えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「直筆で読む『坊っちゃん』」夏目漱石 集英社新書ビジュアル版 1260円
bochan.gifbgenko.gif

本屋で『坊っちゃん』の文庫本を二三のぞいてみました。モノクロのグラビアで映像作品はじめ、資料画像を載せているもの、ていねいな解説のついているもの‥ 
たいへん結構なのですけれど、ひとつ不満が。
なんで仮名遣い変えちゃうんですか?

新潮文庫のうしろのほうの断り書きに「原文を尊重する」とありながらも、
口語文で書かれたものは現代仮名遣いで、文語文で書かれたものは旧仮名遣いのままとする」とされています。
漱石は旧仮名遣いで書いたわけですし、それを”尊重”するべきなのでは??

旧仮名遣いで書かれた口語文”は
”現代仮名遣いで口語文”をかいているいまの日本人と
”旧仮名遣いで文語文”を書いていた明治以前の日本人をつないでくれる橋
これを失いたくありません‥(´・ω・`)

‥と思ったら、こんな本がでていました。漱石の”生原稿”でよむ『坊っちゃん』!
わあ、ほんとに書いたまんま!
スポンサーサイト

*ややネタバレです。ご存じとは思いますが、まだ読んでないから!という方はご注意(^^)
shikao.gif

鹿男あをによし』おもしろい 映像を見る前に原作がよめてよかった(^^)
読みながら、「‥『坊っちゃん』?」とおもいましたが、
「そうおもった? あたーり! モヤモヤするといけないからバラしとくね♪」
て感じで、わりと早くに明かしていました。
坊っちゃん、って竹を割ったような快男児!ってイメージ?だけど、生みの親に似てけっこう神経の細いところがあるみたい。
文中「おれ」と称して物語るこの「鹿男」先生も神経衰弱ということになっていて‥と書きかけて、ギクッ!このヒトなんて名前だったっけ?
あわててパラパラめくってみても、みずからよぶ「おれ」とまわりからよばれる「先生」のほかは、この人をさす名詞がみつからない。やられたあ! 坊っちゃんにも名前がなかったけど、こんなさりげない形で、ここでも名無しの主人公で
とおしていたのかあ!

ドラマではここどう処理していたんだか。赴任初日、生徒の前で名前を板書する場面「右下に向かってしぼむように小さくなる文字」を、当の先生の名前を出さずに表現するなんて、小説以外では無理!なんでは?
ついこないだまで、『のだめカンタービレ♪』で”男マドンナ”みたいな千秋サマを堂々演じていた玉木宏が、マドンナの横顔に見惚れるところがどうも想像しにくくて‥ なんとなくドラマに乗り遅れていたワケですが、うーん、ちょっとは録画も
したけど、やっぱみるのよしとこうかな、映像‥

鹿男あをによし』の魅力は、いつにかかってその文体にあると思う。
気持ちよくほら話を聞かされるたのしさ。とほうもないハナシなのに、語り手がどこまでも正直で、かれの語る世界は信じるに足る、とおもわせてしまうから‥
いつシカでてくる人たち全部を好きになってしまう。鼠のお使いをつとめたあの人さえも憎めない。そう、この世界にはホントの悪人がいないのだ。

野暮なツッコミをひとつさせてもらえば、60年前にお役目を果たした人間が、すぐさまお金儲けをして私学を3つもこしらえて、その学校がいま創立60周年、って‥
どんなにがんばっても59周年、とかじゃないのか?な~んてことをね(^^);


坊っちゃん』は映画だけでも戦前から5回つくられているけど、『二十四の瞳』とかのようなスタンダードな名画、にはなりえてないような‥ 文体の魅力を映像に、なんて至難の業なのでしょうね。
それにしても、一人称てのは便利だな、と『鹿男』をよんで思いました。主人公の目からみえないようにさえしておけば、いろんな仕掛けができる。どんな仕掛けかは、うう、これから読むかもしれないひとの楽しみを奪ってしまうから書けませんが、「先生」といっしょに振り回されるのはたのしいですよ~♪ このたのしさは、ドラマをみてないひとに味わってほしいな~
順当に(?)「読んでから観た」というかたのご感想がきいてみたいです(^^)

そういえば、漫画家の江川達也氏が、無料配布の『コミックガンボ』に『坊っちゃん』を描いていたんだよね? あれどうなった? とぐぐってみたら‥ エエッ『ガンボ』ってもう休刊してたの? 2007年1月16日創刊~同年12月11日休刊、だそうです。知らなかった~! 連載作品はどうなった? 江川氏の未完伝説がまたひとつ‥??

