書きです^^;)
(10/22再アップしました。ただいま画像のテスト中)
jakugaki.gif

rojou1.gif この日はJRの”乗り放題きっぷ”を手にお伊勢参りのはずでした。が、11月に順延いたしました。なぜならば、これは見逃すわけにはいかない!!!ので(^^);

 現存するわが国最古のサイレント映画、大正10年松竹キネマ研究所製作の『路上の霊魂』が音楽演奏つきで上映されるといふので、行つてきました。
この”サウンド オン フィルム”と称する企画は、”無声映画の傑作、忘れられた名作を生演奏つきで上映、あたらしい音楽とともに生まれ変はらせやう”といふ、PLANET+1プラネットプラスワンによる意欲的なこころみで、第10回めの今回は、大阪歴史博物館との共催で、同館講堂で催されました。

 演奏はピアノ一台、フルート、バイオリンのクラシック畑のお三方と、ギター、ドラムのお二人。いつもはふたりといふのですから、今日のは豪華版です♪ で、正直申して、「‥苦労してるなあ‥」といふのが偽らざる感想。映画を壊さぬやう、うるさ過ぎぬやう、それでいて今らしい音を、とさぐりさぐりの状態だな、とお見受けしました。ですが!この企画自体がうれしい♪ これからも足をはこばう!とココロに誓つたのでありました。

rojou2.gif

 最近、伊勢白山道さんブログのコメント欄で、「大阪から姫路に向かつて、ケムトレイルらしきものが散布されてゐて、みるみる空が雲に覆はれた」のをみた、といふ主旨の投稿を目にしました。

kemu1.gif 
 ケムトレイル chemtrail とは、飛行機雲 contrail から派生したことばで、水蒸気でできた通常の飛行機雲が1分程度で消えるのに対し、数時間も消えずに残る密度の高い雲です。人為的に何かを噴射しないかぎり、こんな雲はできないでせう。誰が、何の目的で?

そのことが頭にあつて、今日大阪へ向かふ電車の窓から、空を眺めてをりましたら――
みつけました! ノコギリ状の飛行機雲。普通の飛行機雲ならば、かぼそい真つ直ぐな線なのに、この異様なかたちはなんでせう?
たしかに、何かをシュッシュッと吐き出しながら飛んだら、こんな跡になりさうです。

しばらく、この雲を追つてみました――


kemu2.gif kemu3.gif
大阪の中心地へ近づくにつれて、次第に雲が密になつていきます。

kemu4.gif kemu5.gif
        ――そして大阪。うろこ状の雲にびつしりと覆はれてしまひました。

この空には見覚えがあります。この夏、日拝のときに撮つた空がこんなふうでした。
下は2枚とも、自宅近くの公園で撮つたものです。まるで筆かなにかでぺつたり塗りつけたやうな雲が、頭上を覆つてゐるのは、なんともいへない気分でした‥(´・ω・`)

kemu6.gif kemu7.gif

 わたしたちの空に、このやうなものがあるといふこと、誰かがこれを作つてゐるといふのはたしかなことです。
いつたいこれは、なんですか? と、問ひ正すことをすべき時かと思はれます。

リンクを貼らせていただいてゐます『4つの目で世の中を考える』サイトのトップに、ケムトレイルの画像ボタンがあり、そこをクリックされるとくわしいまとめ記事がごらんになれます。ぜひ、お訪ねくださいますやう‥

mannenhituga.gifまへにご紹介しました『楽しい万年筆画入門』で、古山浩一氏がすすめてをられるおてごろ万年筆
ふでDEまんねん”、ためしに使つてみましたよ(^^)  なかなかオモシロイ書き味♪です。
 
 ペン先に傾斜角をつけることで、寝かせ気味に書くと、筆書きのやうな太い線がかける、それで”ふでDEまんねん”といふのですね。とてもおもしろい発想!なのに、ネーミングで損してゐるやうな気が‥ ”ナニ?フザケてんの?オモチャ?”といふやうな先入観をあたへさうで残念‥(´・ω・`)
 
