えみため日記 

日はまた昇る! 言霊のさきはふ國 神づまり坐すこの國に 生まれたことのしあはせを♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 正月三が日のさいごの日、例年どほり奈良の大神神社へ初詣にでかけました。

hatumoude10a.gif hatumoude10b.gif

途中通過したJR奈良駅では、この秋の遷都1300年に向けて木の香もあたらしい改装の真っ最中。
右は車窓からみたオモシロイ形の雲。ティラノザウルス??(^^);

 大神神社に着きまして、まづ祓戸神社に拝礼、ついで拝殿におまゐりしておみくじをひき、暦を買ひ、お神酒をいただいて狭井神社におまゐり――といふ常のコースを踏んでをりましたところ、狭井神社拝殿まへの階段を下つたところで、つひ横の細道にずれてしまひました。いつもは一礼のみして通つてをりました弁財天様への細い参道になつてゐます。まあいいか、とあるいてをりましたら、見覚えのないものが視界に入り、「?」と近寄つてみましたら…
まあ、こんなところに三島由紀夫の碑があるなんて、ちつとも存じませんでした!
 三島由紀夫が「奔馬」に描いた、縁ふかき狭井神社の鳥居内、鎮女池のほとりに、その碑は立つてゐたのでした。 かういふふうにして、「偶然」何かを教へてくださることがあるのですね…

hatumoude10e.gif

 碑が出来たのは平成十六年と比較的あたらしいものでした。碑の横に由来書きがありましたので、写真とともに書き起こしてあげてみますね。

hatumoude10d.gif

  誌

 三輪山信仰と大神神社の神事とを、本格的に、作品の主題との深い関わりにおいて書いてあるのは、三島由紀夫の『豊饒の海』第二巻「奔馬」(昭和四十四年二月)である。
 三島氏は、古神道研究のため、昭和四十一年六月率川神社の三枝祭に参列。ついで親友のコロンビヤ大学教授ドナルド・キーン氏と八月二十二日再度来社、社務所に三泊参籠した。二十三日、三輪山の裾山の辺の道を散策。二十四日、念願の三輪山頂上へ登拝。この日、お山を下りた後、拝殿で神職の雅楽講習終了報告祭に参列。感銘を受けた氏は、直ちに色紙に「清明」「雲靉靆」と認めた。後日、左の感懐が寄せられた。
 
 大神神社の神域は、ただ清明の一語に尽き、神のおん懐ろに抱かれて過ごした日夜は終生忘れえぬ思ひ出であります。
 又、お山へ登るお許しも得まして、頂上の太古からの磐座をおろがみ、そのすぐ上は青空でありますから、神の御座の裳裾に触れるやうな感がありました。東京の日常はあまりに神から遠い生活でありますから、日本の最も古い神のおそばへ寄ることは、一種の畏れなしには出来ぬと思ってをりましたが、畏れと共に、すがすがしい浄化を与へられましたことは、 洵にはかり知れぬ神のお恵みであったと思ひます。
 山の辺の道、杉の舞、雅楽もそれぞれ忘れがたく、又、御神職が、日夜、清らかに真摯に神に仕へておいでになる御生活を目のあたりにしまして、感銘洵に深きものがございました。
 
 ここに、三島由紀夫と三輪の大神様との御神縁を鑑み、作家三島由紀夫揮毫の「清明」記念碑を篤信家によって奉納建立する。

 平成十六年八月吉日     
                        大神神社社務所



「清明」――すがしく、あかきこと。大神のお社のすがすがしさを端的にあらはした言葉でせうが、同時に、まさしく日本的なるものの核心がそれかとも思へます。
 思はぬところで思はぬひととの出会ひを与へられた、そんな気がした初詣でした。

omikuji10.gif おみくじにもびつくりです。
「お国の為に」なんて云はれたことなかつたから…
 ハッ! これは「夏至までに」、つまり参院選までに周知活動ガンガレ超ガンガレ! ってことですね??(`・ω・´)

hatumoude10c.gif 
雲にまで字が書いてあるやうな気がされて…(!)
三島の「三」ぢやないよね?(^^);



スポンサーサイト

zama1.gif
 夏祭りが近くなりました。
御堂筋にならぶ”坐摩神社”ののぼりをたどつて、初めてお参りさせてもらひました。
「坐摩神社」と書いて、
「ゐかすりじんじゃ」
 通称「ざまじんじゃ」
家内守護・安産をお護りくださる神さまださうで、この日も若いプレおかあさん(^^)がお参りされてゐました。

zama2.gif zama3.gif
お宮のご正面。右はお祀りされる神さま、御神徳など。右はクリックで大きくなります。
よく見ると、大小三つの鳥居が組み合はさつた、めずらしい形。
 お祀りされていますのは、五柱の坐摩神。
生井神いくゐのかみ 福井神さくゐのかみ 綱長井神つながゐのかみ ‥井戸水の神さま 
波比祇神はひきのかみ 阿須波神はすはのかみ ‥竃(かまど)の神さま

阿須波神さまは”足場”を護る神さまださうで、旅の神でもあられるとか。
この夏、旅行に行く前にお参りに来ようかな(^^);

戦後の再建で(空襲で焼け野原になりましたから、このあたりの社寺はだいたいさうですね)社殿があたらしいのでさう見えませんが、神功皇后のご創建、といはれる古いお宮。大阪といへば住吉大社がすぐうかびますが、住吉さんとならんで「摂津国 一宮」の社格を誇るお宮ださうであります。