���݂�1「ところでちびは『神宝』を祭ったりしないの?」
���ї�1「なんれちか? おおきいりゅうじんちゃまにちたがって、おきよめにはげんでいゆれちよ」
���݂�1「ふーん、じゃちっこいところのおそうじまかされているわけか」
���ї�1「ごちょごちょゆってないれ、きちゃないおへや、なんとかすゆれち!」
(ううう藪蛇‥ホントに部屋がごっちゃ!なのはなってないですよね‥) 

2008.02.26

2.26 の雪

本降りの雨でした。夜半に雪になるとも聞いています。ブルブル‥
そう、2月26日というと”雪”を思い出すのでした。
劇場版『機動警察パトレイバー2the Movie』で、反乱を疑われた自衛隊基地を
警察が取り囲む場面にも、雪が降っていた。
反乱、といえば雪。

こういう本があったっけ、と思い出しました。
濱田政彦著『神々の軍隊』三五館 2000年12月2日 2000円+税
hamada.gif

歴史教科書風にいうなら、「農村の疲弊と政治の腐敗に憤った陸軍青年将校らによる『反乱』」である2.26事件ですが‥
「反乱などではない!」という、幽冥の地の底から響く「英霊の声」をとどけるべく情熱をかたむけて書かれた力作だと思います。熱情余って、石原莞爾や安岡正篤に投げつけられる”評価”には「???」のところもあるのだけど‥
いや、”熱”をもつ者にしか、憂国の士を理解し筆に表わすことはできないのだと思う。六分の侠気、四分の熱‥

NHKスペシャル(いや、「アーカイブ」だったかも?曖昧ですみません)で、2.26事件当時の盗聴録音盤というのを聞きました。電話に出た安藤輝三大尉の声は、これがクーデターという大事に関わっている人の声か?と思うほど、おちついていて、丁寧な受け答えをしていたのが印象的でした。
「‥俺は死ぬのがいやで最後まで頑張ったのではない。ただ何もわからない人間どもに裁かれるのが嫌だったのだ。しかし正しいことは‥‥負けることが多い。日本の維新はもう当分望まれないな」
兵を引くにあたっての安藤大尉のことばです。(『神々の軍隊』p265)

おくればせながら、あの神戸の事件について読んでみようと図書館に。検索用端末の前に座って、さぞ何ページも資料がならぶんだろうな‥と思ったら、「???」拍子抜けするくらい、ヒットする本が少ない。こりゃ検索の仕方がわるいんか?
 ともかく、事件の概要をつかめる本から、というのでまず選んでみました。
「校長は見た!酒鬼薔薇事件の『深層』」 事件の背景となった、神戸市立友が丘中学校の当時の校長、岩田信義氏の書かれた本です。2001年5月28日発行 五月書房
iwata.gif

驚愕しました。自分のアタマの中で、岩田校長は”体罰で少年を追いつめ犯行に追いやった、歪んだ教育現場の責任者!”というイメージで固まったままだった、ということに。そんな報道をした新聞は朝日新聞一紙のみで、”捏造”が一人歩きするのをみかねて神戸地検の次席検事が少年事件では異例の動機公表をして学校の関与を否定していた‥という”事実”さえ知らぬまま、TVで新聞で流される情報のきれぎれを鵜呑みにしていました‥

被害者の遺族は言うに及ばず、第一発見者だったため「犯人?」と疑われた管理員さんなど、報道の過熱で迷惑をこうむった人は多かった。���݂�1も勝手に悪役イメージでみていた(すみません‥)岩田校長ももちろんそのひとり。
岩田氏は事件後の新聞各紙の記事を詳細にとりあげながら、警察と記者とのもたれあい、社会に批判の矛先を向けたい新聞社の思惑などで、事実とは離れた報道が”つくられていく”さまを怒りをこめつつ指し示しています。