 古山氏の説明によれば、「基本的にはどの万年筆でも万年筆画に使えます。ただ、多彩な表現力のあるペン先を選ぶなら、セーラーの”ふでDEまんねん”が描きやすくおすすめです。私が教えている万年筆画の講座では、これを指定のペンにしています。この”ふでDEまんねん”は、セーラーの『ペン先の神様』と呼ばれる長原宣義氏が考えだしたもので、立てると細くなり、寝かせると極太の線が描ける傑作万年筆です

 傾斜角55°の「若竹」はすこし寝かせるだけで筆のやうな字が書け、普通の角度(60~70°) では”太字”程度。
 傾斜角40°の「紺」はかなり寝かせることで太い字が書けます。普通に書けば”中字”程度。
 下左の写真ではわかりにくいですが、「若竹」は緑色のボディ。「紺」はほとんど黒にみえる紺色です。

mannen2.gif poland.gif

右は”ふでDEまんねん”の「紺」でかいてみた、『ヘタリア』のポーランドちやん(^^); ゴマカシに色など塗つてみたけど、ポーランドの軍服つて何色なんだろ‥ 調べる手間を惜しんで発車‥(^^); 描き手のせゐで、線はキタナイですが、万年筆でこれだけ太い細いが書き分けられるのはちよつと感動です。

一本1,000円と価格もお手ごろ、ことしの年賀状書きのご参考に‥(^^)

2008.10.11

あっ‥

jipang2.gif
 昨日の記事を書いたあとで、「マガツヒ」といふ神さまのことを思ひだしました‥

「禍津日神まがつひのかみ」とは、伊耶那岐の命が黄泉から戻つて禊をされたときに生まれた災ひの神、とのことですが、『ジパング』の表紙絵で、草加の向うに輝いてゐる白光が原爆の光だとすれば、原爆もまた科学が生んだ小さな偽りの太陽、まさに災ひの日ではないかと思つたのです。

「禍津日」の「日」は「霊(ヒ)」のことで、お日さまのことではないのですが‥ここは敢へて曲解し、偽りの太陽神としてハナシをすすめます(^^);

この『ジパング』といふ物語、太平洋戦争真つ直中にタイムスリップしてしまつた海上自衛隊のイージス艦「みらい」の副長(のちに艦長)角松洋介が、戦後の自衛隊のありかたをひたすらに貫き、”歴史の改変”を許すまいとすることが、わたしは不満で仕方ありませんでした。”アンタたち、なんのためにそこにいるの?!ですから、菊池サンたちがクーデターを起こして艦を乗つ取り、日本軍に協力しだしたときには快哉を叫びましたよ。もつともさうでなければ、草加拓海との手に汗握るバトルもあり得ないわけで(^^); 文字通りハナシにならないのですが‥

 でも、この「禍津日」をじつとみてゐたら、別の思ひもうかんできました。
物語のはじめ、「みらい」艦内の資料を読んで戦争の帰趨を知つた草加は「西洋覇道と東洋王道の衝突は、覇道の勝利に終った」といふやうな言葉をもらします。が、正確には「王道を離れ覇道に依らうとせし我が国は、西洋覇道の前に敗れた」といふべきだつたかもしれません。
物語の終局、原子爆弾を手に入れ「禍津日」の力によつて頽勢をくつがへさんとする草加は、誤りの上に誤りをかさねるもの、偽りの太陽神のもとに日の本の道はない――といふことを、かわぐちかいじは描かされてゐるのかもしれない。