 創建時以来のお宮は、淀川河口の”渡辺津”にあつたさうですが、平安時代に源綱がここに移り住んで渡辺綱を名乗り、”渡辺氏”の祖となつたとか。いはば全国の渡辺さんの総本宮?のやうなものかしら(^^); 
 太閤秀吉の大坂城築城にともなつて今の場所(中央区久太郎町四丁目渡辺)に移られてからは、”船場”の守り神となられた由。

zama4.gif zama5.gif

 社紋は白鷺。左のサムネイルはクリックで大きくなります。
 そのご神紋の「鷺丸」にちなんで、拝殿前にサギ草が置かれてゐました。
なんとまあ‥ ホントに鷺だ!
 木の葉や枝にそつくりな虫、といふのは分かるやうな。さうして敵の目から逃れたいといふ護身の術?かな、と。花そつくりに化けて、獲物をたぶらかしてやらう、といふカマキリなんかも、さもありなん。
 でも、この花つて‥ 空飛ぶ鳥にあこがれたのか、アナタは‥?

2008.06.30

夏越の祓ひ

chinowa.gif今日6月30日は夏越の祓ひ‥もう一年の半分が過ぎたのか!と時の過ぎる速さに驚く日でもありますね(^^);

ほとんどの神社で、新暦6月末日の今日に大祓を執り行つたと思ひますが、旧暦で行ふお宮もございます。大神神社の摂社・綱越神社のおんぱら祭は7月31日、旧暦6月29日です。
(写真は6/28御霊神社の茅の輪。あたらしい青草の匂ひも清々しく)

そこで!”ほんたうの水無月祓の日”にかけてのこの7月ひと月を、おそうじ強化月間ときめました(^^)  ひつくり返つたガチャ部屋のそうじはもとより、心身の解毒浄化に実践してみてコレがたしかに効きました♪といふのを随時ご報告してまいりたい、と思ふのであります。
‥サアやらないワケにはいかないぞ。もう宣言しちやつたもんね‥(`・ω・´)



きのう夏至の日、例によつて文章教室の帰り、御堂筋をとことこ歩いてをりまして、
ひよいとビルの狭間に目をやりますと、路地の奥に赤い鳥居の色が。
「こんなところにお宮さんが?」
と入つていきますと、『御霊宮』と額の掛かつた朱の鳥居。御霊神社でありました。

御祭神が、天照大神の荒魂・瀬織津比売神とあつてどつきり。
ひめのゆめさんゆかりの瀬織津姫さまが、おいでおいでをして下さつたのかしらん(^^)

津布良彦神、津布良媛神、応神天皇とならんで、源正霊神すなはち歌舞伎十八番「暫」の鎌倉権五郎景政の名が。
(わ、ホントにゐたヒトだつたんだ。知らんかつた)
浪速津に、鎌倉武士が祀られてゐるといふフシギ?!

goryou2.gif お参りのまへに、拝殿前に据えられた”茅の輪”をくぐつてお浄めを。
茅の輪とはアシ(ヨシ)などの水草を束ねた大きな輪で、これを左回り・右回り・左回りに8の字にくぐることにより草の持つ浄化と魔除けの力で心身ともに清浄になり、暑さ厳しい夏を健康で元気に乗り越えられるようにするためのもの、だとか。
注意書き?をよーくにらんで、間違へないやうに、ぐるぐるぐる‥

この茅の輪くぐりは、6月30日まで。さうか、『水無月祓』の季節ですね‥
この御霊神社でも、6月30日(月)午後4時から、夏越大祓式が執り行はれます。

みなさまもぜひ、おちかくの神社で夏越のパワーをいただかれますやう(^^)

”代参”ではないけれど、飼い主さんといっしょに讃岐の金毘羅さんにお参りしたわんちゃん、スムースチワワのピノ子ちゃん、のことが検索でみつかりました。
「え、わんちゃんのお参り?」
どれどれ‥‥なんとまあ!ちいさいからだで、あの千何百という石段を登ってお参りしたの?? えら~い!!
 ピノ子ちゃんは、アカラスという皮膚病と闘っている最中だそうだけど、飼い主さんの愛情に包まれてとっても元気♪ お伴であちこちおでかけもしてるんだね。
 Mittpy さんのブログにコメさせてもらったところ、すみやかにお返事をいただきました。ピノ子ちゃんを連れてお寺や神社にいくときは気をつかっていらして、かならずトイレを済ませてからお参りされるそう。
「ありがたいことにうちのピノ子は、ここではトイレダメって所では、ちゃんと伝わるのか、しないんですよね♪」
とのこと。なるほど‥!(わかってるんだと思うな、うん)
���ї�1「ちょえはかんちんれちけど、けぢめはたいせつれちよ!」
���݂�1「わかってるってば‥!」

daisan.gif


江戸の昔の犬の代参はもちろん、今の世でも、”わんちゃんのお参り”には健気さを感じます。
八百万の神と人と、あらゆる生きものが、末永く仲良く暮らせますように(^^)

Mittpy さんのブログ Pinoko's Home の1月20日の日記に”金毘羅さん詣で”の記事があります。(2月3日節分、梅園に遊ぶ、の写真もイイなあ~♪)

こよみ

2017 / 09
-3101724
-4111825
-5121926
-6132027
-7142128
18152229
29162330

プロフィール

えみた

Author:えみた
FC2ブログへようこそ!

日本危うし! 内外から侵食される日本のヤバさに気づいて!
いまこそ日本と日本のひととことばを愛づ愛づするぞのブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Copyright ©えみため日記 . Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。