そして、先に読んだだれかがページを折り曲げていた個所に、校長先生が覗き込んだこの事件の深い淵が口を開けていました。

青少年による凶悪事件の件数はむしろ減っている、ということですが、なるほど世の中が平穏になったなあ、などとはとても思えない。むごたらしいことがつぎつぎ起こっているような、つねに”不安”がよどんでいるような。
 そんな”いやな感じ”の元みたいな事件だったと思う。あの神戸の事件。
あれから10年がたちました。10年という時間を経て、ようやくうかがうことができた被害者の気持ち、それを大切に両手で掬い上げるようにしてさしだした、というカンジの番組でした。
昨年5月に放映された、よみうりTV製作のドキュメンタリー「神戸A事件 被害者と加害者の10年」が、11月に”関西ディレクター大賞”を受賞しました。
さる2月18日、放送作家の卵が学ぶ心斎橋大学で、同番組制作者の堀川雅子さんが、番組上映の後トークを行いました。

「放送はしたけれど、わたしの中でなにひとつ割り切れたものはないんですね」という堀川さんのことば。
理不尽な暴力で家族を奪われた、その苦しみは「断腸の思い、なんてなまやさしいものではない」という。その痛みは、いったいどうすればなくなるのか。山下彩香ちゃんのお母さんは、加害者の両親と年数回会うという。「会うことを重ねても、心に届くものがない。それでも会うのは、わかってほしいから。私たちの荷物を、分け合う気持ちになってほしい‥」
少年Aからの手紙を拒み続けてきた土師さん。悩んだあげく、Aからの手紙に目を通す。「読んでますけど、反省しているのか本当のところはわかりません‥ もしかして将来実感することがあるのかもしれないけど、予測はできない。ただ、反省しているということを一生示し続ける必要はあると思う」
 時はすこしずつすこしずつ、傷を癒しているのかもしれない。10年目にして、山下さんは、そのままにしていた彩香ちゃんの学習机を片付けた。生きていれば彩香ちゃんも同じ歳になっていた大学生たちに、体験を語りかけた。報道スクラムに苦しんだ土師さんは、犯罪被害者支援のボランティア養成の活動をしている。
いっぽうで、”将来の社会復帰のために”と手厚く護られ、”育て直し”の方針の基に疑似家族まであたえられて、至れり尽くせりの待遇をうけたとみえるA。
「今彼は社会の中で、1人の男性として暮らしている‥」(番組ナレーション)
 この事件に触れる誰もが、「割り切れない思い」に悶々とするだろう。
「両者が命閉じるまで抱えていくもの、そういう事件なんだろうな、と思います」と堀川さん。
日テレでの試写のとき、東京の反応は「ああ、そういえばそんなこともあったな」といった空気だったそうだ。事件の風化は早い、と現場に身を置く堀川さんは感じている。だからこそなのか、取材の中で出会う人たちとのつながりを大切にして、息長く事件を見つめ続ける‥ そういう人がいるんだ、ということを知ってとてもうれしかったのでした(^^)

‥そんなにいいの? 『鹿男あをによし』 ずいぶんあちこちで評判ですが(^^)
『のだめカンタービレ♪』の千秋サマから鹿男?への更新??をせぬままいたら、
なんだか取り残されそう 
で、買ってきた。原作本。TVもようやく今日から録画。「第2幕!」と銘打ってくれてるのがせめてもの‥

今日は『鹿男』のことを‥と思ったけど、このバングミのこともメモっとこうかな?
今日放送の日本テレビ『モクスペ』です。
1963年11月22日に第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが遊説先のテキサス州ダラスで暗殺された事件、リー・ハーベイ・オズワルドの単独犯行と言われている。しかし、別の事件で終身刑を受けて服役中のジェームズ・ファイルズという男が「オズワルドは撃っていない。狙撃者は3人で、最後に撃った自分の弾が命中した」と告白。しかしてその真相は? ‥という検証。
ムダにコワがらせずうるさく盛り上げず(『ルパン』の銭形警部が口上を述べるという演出はあったりしたけど。加藤夏希ちゃんの「この年に始まった衛星中継にあわせて、デカイことやってみせようとしたのかな?」にはコケた! ヤヴァげな話題だけに、和ませようとして言わされたのか?)わかりやすく淡々と”検証”してみせていて好感をもちました。

銃弾は3発、と言われていたけれどファイルズの証言によると4発。当時護衛についていた警官の無線から拾った音声を分析したところ、銃声は4回。大統領夫妻を乗せたリムジンのすぐ側を走っていた当時10歳の赤いスカートの少女、いまも健在なその女性の証言からも、銃声は4回聞こえたことが確認されました。
(この事件の目撃者はなぜかその多くが不審な死を遂げている‥大丈夫か彼女? しかし取材に赤いスカートをはいて登場、って^^;)
そして、大統領に致命傷を負わせた一撃のあと、ファイルズは空の薬莢を口に入れて噛み締め、自分の歯型を残したという。”壮挙”を記念するかのように。在オランダのJFK暗殺事件研究家のもとに保管されている、その歯で噛んだとおぼしい凹みのついた薬莢を映して検証はおわりました。やはりこの男が真犯人なのか?