戦後の世界は、核の抑止力のもとに辛くも平和を?保つてきました。いはば「禍津日」の支配のもとにあつた。そのスーパーパワーの持ち主のソ連が倒れ、そしていまアメリカがよろめいてゐる。いまやまともに金融が機能してゐるのは日本だけである、などといはれるこの頃‥ 時間のモンダイよ、といふクールなおことばもありませうが(^^);
マガツヒの支配は終り、ほんたうの太陽神の出ませる世がくるのかもしれない――などど思つてみたりしたのでした。

ohisama1.gif 
 いくぞお伊勢さん!と思つたら、なんかわくわくしてきました♪
伊勢神宮には、太陽神、天照大神あまてらすおほみかみがおはします。
(伊勢白山道さんは、天照太御神 と書かれるやうですが)
あまてらすおほみかみ、の十文字は、そのまま祝詞といふべく、
十言の神咒とことのかじりとよばれてゐるさうです。

天照大神の数霊かずたまである十がふたつかさなる今日10月10日はあまてらすおほみかみの日!と勝手にきめました(^^)
この日にちなみ、夏に撮りためた”日拝”時の写真をご披露におよびたく。

←ちかくの公園で撮つたもののうち、これがいちばん気に入つてゐます


dragonball.gif hiroshimanohi.gif
���ї�1龍の持つ珠、ドラゴンボールだ!なんちて  これは広島の宿の窓からみた日の出

‥とは申せ、こんなすつきりと晴れた日のはうが少なかつたやうな? 日の出がナゼか雲に隠されがちだつた記憶が。
kumonoshita.gif gunkanki.gif
筆で描いたやうな雲!思はずパチリ  雲を分け、押し照る陽は、まるで軍艦旗

相曾誠治氏は、佐藤愛子さんの問ひにこたへて、日本の国を浄化し国の穢れを祓ふには、
日拝をかかさないことです」 と仰つたさうです。
つまり、「太陽を仰いで太陽神の分魂わけみたまをいただき、毎朝、魂を更新すること」であると佐藤愛子さんは言葉を足してをられます。それには毎朝出たての?おひさまでないと!と思ひこんで、つとめて早起きしてをりましたが(^^); 生活の中でいつでも、生かしていただいてありがたうございます、といふ感謝の気持ちを想ひ起こす、「感謝想起」のことを伊勢白山道さんのご本で拝見してより、「想起」と「線香供養」に頼つて、朝一番の日拝は、時々になつてしまつてゐます。 
10月10日から、また思ひをあたらしくしておひさまに感謝を申し上げるですよ(^^)
わたくしたちは日の本の民ですから!


jipang.gif
 日の本つながりで?これもまぜてください(^^)

 いよいよ最終局面、週刊モーニング連載の、かわぐちかいじ作『ジパング』です。
41号の表紙ですが、強烈で‥ 表紙がほしくて買ひました。
そも、この物語は、搭乗機が撃墜されて波間を漂つてゐた帝国海軍少佐・草加拓海が、タイムスリップして来た海上自衛隊に救ひ上げられることで始まつたのでした。未来を知つてしまつた草加は、歴史を改変すべくうごきはじめ、遂に”原子爆弾”を戦艦大和に積んで、乾坤一擲の賭けに出る‥ 現在、自衛隊員たちは原爆まで扉一枚の距離に肉薄、守る草加たちと死闘を繰りひろげてゐます。もう、読むのが辛くて‥ (´・ω・`)
”状況”のつらさより、あゝ物語がをはつてしまふ、といふさびしさが。

さうして、やはり、草加の願ひはそしてわたくしたちの願ひは!叶はないのか、といふかなしさが、どうにもやりきれないのですだつてさうでせう、この物語のほんたうの主人公は、自衛隊員たちではなく、草加なのですから。草加が拓いてみせるはずの、もうひとつの日本が、わたしたちはみたかつたのですから!

 落日を背に、また波間にうかぶ草加のすがたは、物語の行く末を示してゐるのか‥
落日、とみたものの、よくみると、原子爆弾の白光のやうにも思はれます。
草加の脳裏に炸裂する、幻の原爆なのか――

kinmokusei.gif
金木犀つて、いい匂ひですね! なんてサービス精神旺盛なんでせう

norihoudai.gif 


 こんなのがありました!ごぞんじでした?