続きはこちら >>

2008.02.20

日本地図!

emiryuu.gif

日本列島は龍の形、とはよく聞きますね。
���ї�1「やまとちまねはりゅうじんのさきわうくにれち!」
���݂�1「そうなんだ?じゃ日本人って龍の背中で生活してるわけ??」

nihonchiz.gif

KKベストセラーズ ベスト新書 724円+税
こういう本みつけました。”龍の背中で”どう暮らしてる?一覧、みたいなです(^^)
日本の自然・文化・社会・経済について”知っておくべき”41の項目をセレクト。ひとつのトピックごとに、まず100文字の(!)解説を読んで、関連情報ともあわせて、日本地図を眺めなおしてみよう!という、ベスト新書「100文字シリーズ」の最新刊。
ほかに100文字で分かる世界の宗教、世界の哲学、心理学、世界地図など。

���݂�1はまずSection4 の「日本の産業」から『日本の有名な神社仏閣』をひいてみました。(神社って産業だったんだ!)

100文字解説はこうです。
「日本古来の宗教は神道であり、また日本は世界有数の仏教国でもある。そのため歴史的に価値のある神社・仏閣も多く、人々の生活に密着している。なかには世界遺産に指定されたものもあり、観光客の人気を集めている」
模範解答(?)というか、これ以外に書きようがない、という気もする(^^);

で、関連情報としては ”イベント的になってきた初詣””二拝二拍手一拝の礼は明治に慣習化””明治神宮の参拝客は全国トップ、東京ドーム68杯分の311万人””京都・清水寺の参拝料収入は年36億円”といった項目がならびます。なるほど、量と金額で”見える”化する、ということ?

次に見開きの日本地図で、『有名な神社仏閣』の所在がわかるようになっています。近畿地方に有名社寺が混み合っている?のは当然としても「なんでウチの県は真っ白なの?」と文句のひとつもいいたいヒトもいるかも。ちなみに讃岐の金刀比羅宮はのってないです。

「とにかくざっと概略を得る」というのが眼目の本ですから、これで目的を達するには十分なのでしょう。ほかにも、各県別、産業別人口や特産物、有名温泉や観光地、わっ日本に火山てこんなにあるんだ? はたまた領土問題、エネルギー自給率‥などなど、何かの時に必要になりそうな情報がコンパクトにつまってて、とにかくもの知らずの���݂�1には重宝しそうです。
とにかくざっと!てっとり早く!はい次いってみよーか!の連続でうすっぺらな人生に終わりそうな悪い予感もないではないので‥心したいです。

ちょい、寒さがゆるんできましたか?
今日は『雨水』、氷解け雨水ぬるむ候とか。
『立春』が春の氣初めて立つの候なら、雨水は水が動き始める頃でしょうか。
そういえばこの冬は雨が多かった。今年は(も?)季節は前倒し気味に進むのかもしれません(^^)

二十四節気は太陽暦にもとづくものなので”新暦”にも記載されていますが、それをどの月日で迎えるか、に新旧でおよそひと月のズレがあるのですね。旧の正月立春を春の初めととらえ、ちょっとフライング気味?に季節の気配を感じ取っていた昔の日本人は、やっぱり感受性がスルドかった!とおもうこのごろ‥

”代参”ではないけれど、飼い主さんといっしょに讃岐の金毘羅さんにお参りしたわんちゃん、スムースチワワのピノ子ちゃん、のことが検索でみつかりました。
「え、わんちゃんのお参り?」
どれどれ‥‥なんとまあ!ちいさいからだで、あの千何百という石段を登ってお参りしたの?? えら~い!!
 ピノ子ちゃんは、アカラスという皮膚病と闘っている最中だそうだけど、飼い主さんの愛情に包まれてとっても元気♪ お伴であちこちおでかけもしてるんだね。
 Mittpy さんのブログにコメさせてもらったところ、すみやかにお返事をいただきました。ピノ子ちゃんを連れてお寺や神社にいくときは気をつかっていらして、かならずトイレを済ませてからお参りされるそう。
「ありがたいことにうちのピノ子は、ここではトイレダメって所では、ちゃんと伝わるのか、しないんですよね♪」
とのこと。なるほど‥!(わかってるんだと思うな、うん)
���ї�1「ちょえはかんちんれちけど、けぢめはたいせつれちよ!」
���݂�1「わかってるってば‥!」

daisan.gif


江戸の昔の犬の代参はもちろん、今の世でも、”わんちゃんのお参り”には健気さを感じます。
八百万の神と人と、あらゆる生きものが、末永く仲良く暮らせますように(^^)

Mittpy さんのブログ Pinoko's Home の1月20日の日記に”金毘羅さん詣で”の記事があります。(2月3日節分、梅園に遊ぶ、の写真もイイなあ~♪)

「犬の代参」をいろいろ調べての収穫は、こういうわんちゃんもいる♪という発見であります。
"Pinoko's Home" ブログの Mittpyさんの愛犬、ピノ子ちゃんのことを報告します。
23:48現在、絵をカキコ中 いちおうこの日にスベリ込みはしとこうと‥
せこいぜ(^^)
もうしばらくしましたらupしますので、少々ご猶予を!

”わんちゃんのお参り”其之弐です(^^)
で、ほんとのところどうなの?ってことですよね。 
これは当事者におたずねするべきかな?
���ї�1のゆうことちんようれきないれちか?!)
���݂�1そういうワケじゃないケドさ‥)

大神神社に問い合わせてみました。
���݂�1「お参りに、を連れて行ってもよろしいでしょうか?」
←神さまの鎮もるお山、ということで、神社の印と思し召せ(^^)
しかし絵文字にはあっても神社の鳥居がないのはナゼだ?)
 以下Q&A
「はい、最近をお連れの方をよくおみかけします。こちらからは(つれてきてはいけない、などということは)申し上げることはございません。お参りされる方のお心次第、ということでお願いしております」
���݂�1連れでモンダイになることというと、の始末ということでしょうか?」
「はい、それはもちろん、きちんとしていただくということで」
���݂�1「仮におしっこをしたとしてですね、たとえばペットボトルの水などで洗ったりすれば‥」
「いえ、境内には大切なものも多々ございますし、その『(おしっこを)掛ける』ということじたいがあってはならないわけでして」

(そりゃあそうだ(^^); そこでもひとつ踏みこんでみた)
���݂�1「では、を連れて拝殿にあがって、ご祈祷をしていただいてもよろしいでしょうか?」
 すると言下に否定されました(^^)
「それはおことわりさせていただきます!」
 たいへん失礼いたしました!

なにかのご参考になりますでしょうか? としては、寛いお心で同伴のお参りを黙認?してくださるけれど、(���ї�1は眷属ですんで、当の神サマ?より細かいことにこだわるわけで‥)わたくしたち飼い主としては、境内で粗相のないよう気をつけませうね!というごくあたりまえの結論でした(^^)
gusoku.gif

うちの愚息です

2008.02.13

七草の節句

旧暦正月七日、七草の節句です♪
新暦の1月7日頃、スーパーで「春の七草パック」をみかけました。
この日のために、ハウスで育てたのでしょうね。ありがたいけど(^^);
むりむり”新暦”にあわせて作物を育てなきゃならない、っていうのは‥
人も野菜もつらいことですね‥


旧暦でいうと今日が七草がゆの日、なるほど春のはじめのこの頃なら、
土を割って青いものが顔を出していそうです。
とはいうものの、さっむいーーっ!!!

 君がため 春の野に出でて 若菜つむ
   わが衣手に 雪は降りつつ    百人一首15番 光孝天皇

‥って、こういう時節の歌でしょうか?(^^)

tanabe100.gif


お聖さんこと田辺聖子さんの『小倉百人一首』本を買いました♪
(角川文庫 700円(税別)であります)
お正月に家庭でかるたや百人一首、という風景は、今はあまりみられないのかもしれませんね。
���݂�1は小学校で百人一首をやった記憶があるけど、いまの子どもたちはどうなのかな?
百人一首がなつかしい、という人もそうでない人も、この『田辺聖子の小倉百人一首』にはきっと魅了されてしまいますよ♪
一首ごとに、その歌をよんだ人、よまれた情景をやさしく説き明かし、その歌のいのち!というべきところをしみじみ味あわせてくれる‥読んでいて幾度かナミダがにじんだことを白状します(^^)

先日、わんちゃんの初詣のことを書きましたが‥
「そういや、『代参犬』ってもんがあったな」とおもいだしました。
お宮さんの長い石段を駆け上がっていく犬の姿をなにかでみたような?