JRの「鉄道の日記念・乗り放題きっぷ」ださうです。もう10/3から発売されてたんですね。
気づくのがおそくてすみません。

「青春18きっぷ」の秋版て感じですか? 
普通列車(快速、新快速ふくむ)西日本一日乗り放題で 3,000円、
JR全線乗り放題のが、3回まで使用可(ひとりで3回もしくは3人で1日)で 9,180円ですと。
んぢやちょつと出かけてみようか、て気になりません?(^^);
10/19まで発売中、で利用期間も10/19までださうです。
ワタシ、これでお伊勢さんに行つてみようかしら‥

2008.10.05

GOOD GOOD FACES

googoo1.gif
 
 上映最終日、『グーグーだって猫である』を駆け込みでみてきました。
原作マンガが大好きなのと、作者大島弓子をこれまた大好きな小泉今日子が演じる!といふので見逃せない映画でした。
さきに映画からのノベライズを読んで、ありや、アシスタントのナオミちやんが主で漫画家小島麻子は脇なの? 
エイガ的な見せ場をつくらうとムダに盛り上げすぎなんぢや?と心配でなくもなかつたが(^^);
 観てよかつた。
 小泉今日子のかほに圧倒されました。
ノベライズでも映画でも、小島麻子せんせいのセリフは多くはなかつたが、フィルムの中にしつかりと、そこに居た。
ものも言はず、たたずむ彼女の、圧倒的な存在感。そして、えもいはれぬ表情‥ 
”ひとりで生きていく”ことをえらびとつた女性のかほ。

googoo2.gif


 
 そしてこちらは、今日NHK教育でやつてゐた「こころの時代 アーカイブス」の自然農法実践家・福岡正信さん。2008年8月に逝去されたさうで、10年前に放送されたものを再放送してゐました。このとき福岡さん87歳、砂漠緑化の指導でギリシャに行つてこられたところでした。

「自然環境を守らう、だなんて人間の驕りです。これはキリスト教の言ひ方だけど、神さまの御心のうち、なんだから」

 うつくしいおかほだ、と思ひました。


(10月1ぴにほうりこみたかつたのに‥ かなりブルー カケコミハヤメローといふことか‥

mannenhiz.gif こんな本、みつけました。古山浩一著『楽しい万年筆画入門』(エイ出版社 1,365円)

”絵がかけたらいいなあ”と思つてゐる人は多いのでせうか、スケッチ入門などの技法書が山のやうに出てゐますね。手に取つてながめるだけでもたのしいですが、おっ、これは?と思つたのが”万年筆で描く”とうたつたこの本でした。しかも、オビには「すんごく楽しいのだ!」(^^);

 万年筆そのものが好き!でもあるので、どれどれ?とのぞいてみました。
ずらり並んだ著者の万年筆コレクションに目を見張ります。万年筆ダイスキ、な方なんだねえ‥ その万年筆、字を書くだけぢやもつたいない!絵も描いてしまはう!といふので、万年筆画なるものをはじめられ、お教室もできてゐるさうで、生徒さんの作品も掲載されてゐました。
「喫茶店のコースターの裏に描くやうな落書き、からきがるにはじめよう」
「きがるに携帯できる万年筆だから、毎日でも描ける。毎日描くから、上達も早い」のださう。

mannenhiz2.gif 敷居がひくい、のがうれしいですね。
(しかし奥はふかく天井はたかいやうで、堂々の大作も。
「万年筆はかき直しがきかない。緊張感をもつて描いていくから精神的に鍛へられます」とか)

 まづは、きがるに、きがるに♪
 ‥と、かいてみましたよ(^^);
 

こよみ

2008 / 10
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330
310172431
4111825-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。