お伊勢参りだっけ?と検索してみたら、違いました(^^);
(お伊勢さんに階段、はないよね)
讃岐の金毘羅さんでした♪

讃岐の風土記by出来屋ブログ を参照させていただきました。

江戸時代後期、金毘羅さん詣でがさかんになったそうですが、
交通網のととのった今とは違い、金毘羅詣では長くつらい旅路‥
途中で病気になったりと、旅をつづけられなくなった人が、
ほかの参詣の人に、初穂料や願文、旅費などを預けて代わりに参ってもらう
「代参」ということがあったそうです。
それを愛犬に託したのが「犬の代参」!
金毘羅詣での札を下げたわんちゃんを、金毘羅詣での人が連れて歩く。
その人が行けなくなれば、またほかの人、とリレーされて、
ぶじ金刀比羅宮にたどりつけば、お札などもらって、また旅人に連れて帰って
もらったそうです。
見知らぬ人の善意を信用すること、なしには成り立たない犬の代参‥
ちょっと感動(^^)
お伊勢さんに参るといえば、小さな子どもでも行く先々で助けてもらって旅ができたという話もあります。神に詣でるという志が大事にされること、代参とはいえも同じ。おおらかな神のふところに、人も犬も、すべてがいだかれていることのしあわせ。
���݂�1「‥わんちゃんのお参り、どうよ?」
���ї�1「らめなものはらめれち!」
���݂�1「う~ん、頑固!」

2008.02.11

建国記念の日

いいお天気でした♪ 風もどことなくやわらかで。
いままでは、1月2月、と月の数字で今いる時点を意識していたものが、旧暦をかじってみると、「いまは春のはじめ頃‥」というように、季節をよりつよく感じるようにおもいます。
夕空にかかる月‥「いまは旧暦の正月五日だから、新月から5日目の月だ。そうか、旧暦の日付がそのまま月の形なのか‥」とこれもいまさらのように (^^);
旧暦、たのしいです♪

jinmu.gif
神武天皇(月岡芳年画)

さて「建国記念の日」です。「の」が入るのです。「この日にわが国ができました!」という製造年月日ではないのでボヤかしているのですね。「国ができた、ということに思いを馳せてみようかな?」の日(^^)

で、思いを馳せてみました。「建国記念の日」のモト、「紀元節」について。
旧暦からいきなり新暦へと舵をきった明治新政府は、コトのついでに?日本書紀にある神武天皇即位の日「辛酉年春正月庚辰朔」を、紀元節と定めました。
「春正月朔」といえばまさに旧正月、はじめのうち政府は、単純に旧正月の日を新暦になおして1月29日を祝日にしたところ、庶民は「旧正月のことをこれからは紀元節というんだな」と思い込んだので(無理もない!)、政府は計算し直して2月11日を紀元節にしたということです。
なんかもお‥改暦からなにから、すべてが泥縄というか、ゴタゴタだな。
(1月29日は孝明天皇のご命日、というのも、あっこりゃマズイ!だったのかしらん? 孝明帝崩御に関しては、黒い噂もありますし‥??)

 そもそも、なんで”西暦”に換算して、日付まで厳密?に建国の日を決めなきゃならないの?という素朴な疑問があるのですけど‥
「わが国の初めは神話の霧の彼方にあります。それくらい古いのです」といって澄ましていてはいけなかったのか???
中国の史書の体裁をまねた日本書紀でも、「わが国だって、古いんだもんね!」とせいいっぱいの背伸びをしたことでしょう。そして明治、「西洋紀元前からの歴史ある国だもんね!」とまた背伸び。背伸びに背伸びを重ねて、大国に飲み込まれまいとがんばってできた、いじらしい記念日といえるかも。

「紀元節」「建国記念の日」で検索していて、これは面白い!と思う記事にいきあたりました。
大濱先生の読み解く歴史の世界 ”建国記念の日”「国家祝祭日」誕生物語です。

「国家創設や君主の誕生日を祝日とする発想は、西洋君主国の祝日観によるもので、日本人の生活感覚とは無縁なものでした」というくだりにわが意を得たり(^^)


続きはこちら >>

2008.02.09

春の雪!

yuki.gif

暖地ではめずらしくつもりました(^^)
水気をたっぷりふくんだ、ぼてぼてのぼたん雪。
このへんも、「春の雪」なんでしょうか。

旧暦のお正月!と旧暦ビギナーの���݂�1はうれしがっておりますが、とくに正月らしいことをするわけでもなし‥ せいぜい、みかんと甘酒などで”正月気分”をあじわってみますか♪
「本格派」はもち米と麹でじっくりつくるそうですが、酒粕を溶かしてお砂糖入れて煮ただけの「簡易版」です。しょうがのすりおろしをのせて、いただきます♪

amazake.gif

���ї�1おいちいれちね~
���݂�1甘酒、って俳句じゃ夏の季語なんだってよ。むかしは暑気払いに飲んだもんだったんだね~
でも、寒い時のがウマいよね~
みなさまも、風邪の予防にぜひ(^^)

miwa1.gif


「新暦」のお正月に大神神社へ初詣に行きました。
三輪山を背に、大和三山を見晴らす展望台からの眺め。
この日は曇り空でしたが、夕方近くなって、雲を割って日が射してきました。
なんとなく‥今年ってこんなかんじの年になるんじゃないかな‥

miwa2.gif


���݂�1お参りに来ていたワンちゃんたちです♪ わんこ用晴れ着、ってあるんだね!
���ї�1おまいりにわんちゃんはいけないれちよ。うんちゃん、ちたくなったら、ろうすゆれち?
���݂�1お? いちおう”お使い”らしいことゆうじゃないの。
���ї�1かわええ~ってゆって、けえたいでおいかけゆのも、らめれちよ!
���݂�1む~‥‥

神社の方は、あまりキビしいことはおっしゃらないけれど、掃き清めた砂利の上には困るよね (^^);  うがい手水に身を清めておまいりする「ご神域」なのだから‥ ちゃんたちは鳥居のお外で待機、が吉かな?と。

今日は旧暦の一月一日。新しい年のはじまりです♪

小寒大寒、とおおさむこさむをのりこえて、日もどうやら長くなってきて‥
というところで年が改まる!ってなかなかよさそう(^^)
「初春」ということばがぴったりします。

『ほぼ日刊イトイ新聞』発行の『ほぼ日手帳』に切り替えて2年目になります。
この手帳にも、毎日の日付に旧暦の日付がついていて、二十四節気や月の満ち欠けもわかるのがうれしい♪
うしろにおいてきてしまったものを、あらためてとりもどしたい‥というキモチに
なっているひとがたくさんいる、ってことでしょうか。
emihbtecho.gif

いま「旧暦」がじわじわブームなんだそうですが、この本も火元のひとつかな?
ながいこと本棚に”放っ読”だったのですが、さいきん取り出して読んでみて、いやもう目からウロコがおちることおちること‥(^^);

桃の節句に桃の花がまだなのも、七夕が雨ばっかりなのも納得です。明治5年、西暦への急な切り替えで大混乱!してこのかた、そのズレをひきずったままだったのですから‥。旧暦は、古臭い旧弊な暦、なんじゃなくて、太陽と月のリズムを融合させた合理的!な暦で、なにより日本の四季にぴったり符合している暦なのですね。暦のことを知らなくて、歴史のベンキョウも古典もないもんだと思うのですが‥ 
���݂�1うーん、習いたかったなあ! ���ї�1いまかやれも、おちょくはないれちよ!)
学校で旧暦のことをしっかり教えてくださいな!(^^)

emikyuureki.gif

くわしくお知りになりたい方は、大阪南太平洋協会 をおたずねください♪


続きはこちら >>

昨日は立春でしたが、2月4日は旧暦でいうと12月の28日。年越しの前に「立春」が来てしまったわけで、「年内立春」というんだそう。

「年の内に 春は来にけりひととせを こぞとはいはん ことしとはいはん」
                          
 ‥ていう古今集の歌は、こういうことをいっていたんですね。

ということを、松村賢治さんの『旧暦と暮らす』という本におしえてもらいました。
とても面白い本なので、あすご紹介しますね♪

2008.02.04

立春大吉日!

今日は立春! 春の気はじめて立つ、の日にあわせてブログはじめました。
いつのまにか日がながくなってきて、もう光は春ですね♪

こよみ

2008 / 02
-3101724
-4111825
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
291623-

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。